2018年09月21日

九州 宴会旅行 part1(2018年9月15〜16日)

180915_1446.jpgsikiri160.jpg 「9月16日の夜に博多で一献」という宴会のお誘いを受けたので、9月15日に前夜祭?をやろうと、久々に公共交通機関(新幹線)にて移動することにしました。
 9月15日は、民宿「呑むさん」に一宿のお世話になり、宿賃代わりに前夜祭の食材とお酒を現物納付でございます。ビールとドレッシングは民宿のオーナーのサービスです。

180915_1849.jpgshikiri105.jpg180915_1902.jpgshikiri105.jpg う〜ん、もう少し「半額」の食材を多く仕入れられれば、値段に反比例して美味さ倍増なんですがね。(笑)

 宴会がメインの旅と言っても、せっかく九州まで行くので、もちろん蝶撮影も兼ねております。公共交通機関利用ゆえ、なるべく身軽で行きたいので、CANON EOS80D+TAMRON16-300mm VC MACROのズームレンズがメインの撮影機材です。実は、これに備えて、1つ前の記事では「ふみ」号の試し撮りをしておりました。

180916_17.jpgsikiri160.jpg180916_13.jpgshikiri105.jpg で、9月16日は、夕方までクロツと遊んでおりました。単焦点レンズに比べると、僅かに画像に甘さがありますが、それでもこんな広角画像と望遠マクロ画像が1本のレンズで撮れるのは楽ちんでえぇもんです。左右の「海クロツ」の写真は、上記のカメラ+レンズで、広角端16mmと望遠端300mmで撮り分けております。
180916_29.jpgshikiri105.jpg 「海クロツ」は「山クロツ」に比べると濃いお顔で、インパクトがありますね。ちなみにこの個体、後翅裏面がプチ黒斑流れの異常型で、ご覧のように、左後翅のほうが顕著です。(撮影:2018年9月16日 福岡県)

 このような翅裏に斑紋異常がある個体を標本にする場合、凡人の私だったら「その部分が標本箱のガラス越しに見易いよう」に「裏展翅」するのでしょうが、引退された某大家だったら、表展翅されるんじゃないかなと思いました。なぜなら、以前に、その方が「見せたい翅面こそ劣化しないように日光の影響を受けにくい裏側にするべし」と仰せられた旨を伝え聞いているからでございます。
posted by kenken(管理人) at 16:05| Comment(8) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月11日

最近のふみ & kenken

 ここのところブログ更新頻度は高いのですが蝶の話題が連発で、「『ふみ』さんはどうしてるの?」なんて声が聞こえてきそうですので、ちょっこっと書いておきましょう。
180910_14.jpgsikiri160.jpg180910_16.jpgshikiri105.jpg 寝ることが猫の仕事なんでしょうねぇ〜昼間は水屋の上で寝ております。夜になると動き出し、たまにゴルフボールでサッカーすることがあります。CANON EOS80Dに久々にTAMRON16-300mm VC MACROを装着して撮った写真がこれ。このレンズは広角から望遠マクロまでお手軽に1本で撮影できるズームレンズで、画像のキレもそこそこのもんです。(画像ファイルにはEXIFデータ残してあります)軽いので遠隔地に公共交通機関で移動して撮影する際には重宝しますね。

 さて、私はと言うと、OBとして所属しているK蝶類研究会が今年で50周年を迎えるということで、現役生の実行委員さんから50周年記念名簿の原稿提出依頼がありました。
180911_180603_09.jpgsikiri160.jpg 記念名簿には「自己紹介」「活動歴」「50周年を迎えてひとこと」「好きな虫」などを書くんですが、「私を表す1枚」という記入欄がありました。自分自身の写真というのは意外とないんですよねぇ〜 で、結局、「好きな虫」に「オサムシ、キマダラルリツバメ」と書いたので、「私を表す1枚」はコレにしました。
撮影:2018年6月3日 京都市左京区


posted by kenken(管理人) at 19:02| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月09日

ジャノメ in 京都(2018年9月2日)

 台風に地震・・・被害に遭われた皆さまにお見舞い申し上げます。拙宅のあります京都市内でも、まだ停電の地域がございます。
 さて、この週末はお天気ハマリで土・日共に雨。蝶撮影にはお出かけしておりません。先週末の続き記事を書いておきましょう。
 前日の9月1日、お天気回復後にスクランブルかけて滋賀県のジャノメさんで良い出逢いがあったことに味をしめて、9月2日は朝から京都府U町でウラナミジャノメを探索してみることにしいたしました。

180902_52.jpgshikiri105.jpg 前日のいわゆる「土手ウラナミ」ではなく「山ウラナミ」の探索で、初訪問地域の山間部をくまなく約3時間歩き回り、点在する開けた環境を中心に探索いたしました。9月になったとはいえ結構な残暑で蝶影が薄い印象です。結果、こんな写真の環境で1頭だけ遭遇、撮影することができました。逢えただけでよしといたしましょう。環境の「緑さ」が、この地の年2化を物語っておりますね。

180902_02.jpgshikiri105.jpg これがその時の「証拠写真」。やや暗い環境に潜んでおりました。よく見ると静止している葉上には朝露らしきものも残っており、暑い時は、やっぱしこういった所にいるんだと勝手に納得しておりました。
posted by kenken(管理人) at 19:33| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月06日

最近のkenken〜なんやかんや

「野分の朝こそをかしけれ。言ひつづくれば、みな源氏物語、枕草子などに事ふりにたれど(徒然草 第19段)」とは、なるほどなと思いました。ヒメウラナミジャノメの過剰紋♀と涙紋♂の交尾写真もお洒落です。上級者の採り屋さんは、いつでも上級者の撮り屋さんになれるんですなぁ。

 管理人は、フィルム代も高価やし現像とかも面倒なのでフィルムカメラ時代は撮影には全く興味がなく、デジタルカメラの登場によって採り屋から撮り屋に転向したのですが、「世の中に、絶えてデジカメのなかりせば」きっと上級者の採り屋になれたに違いないっ!と思い込んでおります。(笑)

180906_7707xx.jpgshikiri105.jpg 管理人の採り屋時代の写真を再?掲載いたします。同行者のフィルムカメラで写していただいた貴重な写真で、非常に薄くて読みにくいのですが、写真裏には撮影年月と撮影地が手書きメモされております。
 某サイト 8月26日記事画像から原文のまま引用しますと、撮影地は、「このあたらなら各ピークからも死角になる」んですね。
posted by kenken(管理人) at 16:55| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月04日

最近のkenken〜未掲載だったクロコムラサキ

 本日9月4日は台風21号の影響で職場は休業、有給の「特別休暇」となりました。PCから申請するんですが「災害に伴う出退勤途上の危険回避のための特別休暇」ってのがあるんですね、初めて手続きしました。さすがに外出できるようなお天気ではないので、自宅待機で昔の写真発掘などしておりました。

190904_120915_085.jpgshikiri105.jpg 2つ前の記事で2012年撮影のゴマシジミ画像を発掘、掲載しましたが、同年9月のクロコムラサキ画像も発掘したので掲載しておきましょう。
 東海地方のクロコムラサキは微妙に褐色の地色が残って面白いお顔です。ややスレた個体だったのでブログ掲載意欲が湧かず、改めて綺麗な個体を撮りに行こうと思いながら、もう6年も経ったんですなぁ。(撮影:2012年9月15日 愛知県)

 ところで、こうやって呑気に自宅待機してブログ更新できるのも電気が来ているおかげです。拙宅の道路を挟んで向かい側一帯は台風の影響で停電で真っ暗ですわ・・・
posted by kenken(管理人) at 22:12| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月03日

ジャノメ in 滋賀(2018年9月1日)

 9月1日は全国的にお天気悪く、山形県や石川県では河川が氾濫とな・・・近畿地方も大気の状態が不安定で、京都ではお昼頃に滝のような雨が降りましたが、午後になって厚い雲がかかっているものの、雨雲は通り過ぎて大丈夫そうな雰囲気・・・午後遅めから近場、滋賀県O市の2化のウラナミジャノメにスクランブルをかけました。

180901_16.jpgshikiri105.jpg180901_26.jpgshikiri105.jpg 時期は良いようです。「あっさりしたお顔」や「濃いお顔」など、複数の個体に出逢うことができました♪

180901_37.jpgshikiri105.jpg ここは、土手ビアもとい、土手ウラナミでございます。まだまだ暑いですが、季節はもう秋。近々収穫の時期を迎える稲穂の実りで黄色く映える田圃を背景に。(背景が露わ過ぎてもなぁと、トリミングで失礼)

 この日、最も心を込めて撮影したのはヒメウラナミジャノメのプチ異常型。

180901_36.jpgsikiri160.jpg180901_52.jpgsikiri160.jpg 後翅裏面の眼状紋が涙紋的に過剰紋のこの個体、超新鮮で本日撮影にきた甲斐があったというものです♪ 異常型の場合は、左右両翅を撮影記録しておこうと、ひつこく追跡して、ようやくイノコヅチの花上で左翅裏をゲットしました。ほぼ左右対称ですね。
posted by kenken(管理人) at 14:00| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月27日

最近のkenken〜未掲載だったゴマシジミ

 8月25日〜8月26日の週末は、地元・京都でのんびり過ごしておりました。
------------------------------------
【8月25日】 蝶ブログの皆さんの記事を拝見し、自分の過去記事を検索したところ、記事の掲載漏れに気づきました。きっと、いずれの年もこの時期は、夏の暑さに萎えて記事掲載のパワーがダウンするんでしょうね。過去に掲載漏れしいていた2件のゴマシジミ画像を今さらですがUPしておきましょう。

180825_120819_81.jpgshikiri105.jpg リンクしている方の記事を見て、同じ「お顔」を撮影したことを思い出し、探してみると掲載漏れに気づきました。当日は朝から気温高く、ここまで開くのが精一杯でございました。(撮影:長野県 2012年8月19日)

180826_160811_1058.jpgshikiri105.jpg180826_160811_1121.jpgshikiri105.jpg 1つ前の記事写真の「お顔」と、過去の同一地方の個体の「お顔」を比較しようと探してみると掲載漏れに気づきました。当日は、(「師匠」と私が勝手のお呼びしている)S氏と現地で早朝集合、探索するも、やや時期遅れでスレ、欠け個体を連発。「粘りの効かない局面」で即日撤退した「迷局」でした。ただ暑いだけで開翅シーンにはお目にかかれず、飛翔写真で翅表を押さえた画像をUPしておきますね。新鮮そうですが、たまたま欠け等が目立たないように写った写真でございますよ。(撮影:広島県 2016年8月11日)
------------------------------------
【8月26日】 毎夏恒例のこんな催しものに参加してまいりました。

180826IF.jpgsikiri160.jpg180826_1126.jpgshikiri35.jpg 入場券と会場写真(ぼかしあり)を掲載しておきますね。昨年と比較するに来場者は多く、賑わっていた印象でございます。毎年のことですが、高齢者(自分も含めて?)が大半で、虫屋の衰退、絶滅が危惧されますねぇ〜フェアは標本等の即売会なのですが、そちらにはほとんど興味がなく、知人と遭遇して「昼飯で一献」が狙いです。(笑)

180826_1309.jpgshikiri105.jpg 「指、包帯巻いてどうしはりました?」「6月末の右膝捻挫、まだ痛いですわ」「ぎっくり腰、その後どないですか?」などと故障と蝶の話題で、鉄板焼きで盛り上がっておりました。
posted by kenken(管理人) at 17:30| Comment(6) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月22日

中国地方遠征(2018年8月10日〜11日 その2)

 3つ前の記事で「その1」と書いておりました「中国地方遠征」、「その2」として遠征後半の8月11日について書いておきましょう。

180811_054.jpgsikiri160.jpg 師匠(と勝手に私がお呼びしている)S氏と温泉宿でゆっくり疲れを癒して明けた翌8月11日、前夜は21:00頃には布団上で意識をなくしていたようで気がつくと朝の5:00でした。この日も前日に続き雲に恵まれるお天気♪ 2人で探索範囲を分担、私が最初に遭遇した個体はかなりのスレ個体でしたので300mmでの証拠写真に留めました。

180811_123.jpgsikiri160.jpg やがて、「確保」のメッセが入ったので、尾根を越えて駆けつけると新鮮な♀。開翅の気配はなく、陽が射したり風にあおらたりするといきなり飛翔しては静止を繰り返します。この日の撮影は午前中のみと決めていたので、この個体と「開翅待ち心中」覚悟です。その後、飛ぶ気配がないので、15mmでぐっと近寄って曇り空と環境を含めた広角写真を撮っていると「一歩退いて、開く気配!」との声がかかり、

180811_230.jpgsikiri160.jpg180811_218.jpgsikiri160.jpg 慌てながらも、そぉ〜っと後退して100mmに持ち替えてファインダーを覗くと、じわぁ〜っと開いてくれました。(右画像は2つ前の記事の画像の再掲でございます)300mm、15mm、100mmと書いていることからお分かりのとおりカメラ3台の装備でございます。

 いったん開き癖がつくと、そこそこ開いてくれるようです。この個体は、その後、産卵、吸蜜を繰り返しながら、時おり開翅を披露してくれました。よくある画像ですが、ワレモコウとのショットを連続写真で掲載しておきましょう

180811_119.jpgsikiri160.jpg180811_116.jpgsikiri160.jpg180811_115.jpgsikiri160.jpg180811_114.jpgsikiri160.jpg 開翅休憩〜花穂上で反時計回りに回転しながら産卵〜開翅休憩。

180811_272.jpgsikiri160.jpg 最も開いたのは、やや陽射しのある場面で80度くらい。うん、やっぱし中国地方のゴマシジミは青くていいなぁ♪
 今回の遠征は、2人で大いに悩んで出発の5時間前に「決行」を決めたものでしたが、お天気(雲)に恵まれ幸運でございました。師匠のお言葉を拝借するに「探索/撮影だけでなく、天気、立案/計画、行程、宿、2人の分担など全てに無駄がなく効率的で『平成最後の名局』」。御意。
posted by kenken(管理人) at 11:45| Comment(6) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月18日

「ふみ」号 5歳の夏

 8月18日、お盆休みの恒例行事、「ふみ」号の予防接種でございます。家猫で外に出ることはないのですが、ベランダでくつろぐことが多いので、念のために予防注射の接種です。

180816_12.jpgsikiri160.jpg180818_0954.jpgsikiri160.jpg 年1回のことなので、さっぱり慣れませんねぇ〜 獣医さんによれば、「猫にとっての年1回は、人間的な期間に換算すれば5年に1回」という感覚になるとのことです。ゲージに入れて車に乗せると、昨年同様に緊張して瞳孔が開いております。

180818_1053.jpgsikiri160.jpg180818_1047.jpgshikiri105.jpg かかりつけの獣医さんでは、「借りてきた猫」状態で大人しくしています。まずは体重測定、昨年比プラス150gで3.60kgで、太り気味でもなく、痩せ気味でもなく、良い感じです。猫3種混合ワクチン接種の後、念のためカラーを装着して爪切りしてもらいました。これも毎年のことでございます。
posted by kenken(管理人) at 15:23| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月16日

真夏を彩るオレンジ2018(2018年8月16日)

180816_08.jpgsikiri160.jpg180816_02.jpgshikiri105.jpg 京都の真夏の風物詩の「五山の送り火」、本2018年も恒例の拙宅からの画像でございます。
 まずは、夕刻に撮影の点火前の画像です。左が「大」の字で20:00点火、右が「法」の字で20:05点火です。本日の京都は雲の多いお天気で、暑さも一段落、過ごし易い気温でございます。

180816_40.jpgsikiri160.jpg180816_19.jpgshikiri105.jpg180816_44.jpgshikiri35.jpg 点火中の画像でございます。
 雲が多いのですが、雨の心配はなく、湿度も下がってとても涼しい夜ですね。広角画像はEOS80DでISO1600でシャッター切っておりますが、なかなか綺麗に表現できておりますね。

180811_230.jpgsikiri160.jpg さて、本日8月16日は、この記事に添えるオレンジ画像を撮りに日帰り遠征予定でしたが、あいにくのお天気でお見送り。今年はオレンジ画像はございません。そのかわり、過日の中国地方遠征2日目に得た涼しげなゴマシジミ画像をUPしておきましょう。私好みの「翅表を翅裏を同時に表現」したお気に入りの画像でございます。(撮影:2018年8月11日 中国地方)

posted by kenken(管理人) at 21:08| Comment(6) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする