2017年04月09日

ペットドアの装着

 そろそろ各地でギフチョウさんが飛び始めていますが、この週末はお天気優れませんねぇ〜 撮影遠征は見送っております。
 さて、暖かくなって「ふみ」号がちょくちょくベランダに出たがるので、蚊の季節に備えて、先日、専用のペットドアを設置することにしました。

 170409dr.jpgsikiri160.jpg ネット検索すると、こんな網戸専用の手軽なものがあり、送料&税込で1,680円。即日購入し、和室のH社製のトンボカレンダー横の網戸に装着することにしました。

170330_187.jpgshikiri105.jpg 自分で装着してもよいのですが、経年変化で網戸が少々ヘタリ気味なので、網の張り替えとペットドアの装着をプロに依頼することにしました。
 「開口部のお仕事に強い」ことで評判の「伏見屋金物店」に初めてお仕事を発注してみました。

170408_57.JPGshikiri105.jpg 網戸を引き取り、作業後、後日に納品していただき、こんな感じで仕上がりました。さすがにプロのお仕事ですな。ピンと張った網戸に首尾よく装着いただき、「ふみ」号も見とれております。

 「ふみ」号、最初はドアの動きに戸惑っておりましたが、2〜3日で使い方を習得し、今では以下の写真のとおり自分で出入りできるようになりました。蚊の季節にはペットドア付近に網戸用防虫剤を装着すれば万全でしょう。

170408_58.jpgshikiri105.jpg170408_59.jpgshikiri105.jpg170408_60.jpgshikiri105.jpg

170408_61.jpgshikiri105.jpg170408_62.jpgshikiri105.jpg170408_63.jpgshikiri105.jpg

 皆さんも「開口部のお仕事」ありましたら「伏見屋金物店」(京都市上京区)に依頼してみてはいかがでしょうか?お奨めでございます。
 今回のお仕事は、野口英世さん3人でお釣りがくるコストパーフォーマンスで大変嬉しゅうございまして、拙宅の残りの網戸も、逐次、張り替え依頼しようと考えております。
 あっ、但し、1点だけ注意が必要なことがありまして、それは、ギフチョウ日和と予想される晴天の日は、引き取り、納品共に日にち指定は避けたほうが良いということでございますよ。(笑)
posted by kenken(管理人) at 17:08| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月20日

EOS 80D + EF300mm F4 IS 試写

 ギフチョウ撮影の北陸遠征は、まだ微妙に早いかなと感じ、先日更新した題記NEWカメラの試し撮りを、自宅付近で午前中にふらっと歩きまわってすることにしました。

170320_02.jpgshikiri105.jpg 本日は日射しがあって、かなり暖かく、散策していると民家の庭の資材にルリタテハを発見し、いわゆる「証拠写真的距離」から撮影。うん、ISO800でもノイズ少なく、良い画像です。

170320_11.jpgshikiri105.jpg アラカシの生垣を探すと、思惑どおり直ぐにムラサキシジミを発見。こちらはEF300mmの最短撮影距離近くまで寄って、いわゆる「望遠マクロ」撮影。300mmでこの鮮明な画質が得られるのは嬉しいね。

 午前中のみの短時間散策では、ヤマトシジミやルリシジミ他の新成虫には出逢わず。午後には飛んでいたのかもしれないけれど、昨年よりは微妙に季節進行が遅い印象。
posted by kenken(管理人) at 19:47| Comment(6) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月13日

ハズレ予想と予想的中(EOS80D)

 前回の記事(3月5日)でギフチョウの初見日予想したところ4人の知人から「3月5日に静岡県で目撃あり」との情報をいただきました。有り難うございます。どうやら記事を書いた時点では、もう飛んでいたようですね。今年は完璧なハズレ予想でございました。
 しかし、積算温度的には飛ばないはず・・・飛んだのは純粋な自然界の個体だったのかなぁ〜と疑問に思っている私です。

 さて、全く話は変わりますが、先日、めったに当たらない某予想が的中して思わぬ臨時収入があったので、EF300mmF4ISレンズを装着しているカメラ EOS 40Dを最新機種に更新することにしました。EOS 80Dにするか7D Mark2にするか迷いましたが、EOS 80Dにしました。

170311_01.jpgshikiri105.jpg まだ寒くて蝶が飛んでいないので、試し撮りの1枚目写真はこれ。ISO1600で撮っているのですがノイズも少なく充分に鑑賞に堪える写真です。カメラの進化は素晴らしいものです。

170311_02.jpgshikiri105.jpg 暗い室内でもISO1600ならストロボを焚かなくても速いシャッタースピードで切れるので、手持ちでも手振れ、被写体ぶれすることなく、こんな「あくびの瞬間画像」もゲットできました。

170311_03.jpgshikiri105.jpg 80Dや7Dには、40Dにはない「AFマイクロアジャストメント」機能があるので、早速WEBからピントチェックシートを入手してAF微調整しました。調整前は微妙に「前ピン状態」でしたが、調整後は写真のとおり、狙ったところにビシッと合焦して前後が良い感じで均等にボケております。
 欲しかったんですよねぇ〜この機能の搭載されているカメラが。
posted by kenken(管理人) at 14:57| Comment(10) | カメラ&撮影法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月05日

ギフチョウ初見日予想2017(2017年3月5日)

 先日、1つ前の記事のとおり、伊丹市昆虫館で講演なんぞさせていただきました。普段、人前でお話しする際に緊張することはないのですが、今回は緊張しましたねぇ〜
170305_0225_0051.jpgshikiri35.jpg・・・と申しますのも、聴衆に、リスペクトする蝶の生態写真撮影のプロ W辺Y之さんがおられたんですわ・・・本来ですと、当方が講演を拝聴すべきお方が客席に座っておられたもんでね。
 
170305tenryu.jpgshikiri105.jpg さて、3月1日から新卒の学生さんの就職活動が解禁となりました。仕事柄、その準備で年明けから超多忙にしておりまして、大変遅くなりましたが、今年もギフチョウの初見日予想をしておきますね。

 毎年おなじみのS県H市T区の積算温度表でございます。
 グラフを見ると、2017年の季節進行は2015年とそっくりです。赤(2017年)と黄(2015年)のプロットがほとんど重なって、どちらも見えないくらいですやろ。なので、詳細な分析は省略し、とぉ〜っても軟弱に「2015年と同じ日」にしておきましょう。ズバリ!本年のギフチョウ初見日予想は「3月17日」です。

170305_104.jpgshikiri105.jpg 最後に、最近登場しておりません「ふみ」号の写真も掲載しておきましょう。本日は朝からペット・グラスをかじっておりました。食べても消化することはありませんが、胃腸の調子を整えるために食べるんですね。
posted by kenken(管理人) at 07:15| Comment(6) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月25日

2月25日(土)講演会「消えゆくチョウたちを知る・撮る・守る」

170225.jpgsikiri160.jpg 1つ前の記事で紹介しておりました兵庫県伊丹市昆虫館でのチョウの写真展がこの2月27日で終了となります。
 それにあわせて、2月25日(土)にプチ講演会が開催されますので、ご興味がおありの方は足を運んでみてください。
 詳細は、ポスター画像をクリック! 
 また、以下にも、昆虫館からの案内を引用いたします。

 チョウが減少している現状を知って頂き、生物多様性の保全について一緒に考える講演会です。また、チョウにより親しんでもらうための撮影テクニックについても紹介します。

講演内容:
(1)近畿地方から消えゆくチョウ(森地重博)
(2)近畿地方北部のウスバシロチョウ産地の現状−特に鹿の食害の影響について(小野克己)
(3) チョウの写真撮影法−入門から目標を立てた撮影まで−(三輪成雄)

日時:平成29年2月25日(土) 14:00〜15:30(開場 13:50)
場所:伊丹市昆虫館 1階映像ホール
兵庫県伊丹市昆陽池3-1 http://www.itakon.com/
参加費:無料(入館料は別途必要)
申込方法:予約不要・当日先着70名

その他:講演会終了後、開催中のプチ展示「チョウが消えてゆく〜絶滅の危機にあるチョウを守る〜」(伊丹市昆虫館・チョウ類保全協会共催)のギャラリートークも開催いたします。
posted by kenken(管理人) at 00:00| Comment(7) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月07日

ツマベニチョウ(2017年1月7日)

170107_1404.jpgshikiri105.jpg170107_140402.jpgshikiri105.jpg 南方系の蝶にはあまり興味を示さない管理人でございます。生きたツマベニチョウに出逢うのは大学生時代に訪れた屋久島以来かもしれません。白飛びすることもなく、良い感じの露光で撮れたのではないかな。
 とは言っても、ここは南国沖縄ではなく、兵庫県伊丹市昆虫館の温室でございます。

170107_1423.jpgshikiri105.jpg はい、1つ前の記事で「1月2日から2月27日までの間、蝶類の写真展が開催されます。管理人も開催期間中に訪れてみようと考えております」と書いておりましたが、本日、訪れてまいりました。

170107_1408.jpgshikiri35.jpg170101_1420.jpgshikiri35.jpg 展示会場全体をパノラマ合成写真で表現するとこんな感じ。3連休初日の晴れの土曜日、そこそこ賑わっておりました。
 スマホの写真機能って、なかなかのもんですなぁ。
posted by kenken(管理人) at 21:33| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月01日

謹賀新年2017

 迎春
 本年も拙ブログをどうぞよろしくお願いいたします。

170101nenga1.jpgsikiri160.jpg170101nenga2.jpgsikiri160.jpg 年賀状画像は2案作成してみまして、迷いましたが、紙の年賀状には左側の画像を使いました。毎年のことですが、やはりお正月には朱色が入った蝶がよろしいということで。縦位置画像でクロウメモドキの雰囲気もよく表現できております。

170101_289.jpgshikiri105.jpg 恒例のおせち画像でございます。こちらも、かなり迷いましたが、結局、5年連続リピートで京都ガーデンパレスホテルの和洋折衷おせちに落ち着きました。左が和食、右が洋食の膳でございます。うん、安定して良いお味で納得でございます。
 紅白なますと大根&人参や蒟蒻の炊いたんは、妻な人が作ってくれました。子持ち昆布は親戚からの毎年お決まりいただきものでございます。

 ところで、関西地方にお住まいの方にお知らせです。
 兵庫県の伊丹市昆虫館にて、1月2日から2月27日までの間、蝶類の写真展が開催されます。管理人も開催期間中に訪れてみようと考えておりますが、皆さんもいかがでしょうか?
 現在、本体のHPの引っ越し先を模索しておりまして、引っ越し先の候補地に、上記の案内ページを試作してみましたので、ご参考までにご覧ください。
こちらでございます。

170101_304.jpgshikiri105.jpg 最後に、最近あまり登場しない「ふみ」号の近況報告でございます。いたって元気で、本日は若干の雲があり、晴れたり曇ったりですが、エアコンの室外機の上で日光浴しておりました。
posted by kenken(管理人) at 10:30| Comment(14) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月26日

「関西の美しいチョウ」

161226-160716-02.jpgsikiri160.jpg161226-160716-01.jpgshikiri105.jpg 「某イベントで使用したいので『関西の美しいチョウ』の写真を10枚程度提供してもらえませんか」との知人からの依頼を受け、迷わず選んだ1種がクロヒカゲ。
 本種の翅裏の眼状紋周辺の青〜紫は妖艶だと思うし、特に写真の個体は、眼状紋周辺のみならず、後翅裏中室近くにまで青〜紫が現れ、最高の妖艶美だった。
 この日は、クロヒカゲモドキの定点観察に撮影地を訪れ、無事に同種の生息を確認したが、直ぐ近くに静止するクロヒカゲモドキそっちのけで本種クロヒカゲの本個体の撮影に時間を割いた。気温が上がって活発に活動するまでにその美しさを写真に収めたくて。(撮影:2016年7月16日 京都府)
posted by kenken(管理人) at 21:10| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月11日

肉を喰らう!(2016年12月10日)

 飾り気のないビルの2Fにお店があって、知らないと、なかなか入る気にはなれませんが・・・
161210_01.jpgshikiri105.jpg ガツっとリーズナブルにステーキが食べたい!そんな時に訪れるお店です。年に数回しか行かないのですが、もう30年以上通ってますね。脂質の少ないハラミ肉を直火焼で調理してくれます。

161210_02.jpgshikiri105.jpg161210_03.jpgshikiri105.jpg カウンターのみで14席、とにかく肉を喰らって帰る、そんな雰囲気のお店で、こんなお値段の設定です。

161210_04.jpgshikiri105.jpg161210_05.jpgshikiri105.jpg 目の前で肉が焼かれるのを待ちながら、野菜サラダ(自家製ドレッシング旨し)を食べるのが私の定番。

161210_06.jpgshikiri105.jpg←この日は250gにしました。焼きあがった肉は、食べ易くスライスしたものが出てきます。大根おろしとネギの入った二杯酢ベースのあっさりした和風のタレで、お箸のみでいただきます。

 ところで、ここは蝶関連サイトなのですが、最近は食べログ状態の体たらく・・・とりあえず、蝶画像をUPしておきましょう。

160820_029.jpgshikiri105.jpg 撮影:2016年8月20日 お盆休み恒例の湖北〜嶺北地方での探索途上の1コマ。すぐ横の木には多くの蟻さんがいてて、今にも赤いシジミが飛びそうだったのですが・・・そう簡単にはいきませんな。
posted by kenken(管理人) at 21:10| Comment(2) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月05日

トンボの国(カレンダーの季節)

161205_8230.jpgshikiri105.jpgトンボの国
 古代、日本は『秋津州(あきつしま)』の別名で呼ばれていました。その意味は『トンボの島』。稲の害虫を捕食することから農業の守り神として愛され、衣裳の文様や工芸品のモチーフとしても使われてきました。
 トンボは、全世界に約5,000種類が生息し、日本には200種類近くが分布しています。現在ではビオトープや生物多様性のシンボルにもなっています。2017年のカレンダーでは、日本産トンボのほぼ全種を中心に構成します。

表紙がそんな書き出しのH社のカレンダーが勤務先に宅配されてきました。

161205_8229.jpgshikiri105.jpg 宅配便の宛先となっているFさんにお伺いすると「そちらで適当に使ってください」との(予想どおりの)嬉しいお返事いただいたので、さっそく我が家で使うことにして持ち帰りました。

 うん、来年、毎日が極楽トンボのように過ごせるといいなぁ♪
【業務連絡】アオハダトンボは♀♂が表紙の12月に掲載されておりますなぁ〜
posted by kenken(管理人) at 21:48| Comment(4) | 昆虫一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする