2009年10月07日

家族旅行 in 徳島(2009年10月2日〜3日)

 9月のある週末、
「ところで、あしたは何処行くの?」「ハイ、徳島県へ行く予定ですッ」「フ〜ん、また徳島県なんや、好きやねぇ」「いえ、決してオンナが居るとか、そーいうワケではございません」
「私も徳島県に旅行いきたいわァ」「ほにゃラ、10月、お休み取るシ、徳島県1泊旅行いこかァ」ってな会話がありまして・・・
 妻に行き先お任せで決めてもらった1泊旅行は「徳島県祖谷温泉」でありました。

091002-1.jpg091002-2.jpg 10/2、淡路島経由で鳴門大橋で徳島入りして、一般道を吉野川添いに西へ走ります。途中、美馬市脇町で「うだつの町並み」を見学です。レトロな雰囲気が泣かせますね。この辺りは藍染が特産品です。日頃、蝶撮影三昧させていただいている御礼代わりに、妻に藍染の手さげをプレゼントしました。

091002-4.jpg091002-3.jpg 夕方には祖谷温泉に到着です。妻が選んでくれた温泉宿はこんな感じで、断崖絶壁に建っておりました。

091002-5.jpg091002-6.jpg このお宿の「売り」は各部屋に源泉かけ流しの温泉風呂があることです。宿の女性が使い方を懇切丁寧に妻に説明しております。さっそく入ってみました。いやぁ〜、祖谷(いや)渓谷を眼下に眺めながらの温泉は最高ですなっ。(笑)

091002-7.jpg091002-8.jpg 夕食は、いろり端で食べる郷土料理です。あまごの塩焼き、でこまわし、あまごの造り・・・最高でしたぁ〜メインは徳島牛のしゃぶしゃぶコースです。ご当地のスダチ焼酎(写真右端に見えますやろっ)を数献に及んで完全に魂を開放です。このお宿、温泉も料理もサービスもホンマに最高でした。間違いなくリピートするでしょう。

091003-0.jpg091003-1.jpg 明けた10/3、お天気にも恵まれ、有名な観光地を散策です。
 「琵琶の滝」に「かずら橋」、なかなか壮観な眺めですね。

091003-2.jpg 例によって、散策途上、「あ〜、ちょっとここらで一休みじゃ。私は近くを歩いてきます」ってパターンで、1時間ほど探索をかけてみました。石組みには、なんとも良い感じで大量のマルバマンネングサが生えております。クロツバメシジミ、撮ったも同然です。

091003-3.jpg ところが、探せども探せども、クロツは見つかりません。結局、「そないに、紛らわしゅう飛ばんでも・・・」と思わず文句を言いたくなるようなスレたヤマトシジミに翻弄されただけでした。この辺りのマルバマンネン喰いのクロツ、観光がてらの中途半端な探索でお目にかかれるシロモノではないようでございます。
 え〜、念のために書いておきますが、今回の記事は、楽しい「家族旅行レポート」でございまして、蝶の「ヘタレ探索レポート」ではございません。(大涙)今回の家族旅行の走行距離642km。10/3夜、帰宅するやいなや、知人から「明10/4、兵庫県のクロツ探索に行きますが、ご一緒されませんか?」って電話がありまして、ふたつ返事でOKしたことは言うまでもありません。

 最後に・・・今回の記事は、ふ○み○さんの日記をかなりパクッてしまいました。ですが、その真意は、ふ○み○さんに最大の称賛を贈り、敬意を表したいがためでございます。ふ○み○さん、おめでとうございます!やりましたね!貴殿は、やっぱりkenkenが尊敬する・・・
posted by kenken(管理人) at 20:24| Comment(12) | 温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月16日

奈良県・家族温泉旅行(2008年9月14日〜15日)

 3連休、初日9/13は仕事でしたが、後半は、久々に2日続けてのお休みでした。最近、仕事がピークで帰宅も遅く、家族にも不義理なので、妻と妻の妹を連れて1泊2日の温泉旅行に行くことにしました。(本当は、2泊3日で九州にワンツ撮影に行きたかったのだが・・・)義妹の夫は同行しませんが、(前にも書いたかな)その間、のんびりと1人で翅をのばせて?それはそれで良いらしいのです。(笑)

080914o1.jpg 今回訪れたのは、奈良県山間部のひなびた温泉宿。昔懐かしい日本家屋ですな。「昭和」の香りが漂っておりました。こういう温泉宿、実は大好きなんです。

080914o2.jpg 宿に着くやいなや、温泉に直行です。本物の温泉の香りが漂う露天風呂は最高でした。泊り客も少なく、貸切状態なので、カメラを持っての入浴です。思いっきり、リフレッシュできました〜

080914o3.jpg たまにしか行かない家族旅行なので、料理はちょっと豪華に「ステーキ懐石」なんかにしてみました。これ実に美味かったです!この写真の料理のほか、素麵や地元の銘水で造った冷奴なんぞもあって、満腹じゃぁ〜♪

080914o4.jpg 地酒を注文すると出てきたのは「命水 大峰山 生酒」。このお酒、超淡麗なやや甘口で、ステーキ肉にぴったんこでした。「肉に合う、ミート(meat)にミート(meet)!」とかルー大○風に叫びながら数献に及びました。(笑)

 え〜、ところで、初日9/14、行き掛けの駄賃に(ホンマか?)宿があるのとは別の渓谷部をドライブしてみました。で、女性陣に「あ〜、君たち、ここの山の空気はとても美味しいので、ここでしばらく休憩じゃ、私はちょっと散歩してきます」とかなんとか言って、30分ほどの間でしたが、スタスタと早足で動き回り撮影です。(結局それか!とか言う声が聞こえてきそうな・・・)

080914t1.jpg ツマジロウラジャノメ紀伊半島ものの♀ですな。さすがにもう時期遅れで飛び古していますが、なんとか撮影に耐える個体に遭遇しました。褄の白がえぇもんです。

080914t3.jpg080914t2.jpg この蝶には崖がつきものですね。最も基本的な崖での開翅シーンに続けて、好みの翅表と翅裏を同時にシーンと閉翅シーンもちゃっかり押さえておきました。

080914t4.jpg ほんでもって、ラッキーなことに吸蜜シーンにも遭遇することができました。これら全て、30分ほどの時間で撮ったもので、願えり叶えりの絵でしょう。こちら、また来シーズンの撮影適期に、びっしりと縁毛の揃った羽化直の個体を狙ってみましょう。

 さて、翌9/15は、お天気も曇りのち雨とよろしくなかったので、ささっと観光した後に早めに帰路につきました。

080915s1.jpg お土産に、地酒の「猩々(しょうじょう)純米酒」をゲットです。
 これね、福井の酒造好適米「五百万石」で造られたもので、帰宅後さっそく飲んでみると、ソフトな口当たりの傑作でした。今年飲んだ日本酒の中で、3本の指に入る旨い酒です。次に訪れたときにも、間違いなくお土産にゲットしますね。

 今回の走行距離276km。楽しい家族温泉旅行でした。蝶撮影に行ったのではありません。(ホンマか?)
posted by kenken(管理人) at 20:30| Comment(28) | 温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月14日

播磨の湯・丹波の酒

 ここのところ、毎週土曜日は休日出勤している。で、たまには?またも?家族でのんびりしようと代休を取って温泉で疲れを癒すことに。2時間ほどのんびりドライブして訪れたのは兵庫県小野市の白雲谷温泉。この温泉、撮影行で何度も近くを通っていて、以前から存在を知っていたのだが、訪れるのは今回が初めてだ。

061114-1.JPG 入浴料は\600。温泉施設は山間部の池のほとりに建っていて、脱衣場から露天風呂が見えている。今日の男湯の露天風呂には「寝湯」と「ジャグジー」とがあった。空いているので、やはり温泉訪問は平日にかぎるなぁ。さっそく携帯電話を取り出して撮影。今日はカメラは使わずに、全ての画像を携帯電話でまかなってみよう。

061114-2.JPG 上の写真で見えていた露天風呂の「寝湯」で実際に寝ながら撮影したのがこの1枚。湯船の底に傾きがあって、いつまでも湯に浸かりながら寝ていることができて快適だ。写っているのは私の足。周囲は落葉広葉樹林でシーズンにはZephyrusも飛ぶだろう。まだ紅葉にはやや早い。

061114-3.JPG 温泉施設入口には温泉スタンドがあって、平日は無料で利用できる。事前に知っていたので、ポリタンクを持参し温泉を持ち帰り、明日も我が家で温泉だ。この温泉、温泉基準の10倍以上の濃度があって、薄めても充分効能があるとのこと。

061114-4.JPG 寒くなってくると日本酒を飲みたくなる。帰路途上、丹波の地酒「秀月」の蔵元に立ち寄り、辛口本醸造を購入。この酒、数年前にマイHPの旧「日記蝶」で紹介済みでだが、やや辛ロで超淡麗な一品。どんな飲み方でも旨いが、私は燗で飲るのが好み。本当にスッキリした口当たりで、料理の味をひき立たせてくれる。鍋やおでんに持ってこいだ。
日本酒度+2、精米歩合60%(山田錦・五百万石)、アルコール度数15.5

 今回、カテゴリーに「温泉」を追加。(^^;
 本日の画像は全て携帯電話で撮ってみたもの。
 あぁ、またしても蝶とは関係のない話題を書いてしまった・・・
posted by kenken(管理人) at 22:00| Comment(18) | 温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする