2011年11月06日

森づくりボランティアと植物観察会(2011年11月5日)

 10月下旬〜11月上旬と、休日出勤の合間をぬって、紀伊半島・東部/西部と探索に出かけておりましたが、書くことがない状態です。探索の主たる目的は、この時期のサツマシジミの産卵植物の確認なのですが、さっぱりですわ・・・文献等の知見によれば、この時期の産卵植物はモチノキということですが、他に産卵植物はないのか・・・いろいろ妄想しております。まあ、そんな中、副次的な目的をいろいろ果たせたので良しとして、今シーズンの撮影遠征は終了することにいたしました。この辺りのことは、また改めて書くことにいたしましょう。

 さて、ポストシーズンということで、11月5日(土)は、以前から興味を持っておりました京都府のモデルフォレスト運動のボランティアに参加してまいりました。

111105 森づくりの場所は、南丹市八木町でございます。ボランティア活動の内容は、広葉樹の間伐でございます。やや小雨のあいにくのお天気でしたが、蝶が飛ばないぶん、作業に集中できるというものです。

111105 これが、既に作業が終了して森づくりがなされた環境です。こんな感じになるように、間伐を行うわけですわ。左端に椎茸のほだ木が見えてますな。

111105 実際の作業シーンでございます。50人弱の参加者がおられまして、5〜6人で1組になって間伐作業を行います。のこぎりやヘルメットは貸していただけます。

111105111105 作業は午前中でいったん終了して、昼食です。「おにぎり、お椀、お箸を持参」ということで、綺麗どころがトン汁なんかサービスしてくれまして、たいへん美味しゅうございます。地元のNPOの方々が鹿肉なんぞ焼いてくれまして、これまたえぇお味です。
 で、午後の部ですが、実はコレが最も参加したかったイベント「植物観察会」でございます。京都府立植物園の名誉園長の松谷茂氏が講師となって、いろいろ教えてもらいます。

111105 さすがに、植物の専門家で、よう知ってはりますなぁ〜えぇ勉強になりました。これは、コシアブラついて説明されているシーンでございます。

111105 ソヨゴ(モチノキ科)には雄株と雌株があって、雌株には花が咲いて、こんな赤い実がなるんですなぁ〜 サツマシジミが産卵するとすれば、この時期、どんな花がありうるのか・・・いろいろ妄想しながら聴いておりました。
 植物、もっと本腰入れて勉強せんとあかんなぁ〜と痛感した1日でございました。
posted by kenken(管理人) at 22:02| Comment(16) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする