2018年11月01日

最近のkenken(2018年11月1日)

 11月になって、少しひんやりしてまいりました。この日は、お仕事はお休み。午前中にやんごとなき所用を済ませ、午後からは妻な人と、非日常で蝶から離れてリフレッシュしてまいりました。

181101_1359.jpgshikiri105.jpg 昼食は、久々に「来来亭」のラーメン。まいどの「固め、ネギ多め」で、この日はチャーハンとのセットにしました。910円也。「お酢」をしこたま入れて食べるのがkenken流でございます。

181101_1218.jpgshikiri105.jpg181101_1425.jpgshikiri105.jpg お出かけしてきたのは、ここ「龍谷ミュージアム」。最も嬉しかったのは、大好きな漫画キャラクター「原始さん」に再会できたことでございます。(場内は撮影禁止で画像がなくて申し訳ありません)みるみる自然がよみがえって多くの蝶が舞う自然が再び・・・なんてことにならんかナーと思う今日この頃でございます。
posted by kenken(管理人) at 21:52| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月29日

紀伊半島日帰り撮影 part1(2018年10月18日)

 何やら、後翅もとい公私共にバタバタしておりまして、久々のブログ更新でございます。
 この季節、蝶撮影は紀伊半島遠征が定番でして、妻な人から「お土産は?」と聞かれ、「伊勢うどんではなくて、南高梅の梅干ね」とお返事して、10月18日と10月26日のいずれも平日に日帰りでお出かけしてまいりました。今回は10月18日のお話しです。

181018_11.jpgshikiri105.jpg 撮影したかったのは翅表に青鱗がよく乗った低温期タイプの♀だったのすが、見たのは♂ばかり。ご覧のとおりで、翅表外縁部の黒帯が太めの高温期タイプはスレスレの個体でありました。

181018_16.jpgsikiri160.jpg181018_23.jpgshikiri105.jpg 開翅シーンを一見ヤマトシジミと間違うくらいの明るい翅表の低温期タイプの♂はピカピカでしたね。ミヤコグサの花も各地で咲いておりまして、今年は猛暑だったので、こんな発生状況なんだなと感じ取っておりました。

181018_19.jpgshikiri105.jpg 翅裏の画像もUPしておきます。この地域はこんな「お顔」なんですね。本記事、ここまで、種名も県名も書かないままだったので、検索エンジンにヒットしないよう、そのままにしておきましょう。

181018_55.jpgsikiri160.jpg 付近では、クロマダラソテツシジミは大量に飛んでおり、某会員制リゾートホテルを背景に証拠写真のみ押さえておきました。お土産は蜂蜜入りで塩分3%の徳用品の「つぶれ梅」にいたしました。結局、低温期タイプの♀(クマソではありませんよ)が撮りたい思いで、10月26日も「仕事をなにする」ことになったわけでございます。
posted by kenken(管理人) at 11:45| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月10日

シルビアシジミ in 兵庫県(2018年10月8日)

 久々にいわゆる「土手ビア」を見てみようと兵庫県までお出かけしてきました。記録を紐解くと兵庫県の生息地を訪れるのは、2012年10月以来6年ぶりで、ここ数年は石川県、和歌山県、島根県の生息地を訪れておりました。

181008_10.jpgshikiri105.jpg ♂の翅表の黒い縁取りが太めの「温暖期タイプ(勝手にそう呼んでます)」は、ご覧のような欠け、スレの個体が多く、発生末期のようでございます。スレ度合いと開翅時間の長さは比例する印象ですね。

181008_08.jpgshikiri105.jpg ♂の翅表の黒い縁取りが細めの「寒冷期タイプ(勝手にそう呼んでます)」は、ご覧のように縁毛もびっしりで発生適期のようでございます。斜め前方から見下ろすように撮ると翅表のブルーが綺麗ですね。

181008_07.jpgsikiri160.jpg181008_06.jpgsikiri105.jpg 当日、数ヶ所の生息実績地を回ってみたところ、草丈が高くなって生息確認できなかった場所もあれば、人手が継続的かつ良好に加えられていて多数の個体が迎えてくれた場所もございました。終日ピーカンの良いお天気でしたので、活動終了まで見守って、翅裏もじっくり撮影しておきました。
posted by kenken(管理人) at 13:00| Comment(6) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月04日

最近のkenken & ふみ 〜モバイル事情〜

 約1年10ヶ月前から、管理人はガラケーとスマホの「二刀流」でございます。ガラケーはa社回線使用で通話とSMSのみ、9月の利用料金¥2,414。スマホは格安R社でd社回線使用でSMSとデータ通信のみ(通話設定なし)、9月の利用料金¥1,106。モバイル利用料金は合計¥3,520でございます。
 スマホの画面を見ながらガラケーで通話するって使い方が便利でございまして、「安うて、便利で、この通信エリアの広さは?」と問えば、「名人賞!」と答う気分でございます。(関西人にはこのネタ、通じるかな?)
 そんなスマホで最近撮った画像を3枚お目にかけます。

181002_0813.jpgshikiri35.jpg 本庶教授のノーベル賞受賞発表の翌日、通勤途上にこんなところに寄り道してみました。写真左の松の生垣の後にはテレビ中継車が複数台停まっており、通信用アンテナがその上に見えております。多くの記者やカメラマンが、受賞者の出勤を待っておられ、受賞祝いのような美しい青空が印象的でございました。

181003_1828.jpgsikiri160.jpg180927_1806.jpgsikiri160.jpg 「ふみ」号。ここのところ、週末毎に台風がお越しになるので蝶撮影遠征には出ておりません。遠征時の車中泊で使用するシュラフやマットを虫干ししようと部屋に持ち込んだところ、陣取っておりました。
 もう1枚は、最近、久々に飲んで美味かった「〆張鶴 雪」、焼き鳥屋さんで発見したので思わず注文、撮影いたしました。スマホのカメラ機能、なかなか使えますなぁ。
posted by kenken(管理人) at 15:30| Comment(2) | カメラ&撮影法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月26日

九州 宴会旅行 the final(2018年9月15〜16日)

 「あ〜こりゃこりゃ」がメインの九州遠征でありましたが、真面目に蝶撮影もしておりましたので、最後にメリハリのあるクロツ画像をupしておきますね。

180916_54.jpgshikiri105.jpg 海クロツの生息環境を入れた1枚。岩場でねぇ〜足場確保困難で16mm広角端の最短撮影距離39cmなので拡大倍率はさほど大きくありません。タイトゴメにクロツ、分かっていただけますでしょうか。日光は左やや前方から射しているプチ逆光、岩の手前の面は黒く写ってますやろ。なので、クロツの翅裏が綺麗に写るようにストロボ焚いて「日中ハイスピードシンクロ」撮影しております。

shikiri105.jpg180916_53.jpgshikiri105.jpg 上の写真と同一個体、熱心に産卵しておりました。このタイトゴメ、持ち帰って孵化した幼虫を飼ってやると、きっとこんな赤橙色の欠如した黒いクロツが何割かは羽化するんでしょうね。

180916_1158.jpgshikiri105.jpg180916_09.jpgshikiri105.jpg これが本来の海クロツ、コントラストのある濃いお顔で赤橙色の発現も顕著です。
 で、この写真を撮っている私を同行のMさんが撮影して送ってくださったのがもう1枚の写真。自分では絶対に撮れない写真ですので大感激でございます。この場を借りて厚く御礼申し上げます。

------------------------------------

 最後にもう1枚、本年8月10日撮影のゴマシジミ画像の追加でございます。

180810_016.jpgsikiri160.jpg 9月16日の宴席でRさんから、「以前にブログ掲載の開翅ゴマシジミって、翅表から判断するに黒ヘリ型ですよね?」と尋ねられました。当時の記事に掲載しておりませんでした翅裏写真をこの機会に掲載いたします。
 Rさん!仰せのとおり、前後翅裏共に縁が黒っぽくなる「黒ヘリ型」でございます。貴兄の洞察力には感服いたしました!
posted by kenken(管理人) at 17:17| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月24日

闘牌 at 梅田(2018年9月23日)

 9月22日〜24日の連休は、蝶撮影にはお出かけしておりません。
 行くとすれば9月22日でしたが、あいにくのお天気ハマリでした。

180923_780.jpgshikiri105.jpg 9月23日は、半年に1回ペースで開催される学生時代の仲間内4人での恒例の麻雀大会でございました。8時間40分で半荘6回の闘牌。仕事とは違って?猛烈に思考してTOP2回。まあ良しといたしましょう。

180923_784.jpgshikiri105.jpg180923_792.jpgshikiri105.jpg 闘牌後は必ず「反省会?」を行います。今回の幹事役は、こんな日本酒のあるお店を予約してくれておりました。

180923_779.jpgshikiri105.jpg 京都在住2人、大阪在住2人なので、今回は大阪の雀荘での開催。近くにある梅田の阪急百貨店、GUCCIの巨大なパネル広告がありました。お気に入りの蝶は?私は、蝶よりも白猫がお気に入りですね。
posted by kenken(管理人) at 21:17| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月22日

九州 宴会旅行 part2(2018年9月15〜16日)

180915_638.jpgsikiri160.jpg180915_635.jpgshikiri105.jpg いずれの日も飲み会の「〆め」はラーメンでございました。
 9月15日は民宿「呑むさん」近くの「南京千両マリン」の久留米ラーメン。とんこつですが、臭みがなくあっさりしているも、しっかりしたお味で食べ易いラーメンでございます。

180916_685.jpgshikiri105.jpg180916_697.jpgshikiri105.jpg 9月16日、宴会場が博多駅「しらすくじら」でしたので、ラーメンは同じく博多駅の「一幸舎」で博多ラーメン。

180916_701.jpgshikiri105.jpg180916_702.jpgshikiri105.jpg 京都駅にも出店のあるラーメン屋さんで、辛子高菜にしょうがとニンニクを入れていただきます。

180916_29K.jpgshikiri105.jpg 食べログ状態になっておりますが、本ブログは蝶がメイン、蝶画像も入れておきましょう。クロツと遊んでおりました近くのソテツでは、こいつが群飛しておりました。(撮影:2018年9月16日 福岡県)
posted by kenken(管理人) at 23:33| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月21日

九州 宴会旅行 part1(2018年9月15〜16日)

180915_1446.jpgsikiri160.jpg 「9月16日の夜に博多で一献」という宴会のお誘いを受けたので、9月15日に前夜祭?をやろうと、久々に公共交通機関(新幹線)にて移動することにしました。
 9月15日は、民宿「呑むさん」に一宿のお世話になり、宿賃代わりに前夜祭の食材とお酒を現物納付でございます。ビールとドレッシングは民宿のオーナーのサービスです。

180915_1849.jpgshikiri105.jpg180915_1902.jpgshikiri105.jpg う〜ん、もう少し「半額」の食材を多く仕入れられれば、値段に反比例して美味さ倍増なんですがね。(笑)

 宴会がメインの旅と言っても、せっかく九州まで行くので、もちろん蝶撮影も兼ねております。公共交通機関利用ゆえ、なるべく身軽で行きたいので、CANON EOS80D+TAMRON16-300mm VC MACROのズームレンズがメインの撮影機材です。実は、これに備えて、1つ前の記事では「ふみ」号の試し撮りをしておりました。

180916_17.jpgsikiri160.jpg180916_13.jpgshikiri105.jpg で、9月16日は、夕方までクロツと遊んでおりました。単焦点レンズに比べると、僅かに画像に甘さがありますが、それでもこんな広角画像と望遠マクロ画像が1本のレンズで撮れるのは楽ちんでえぇもんです。左右の「海クロツ」の写真は、上記のカメラ+レンズで、広角端16mmと望遠端300mmで撮り分けております。
180916_29.jpgshikiri105.jpg 「海クロツ」は「山クロツ」に比べると濃いお顔で、インパクトがありますね。ちなみにこの個体、後翅裏面がプチ黒斑流れの異常型で、ご覧のように、左後翅のほうが顕著です。(撮影:2018年9月16日 福岡県)

 このような翅裏に斑紋異常がある個体を標本にする場合、凡人の私だったら「その部分が標本箱のガラス越しに見易いよう」に「裏展翅」するのでしょうが、引退された某大家だったら、表展翅されるんじゃないかなと思いました。なぜなら、以前に、その方が「見せたい翅面こそ劣化しないように日光の影響を受けにくい裏側にするべし」と仰せられた旨を伝え聞いているからでございます。
posted by kenken(管理人) at 16:05| Comment(8) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月11日

最近のふみ & kenken

 ここのところブログ更新頻度は高いのですが蝶の話題が連発で、「『ふみ』さんはどうしてるの?」なんて声が聞こえてきそうですので、ちょっこっと書いておきましょう。
180910_14.jpgsikiri160.jpg180910_16.jpgshikiri105.jpg 寝ることが猫の仕事なんでしょうねぇ〜昼間は水屋の上で寝ております。夜になると動き出し、たまにゴルフボールでサッカーすることがあります。CANON EOS80Dに久々にTAMRON16-300mm VC MACROを装着して撮った写真がこれ。このレンズは広角から望遠マクロまでお手軽に1本で撮影できるズームレンズで、画像のキレもそこそこのもんです。(画像ファイルにはEXIFデータ残してあります)軽いので遠隔地に公共交通機関で移動して撮影する際には重宝しますね。

 さて、私はと言うと、OBとして所属しているK蝶類研究会が今年で50周年を迎えるということで、現役生の実行委員さんから50周年記念名簿の原稿提出依頼がありました。
180911_180603_09.jpgsikiri160.jpg 記念名簿には「自己紹介」「活動歴」「50周年を迎えてひとこと」「好きな虫」などを書くんですが、「私を表す1枚」という記入欄がありました。自分自身の写真というのは意外とないんですよねぇ〜 で、結局、「好きな虫」に「オサムシ、キマダラルリツバメ」と書いたので、「私を表す1枚」はコレにしました。
撮影:2018年6月3日 京都市左京区


posted by kenken(管理人) at 19:02| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月09日

ジャノメ in 京都(2018年9月2日)

 台風に地震・・・被害に遭われた皆さまにお見舞い申し上げます。拙宅のあります京都市内でも、まだ停電の地域がございます。
 さて、この週末はお天気ハマリで土・日共に雨。蝶撮影にはお出かけしておりません。先週末の続き記事を書いておきましょう。
 前日の9月1日、お天気回復後にスクランブルかけて滋賀県のジャノメさんで良い出逢いがあったことに味をしめて、9月2日は朝から京都府U町でウラナミジャノメを探索してみることにしいたしました。

180902_52.jpgshikiri105.jpg 前日のいわゆる「土手ウラナミ」ではなく「山ウラナミ」の探索で、初訪問地域の山間部をくまなく約3時間歩き回り、点在する開けた環境を中心に探索いたしました。9月になったとはいえ結構な残暑で蝶影が薄い印象です。結果、こんな写真の環境で1頭だけ遭遇、撮影することができました。逢えただけでよしといたしましょう。環境の「緑さ」が、この地の年2化を物語っておりますね。

180902_02.jpgshikiri105.jpg これがその時の「証拠写真」。やや暗い環境に潜んでおりました。よく見ると静止している葉上には朝露らしきものも残っており、暑い時は、やっぱしこういった所にいるんだと勝手に納得しておりました。
posted by kenken(管理人) at 19:33| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする