2016年03月26日

マイ師匠SさんのHP更新(2016年)

 今日(2016年3月26日)は寒いですね・・・今シーズン、ギフチョウさんは既に飛び始めましたが、おそらくこの週末は寒くて見れないのではないかな。

 さて、一作日、蝶の生態写真の師匠(と私が勝手にお呼びしている)Sさんから「HP更新したのでバグをチェックして」との連絡をもらいました。毎年1回の更新です。早速、バグ・チェックしながら拝見しましたが、今回の更新も唸る作品が勢揃いです。(2016/3/26 8:57現在のカウンター:132,919)

 今回の更新で、特に強く私の印象に残ったのは、八ヶ岳のタカネヒカゲでございます。
15071203.jpgshikiri105.jpg 実は、この写真を撮影された前日、Sさんは私と一緒に兵庫県北部で蝶撮影しておられたのですが、そのまま粘っても成果イマイチと判断するやいなや「八ヶ岳に転戦しますわ」と仰せの後、去っていかれました。
 そして、翌日には八ヶ岳でこの写真・・・いつもながらの「黄金の引け足」にリスペクトでございます。

 あっ、ところで、マイ師匠SさんのHPはこちらでございますよ。
posted by kenken(管理人) at 08:57| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月12日

撮影準備(2016年3月12日)

 2016年のギフチョウ初見、「G県で3月6日」とのコメントをいただいております。間違いないのでしょうが、皆さま、検証可能な記事や伝聞情報などご存知でしたら、1つ前の記事にコメントいただけると幸いです。
 さて、いずれにしても、蝶の撮影シーズンは間近でございます。昨年の秋以降、カメラは全く使わず、ドライBOXに入れたままだったので、本日、今シーズンの撮影に備えて、バッテリーの充電や試写を行っておきました。
 お仕事超多忙なので、いつ開幕できるかは分かりませんが・・・^^);

160312_151031_101.jpgshikiri105.jpg ちなみに、これが昨シーズン最後の蝶写真。大破したシルビアシジミ♂ですが、こんなところにいるんやぁ〜って、証拠写真を撮影したものでございますよ。
撮影:2015年10月31日 和歌山県

160312_03.jpgsikiri160.jpg160312_16.jpgshikiri105.jpg こちらが本日の試写画像。いずれのカメラも正常に動作するようです。今シーズンは、露出設定を少し明るめにして撮影してみようかと考えています。具体的には、昨年は-2/3設定がメインでしたが、今シーズンは-1/3をメインにしようかと。
posted by kenken(管理人) at 20:15| Comment(6) | カメラ&撮影法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月20日

ギフチョウ初見日予想2016(2016年2月20日)

 毎年おなじみのS県H市T区の積算温度表でございます。

160220ten.jpgshikiri105.jpg この温度表を見ると、2016年のギフチョウ初見は、昨2015年よりはかなり早く、2009年よりは遅い日付ということになります。ところが単純にそうはいかないのがギフチョウの初見日予想でございます。
 このグラフにはない1月の温度変化傾向を見るに、休眠明けスイッチの入るタイミングが、昨2015年は若干早く、本2016年はかなり遅くなっているようなんですわ・・・で、総合的に判断した結果、現時点でのギフチョウ初見日予想は、昨2015年と同じか、早くてもマイナス1日程度と考えており、ズバリ!本年のギフチョウ初見日予想は「3月16日」です。
 ところで、この冬全般の気温や雪の推移を見ておりますと、本年のギフチョウは大凶作となりそうな・・・こちらは、初見日予想とは違って、是非外れてほしい予想でございます。

 さて、賑やかしに画像を1枚。こちらは10年前のものでございます。

160220_0604061436.jpgshikiri105.jpg 当時はCANON EOS30DにTAMRON 90mm MACROとい機材で撮っておりました。撮影初心者で、蝶に近寄り過ぎですな。それにしてもこの個体は結構黒っぽい・・・(撮影:2006年4月6日 福井県)

 ついでに、ブログのタイトル画像もギフチョウにしておきました。
posted by kenken(管理人) at 16:10| Comment(8) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月04日

ある日のことでございます。

160204_150503_65.jpgshikiri105.jpg 管理人は長野県内のカタクリの花園で、独りでぶらぶら撮影いたしておりました。カタクリの花は、管理人の足の周りにゆらゆらうてなを動かして、そのまん中にあるずいには、何とも云えない美しい蝶が、絶間なく吸蜜に訪れておりました。
 それにしても蝶撮影というのは難しいものでございます。思いどおりの写真が撮れたと思っても、思ってもみないものが写り込んでいたりするものでございます。本日は立春。暦のうえではもう春になったのでございましょう。
posted by kenken(管理人) at 22:05| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月31日

なんやかんや(2016年1月31日)

 この冬はずっと暖冬気味でしたが、先日は記録的大寒波で大雪が降って・・・ギフチョウさんの発生時期はどうなるんでしょうね・・・とは言え、まあ蝶の発生時期なんぞは、平年と約1週間前後のズレの中におさまるわけです。

 それに引き替えここ3年、就職活動(新卒採用)は次のとおり目まぐるしく時期が変わっておりまして、就職活動される学生さんも気の毒ですが、それ以上に新卒採用なんぞを担当しておりますと、忙し過ぎて死にそうですわ・・・なんせここ3年、毎年、数ヶ月単位で蝶の発生時期が変わるようなもんで・・・

・2015年4月採用:2013年12月エントリー 2014年4月 選考開始 10月内定
・2016年4月採用:2015年 3月エントリー 2015年8月 選考開始 10月内定
・2017年4月採用:2016年 3月エントリー 2016年6月 選考開始 10月内定


 てなわけで、あまりにお仕事忙しく、なかなかブログ更新の暇がございませんが、生きている証に更新でございます。
 仕事関係の過去の画像を検索しておりましたら、2012年のこんな蝶画像が出てきました。

160130_120714_1.jpgshikiri105.jpg この個体、よく見ると前翅にかすかにスバル斑が左右対称に現れています。ルリタテハはこれがあるので、大破していても必ず撮影するようにしております。
撮影:2012年7月14日 京都府

160130_120714_2.jpgshikiri105.jpg この日は、その後、滋賀県に移動してこんな画像を撮影をしておりましたが、当時のブログ記事のタイトルは球磨焼酎「桜の里」でございました。
撮影:2012年7月14日 滋賀県

 え〜、結局、この記事を書いているうちに、球磨焼酎「桜の里」のお味を思い出し、ど〜しても飲みたくなったので、先刻、インターネットで検索して購入してしまいました〜
posted by kenken(管理人) at 02:14| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月04日

新年のふみ

160101fm1.jpgsikiri160.jpg160101fm2.jpgshikiri105.jpg 今年は暖かく穏やかなお正月です。「ふみ」号は窓辺で元旦から日光浴。風格のある風貌ですが、まだ2歳8ヶ月くらいなんですよね。妻な人がPC作業を始めると、膝の上に乗るのが好きなようで、こんな感じになります。

160101fm3.jpgshikiri105.jpg 昨シーズンから導入しております RICOH GR ですが、コンデジの割には、結構良いボケ味が出ます。「ふみ」号をモデルに意識して背景をボカして撮ってみました。こんな感じ。
posted by kenken(管理人) at 13:08| Comment(6) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月01日

謹賀新年2016

 あけましておめでとうございます。本年も拙ブログをどうぞよろしくお願いいたします。

160101nenga.jpgsikiri160.jpg 年賀状画像はこれにしました。お正月に相応しい朱色が、すっきりしたオールグリーンの背景に際立った昨夏のA級ショットでございます。改めて書きますが、Cタテハって、こんな異常型が出るんですな・・・一瞬、白斑を見てLタテハかと思いました・・・驚きです。昨年末のB級ショットシリーズは「狙って撮った異常型」なんて副題のつくものでしたが、こちらは「出逢ってびっくり異常型」で、見た瞬間に異常型であることに気づき、撮りながらマジで心臓が高鳴りました。やはり蝶にもそんなこちらの緊張感が伝わったんでしょうな、すぐに飛び去ってしまいました。まだまだ修行が足りません。

160101nenga2.jpgsikiri160.jpg ちなみに、年賀状画像は2案作成してみまして、没になったもう1案はこれ。上の記事中の「狙って撮った異常型」シリーズの1シーンです。写真下部の背景がやや白っぽく、若干ですが文字が読み難いのと、蝶が渋過ぎて・・・やはりお正月には艶やかな朱色の入った蝶のほうがえぇやろぉ〜ってことで先の案を採用させていただきました。

160101os.jpgshikiri105.jpg さて、恒例のおせち画像でございます。今年こそは違うものにしようかなぁ〜といろいろ探してみたのですが、結局、4年連続リピートで京都ガーデンパレスホテルの和洋折衷おせちに落ち着きました。うん、安定して良いお味で納得でございます。
 紅白なますと黒豆は妻な人が作ってくれました。子持ち昆布は親戚からのいただきものでございます。

160101oz.jpgshikiri105.jpg お雑煮、以前の記事で書いたかもしれませんが、関西しかも京都なので白味噌仕立てとお思いの方も多いでしょうが、当家はおすましでございます。必ず穴子が入っております。
posted by kenken(管理人) at 13:00| Comment(20) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月29日

今シーズンのA級ショット

 食べログ状態にB級ショットの連打・・・これで本年を終えるのは不本意なので、大画像でA級ショットを披露して本年を締めくくらせていただきます。

150607_024.jpgshikiri105.jpg 100mmマクロで撮ると蝶に近づき過ぎる傾向にあるので、意識して一歩引いて背景も写し込むように撮っております。通常、この距離で撮ると背景がごちゃついてしまうのですが、ほぼオール・グリーンの背景でごちゃつかず、奥ゆき感も出ております。
 同日、同個体の別写真を既に掲載済みですが、写真の完成度はこの1枚がダントツで、個体の鮮度も良く、過剰斑と涙紋に涙ちょちょぎれるA級ショットでございます。(愛知県)

150607_207.jpgshikiri105.jpg 同シーンの縦位置写真を既に掲載済みですが、やはり横位置写真のほうがしっくりきます。アラカシの生垣に体を半分埋め込みながら、ペアを真横からフラットに撮っております。キマリンと言えば、狙いたいのは尾突四白なるも、千載一遇の新鮮な個体どうしの交尾シーンに、初めて尾突「八」白をもれなく表現できたA級ショット。黒条中の銀線の輝きも綺麗で、まさに画竜点睛でございます。(京都市)

 皆さま、本年も拙ブログをご訪問いただき、有り難うございました。
 どうぞ良いお年をお迎えください。
posted by kenken(管理人) at 00:13| Comment(6) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月24日

蒸し寿司(2015年12月20日)

 蝶の飛ばない季節は食べログ状態・・・先日の日曜日のお話です。
 妻な人が「久しぶりに蒸し寿司食べたい」と仰せになるので、初めてのお店に行ってみました。某サイトの管理人さんお奨めのお店。

15122001.jpgshikiri105.jpg15122002.jpgshikiri105.jpg なんと、カウンターのお席はいけすの上で、目の前の水槽には赤貝やコッペ蟹がっ!

15122004.jpgshikiri105.jpg 蒸し寿司食べたいんですが・・・予約してないんですけど構いませんか?どうぞ、どうぞと愛想の良い店主さんが招き入れてくれまして、寿司飯を蒸しながら、眼の前で錦糸卵を焼いてくれました。

15122003.jpgshikiri105.jpg 出来っ!寿司飯に混ぜてある貝柱と椎茸のお味が絶妙で、大変美味しゅうございます。たまたまの貸切状態で、店主さんともゆっくりお話しできました。これは間違いなくリピートするお店でございますね。

151219fm.jpgshikiri105.jpg 妻な人も蒸し寿司には満足されたご様子で、家族サービス冥利に尽きる1日でございました。お家に帰るとふみ号はこんな感じで留守番猫、ホカペに融けそうになっておりました。
posted by kenken(管理人) at 00:23| Comment(4) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月19日

今シーズンのB級ショット(その4)

 まいどお馴染みの京都市内のキマダラルリツバメでございます。

1506071536.jpgshikiri105.jpg ちょっとした民家の生垣でのテリトリー・シーン。肩の高さくらいの位置なので、今シーズンから導入したコンデジ RICOH GR をそぉ〜っと片手でキマリンにかぶせるようにして、ノー・ファインダーで撮っております。

 尾突四白で、そこそこの鮮度の個体でございますが、悲しいかな画面中央に写ってまへんな・・・こういうシーンは、左右の中央、上下の中央やや下に被写体がくると決まるんですが・・・画竜点睛を欠くというところでしょうか・・・

----【以下、2015年12月20日追記です】----
 読者さまからコメントいただいたので追記です。ちなみに・・・


1506071536t.jpgshikiri105.jpg 上の画像をトリミングしてキマリンを好位置に持ってきて同サイズまで縮小したものがこの画像。う〜ん、ほんの少しですがキマリンが強調され過ぎて、表現したいイメージに合わないんですわ・・・

1506071537.jpgshikiri105.jpg 本当に撮りたかったのは、こんな感じの画像で、民家の生垣の雰囲気と、そこにテリ張るキマリン。ノー・ファインダー撮法ですと、こういうピンボケ画像を連発するんですわ・・・もっと修行を積まなあきません。
posted by kenken(管理人) at 20:00| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする