2016年06月19日

オレンジと白斑の表現〜探索 in 兵庫県(2016年6月6日&11日)

 「すっ飛ばして」おりました6月6日と6月11日の記事でございます。
◆まず6月6日、「代休」というカードを切って兵庫県を訪れておりました。

160606_040.jpgsikiri160.jpg160606_034.jpgsikiri160.jpg オレンジといってもクモツキではありませずウラギンスジヒョウモンでございます。この日は♂のみの観察/撮影でしたが、完成度の高い画像が得られました。背景に写り込むアザミの雰囲気も良く、ゆとりのある時に出現する縦位置画像でございます。(笑)

160606_054.jpgshikiri105.jpg 本種を撮影する際、その特徴である前翅裏の白斑列を表現したいものです。上右の画像では、翅表と共に上手く写し込めました。吸蜜中の閉じた瞬間もフラットに表現できました。

◆ここからは6月11日の記事でございます。

160611_089.jpgsikiri160.jpg160611_115.jpgshikiri105.jpg 6月6日は♀に出逢えなかった(未発か?)ので、「餅をついた性格で」再訪です。♀は、翅表先端の白斑を綺麗に表現したいですね。この個体は不思議なことに、アザミの花には全く興味を示さず、アカツメクサばかりで吸蜜しておりました。

 いずれの日も午前中早めにウラギンスジヒョウモンの撮影は切り上げ、引き続き、兵庫県南部で夕刻までキマリンの探索、最後はテリ待ちというパターンで、実はこちらがメインの行動でございました。

160611_154.jpgshikiri105.jpg 探索中、たつの市での1シーン。ネズミモチの良い匂いに誘われてキマリン吸蜜きていないかとチェックしておりましたら・・・ん?!こいつ Thymelicus やんかっ、こんなところにいてるんや・・・

160611_150.jpgshikiri105.jpg 兵庫県で Thymelicus 撮るの初めてで、いと嬉しゅうございます。ヘリチャのようですね。なんで突然たつの市?・・・なんて声が聞こえてきそうですが、実はこの地は管理人のルーツなのでございます。

◆ところで、2日共にキマリンはどうだったの?との突っ込みが入りそうですが、「両日共に観察/撮影した」とテキストだけ書かせていただきますね。
posted by kenken(管理人) at 21:10| Comment(8) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月15日

瑠璃色の魅力(その3)(2016年6月12日)

 My Favoriteな某サイト・・・最近、いくつか動画がUPされておりましたが、ここのところ某蝶の記事をテキストのみで連打したりとか、なかなか良い刺激を賜っております。
 さて、シリーズものの「瑠璃色の魅力(その3)」ということで、6月6日と6月11日の記事はすっ飛ばして、6月12日の記事でございます。で、たまには私も・・・と動画なんぞも撮ってみました。

 1つ前の記事の6月5日、ピーカンのお天気で色表現に悩まされたので、満を持して、「午前中は曇り、午後から雨」と確実にお天気崩れる予報の6月12日に京都市内の瑠璃色撮影にお出かけしてきました。

160612_12.jpgshikiri105.jpg 京都市内各地のキマリン、まさに最盛期で♀のピークのようです。♀ばかり結構な数を目視で発見しました。尾突四白と黒条中の銀線にこだわって表現です。やはり曇り空ですと発色が良いですなぁ〜

 上の静止画像は簡単に撮っているように見えますが、実は、強風による尾状突起のたなびきや翅の擦り合わせ行動に、意外と苦心させられておるんですわ。ん?どんな感じかって・・・短時間ですが動画をご覧くださいな。カラスの鳴き声が響くので、音量にはご注意あれ。(笑)

160612_48.jpgshikiri105.jpg 大半の♂はスレ、欠け個体でしたが、雨がぱらつき出した中、ようやく新鮮な♂に出逢えたので、雨が強くなるのが先か/開翅が先か、開翅待ち心中することにしたところ、見事に開いてくれました。

160612_63.jpgshikiri105.jpg 申し分のない新鮮な個体の安定した広い葉上での開翅、尾突四白のたなびき具合も最高でございます。上の画像にはない雨粒が丸い水滴となって翅表や体毛上に乗っているところが良いアクセントですな。

 翅を開く瞬間、閉じている翅先端に黒い条が入ったように見えて、その後、じわぁ〜っと一定の速度で開き、翅表の瑠璃色を披露してくれます。まさに「至福の時」ですが、音声の雨音からもお分かりのように、この後、結構な雨になって開かなくなり、そそくさと撤収いたしました。
 
posted by kenken(管理人) at 20:55| Comment(6) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月13日

瑠璃色の魅力(その2)(2016年6月5日)

 この日は午前中が雨だったので、ゆっくり休養しながら写真整理して、2つ前の記事なんぞ書いておりました。妻な人が「焼肉食べたい!焼肉!焼肉!」と仰せられるので、夕食は焼肉の外食に決定し、午後遅めから近場・京都市内の瑠璃色撮影にお出かけしました。

160605_07.jpgshikiri105.jpg 探索していると、瑠璃色は瑠璃色でもルリシジミの♀が綺麗な開翅を披露してくれたので大切に撮影しました。マイ好みの「翅表と翅裏を同時に」のアングル。ウラゴマにも勝るとも劣らないえぇ蝶だと思います。

160605_10.jpgshikiri105.jpg どんなもんです!今シーズンのキマリン、「初球」は尾突四白の♀を目視で発見でございます。テリ時刻直前に茂みの中から這い出てきたようで、まだ「ゆるキマ」状態なので、広角画像から撮影です。

160605_25.jpgsikiri160.jpg 青空を背景にマクロ画像も撮影です。尾突四白と黒条中の銀線の表現に苦心させられます。風でたなびく尾突が綺麗に4本とも見える画像がなんとか得られました。はい、例によって縦位置画像が出るのはゆとりのある撮影の賜物でございますよ。午前中は雨からいい感じの明るい曇りだったのですが、夕刻になってお天気回復し過ぎ・・・

160605_34.jpgshikiri105.jpg ようやく♂のテリタイムに突入。♂の初球も尾突四白でございましたが、西日で写真の発色イマイチですなぁ〜葉もてかってるし・・・雲一つないピーカンで、こればかりはどうしようもありません。

160605_33.jpgshikiri105.jpg 真横から射すくらいまで陽が西に傾いてもまだこんな感じで、写真の発色の悪さ、打つ手がありません。そんなところで開翅せんといてほしいなぁ〜葉の影が入ってるし・・・また曇りの日に出直しましょう。

160605_44.jpgshikiri105.jpg テリタイム終了後、急いでお家に帰って妻な人を積んで約束の焼肉へ。この日は10年ぶりくらいかな、N山を攻めてみました。こちらの「初球」は、もちろんタン塩からでございます。美味しゅうございました。
posted by kenken(管理人) at 20:46| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月09日

瑠璃色の魅力(その1)(2016年6月4日)

160604_16.jpgshikiri105.jpg 1年に1日だけチャレンジするクロミドリシジミの翅表狙い。う〜ん、♂を目撃するも飛び去ってしまい、残ったのは♀。新鮮な個体なので、翅裏ですが大切に撮影しておきました。

160604_5381.jpgshikiri105.jpg こんな環境。陽が当たるまで待てば開翅するのでしょうが、♀の翅表は何度も撮っているので広角写真で切り上げて、ウラナミジャノメの探索に赴くも全く出逢えず。未発か不作か微妙なところ。<愛知県>

 さて、どうしましょう。この日は、午後には西のほうから雨との天気予報。瑠璃色に魅かれて、愛知から京都or兵庫狙いで黄金の引け足の大移動を決意。結局、お天気持ったので、京都は素通りして兵庫まで来てしまいました。

160604_29.jpgshikiri105.jpg 明るい曇り〜若干の小雨なるも、蝶は十分に活動しておりました。う〜ん、テリ張っていたのは、瑠璃色は瑠璃色でもルリタテハ。ん、でも、こいつえぇ蝶ですねぇ〜大切に撮影しておきました。

160604_09.jpgshikiri105.jpg 足元を何やら飛ぶんので見てみたら、ウラナミジャノメではありませんか。愛知のかたきを兵庫で討つ?そんなことではありませんが、こちらも大切に撮影しておきました。<兵庫県>

 翌6月5日は穏健に、既に発生の一報のある地元・京都の瑠璃色にいたしましょう。ちらっとタイトルバックにも予告編的画像を載せておきます。
posted by kenken(管理人) at 19:55| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月05日

蝶と食樹(黒梅擬に紅紋烏小灰)(2016年5月29日)

 本日6/5(日)は久しぶりに雨の日曜日。やや気温も低いですね。午前中は完全休養でブログ更新なんぞしております。
 「梅にウグイス」「紅葉に鹿」・・・ことわざ辞書でひくと「取り合わせのよい二つのもの、よく似合って調和する二つのもののたとえ」などと載っておりますが、蝶も食樹(食草)と一緒に写し込むとしっくりきます。さて、前回記事の続きでございます。

160529_50.jpgshikiri105.jpg クロウメモドキでテリを張る♂。この日は夕方近くまでピーカンで、撮影条件的には直射日光に苦しめられましたが、背景が黒くなる位置に静止してくれたので食樹と蝶だけを表現できました。

160529_59.jpgshikiri105.jpg すぐ近くで♂がテリ張るクロウメモドキに産卵に訪れたノーマルタイプの♀。終日観察するも、不思議なことに、♂と♀のからみは全く見られませんでした。♂のテリって、♀との出会いのためではないのかな。

160529_83.jpgsikiri160.jpg160529_95.jpgsikiri160.jpg 同じく産卵に訪れた紋流れタイプの♀。産卵位置を探してか、葉上を歩いて回転してくれたので容易く左右両翅裏が撮れました。左翅裏画像を精査比較したところ、1つ前の記事で活動開始時の日光浴を撮影した♀でした。クロウメモドキの実が良いアクセントです。縦位置画像は花札を意識して?(笑)

 ♂と♀の出会い、追飛、求愛、交尾はいつ、どこで?絵になる吸蜜写真も撮りたいな・・・なんて疑問や思いが湧いてまいりました。来シーズン以降の課題といたしましょう。
posted by kenken(管理人) at 08:50| Comment(6) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月02日

活動開始時の紅紋烏小灰(2016年5月29日)

 狙いの時刻に撮影地に到着し、探索を始めるやいなや、目視で傾斜日光浴中の個体を発見し撮影・・・こんなことが可能なのは、これまでに撮影仲間と積み上げてきた気が遠くなるような探索のおかげ。写真には残らない探索とNULLデータの積み上げといった見えないところに本当の価値がある・・・改めて、撮影仲間に最大の敬意を表します。

160529_05.jpgshikiri105.jpg この個体、下草の葉上に僅かに残る朝露に口吻を伸ばしておりました。数時間後にこの個体の産卵行動を観察・撮影することになるのですが、この場面では、それは単なる「期待」に過ぎないわけで・・・

160529_11.jpgsikiri160.jpg160529_07.jpgsikiri160.jpg 日光浴で少し体が温まったのか、近くの下草の葉上へ飛び移りました。そのまま直射日光下で撮ったのが左画像、自分の体で影をつくりながら柔らかくストロボを焚いて撮ったのが右画像でございます。どちらの色表現が良いのだろう・・・

 やがて完全に体が温まったようで樹上へと飛び去りました。<静岡県>
posted by kenken(管理人) at 17:20| Comment(6) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月31日

オレンジ症候群(2016年5月21日)

 5月になると「オレンジ症候群」なる病を発症する方がおられると聞きます・・・症状は、妄想したり、夜明けにオレンジの夢を見たりとか・・・治療はいたって簡単で、信越・北陸方面にお出かけしてオレンジを見ると治るとのこと。但し、治療の効果は1年でなくなるらしい。(笑)
 さて、10日ほど前の記事で失礼します。5月15日に見に行ったオレンジがいまひとつ鮮度が良くなかったので、結局、5月21日に再度、オレンジの雨に濡れに行ってまいりました。管理人も軽度の「オレンジ症候群」を患っているのかもしれません。

160521_06t.jpgsikiri160.jpg160521_06y.jpgshikiri105.jpg 頑張って林道を登り、1つ前の記事の訪問地よりは300mほど標高を上げたところ、うん、さすがに鮮度良好で、縁毛ふかふかのオレンジに遭遇できました♪
 オレンジの表現も大切ですが、この日は意識して、ややトップライト気味で純白の表現にこだわった写真を撮ってみました。やはり吸蜜はハタザオが良いですね。スミレは周囲がごちゃついていけません。背景をぼかしながらも、岩、樹木、水流の表現ができた納得のいく画像が得られ、今シーズンのオレンジはこれで終了でございます。
posted by kenken(管理人) at 19:45| Comment(6) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月22日

オレンジの雨(2016年5月15日)

 1つ前の記事、すなわち5月15日の記事の続編でございます。

160515_006.jpgshikiri105.jpg この日の「初球画像」はこれ。いつものことですが、サカハチチョウはオレンジよりも若干活動開始時刻が早いように感じます。最近、近場では鹿害で見なくなってきておりますので大切に撮影しておきました。

160515_017.jpgsikiri160.jpg サカハチチョウを撮り始めてしばらくすると足元でオレンジが飛び始めました。いきなり気温が高くなり、なかなか止まりませんが、時折、吸蜜に訪れてくれます。食草のハタザオでの吸蜜、私好みの撮り方「翅表と翅裏を同時に」で、左翅表のオレンジと右後翅裏の唐草模様を余すところなく全て表現できたお気に入りの1枚でございます。

160515_046.jpgshikiri105.jpg この日は少なくとも2頭の♀がおりました。1つ前の記事と同様に、こちらもオールグリーンの背景で撮れた1枚でございます。♀がいれば、待っていると必ず♂が現れるわけで、この♀は交尾拒否でしたが、

160515_038.jpgshikiri105.jpg もう1頭の♀が交尾成立となりました。やらせなしの画像で、こんな撮り易いところにとまってくれたので大切に撮影させていただきました。♀は完全にぶらさがり状態ですね。

160515_077.jpg shikiri105.jpg160515_070.jpgshikiri105.jpg 交尾中のペアに別♂がからみます。普段は飛翔写真はやらないのですが、貴重なシーンなので、やや遠めから撮らせていただきました。
 オレンジの雨の中 濡れてる♪
 2人なら 火遊びと言われていい♪

・・・帰路の車中、思わずそんな懐メロを口ずさんでおりました。
「2人」って?はい、もちろん師匠と私でございますよ。
posted by kenken(管理人) at 17:25| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月18日

オレンジ日帰りスクランブル(2016年5月15日)

 5月14日(土)は休日出勤し、深夜の帰宅でございました。
 「御社が第一志望です!」なんて・・・新卒採用学生さん用語辞典で翻訳すると「はじめまして。こんにちは!」という単なる挨拶言葉と同義語なんですね・・・疲れますわ・・・
 クタクタになって帰宅してPCを開くと師匠からのメールがっ!数時間の仮眠の後、数年ぶりにオレンジ日帰りスクランブルをかけることにしました。体の疲れは休めば回復するのですが、心の疲れはリフレッシュが必要ですしね。

160515_007.jpgshikiri105.jpg 午前中はピーカンで気温高く、「初球」はキイチゴ属?での吸蜜。そんな撮り難い茂みの中で吸蜜せんといてほしいな・・・この植物での吸蜜見るのは初めてで、どなたか植物の同定をお願いします。

160515_076.jpgsikiri160.jpg160515_081.jpgshikiri105.jpg 午後になって時々雲が出るようになり、ハタザオでの吸蜜です。陽がかげって発色は良いのですが、ハタザオにとまると揺れる&垂れるで撮り難い・・・それでも何枚かは鑑賞に堪える画像がありました。ハタザオの自生する環境、どうしてもガレ場で岩っぽい無機質な背景になりますね。

160515_110.jpgshikiri105.jpg 蝶道にあるスミレに定期的に訪れて吸蜜しておりました。スミレ吸蜜は意外と撮り易いのですが、背景がベタでごちゃつくのが難点です。逆に、ガレ場に咲いてるスミレって雰囲気が出て良いのかな。

160515_072.jpgshikiri105.jpg この日の最もお気に入りの画像がこれ。背景がオールグリーンで撮れたのは初めてで、緑、白、オレンジの3色だと、こんなにもオレンジが映えるんや・・・翅裏の唐草模様も涙ちょちょぎれてえぇもんです。過去に1度だけ経験のあるオールグリーン(麻雀)和了と同じ手応えかな。(笑)

160515ms.jpgshikiri105.jpg 行先にちなんで、お土産もオレンジ色で定番のこれにしました。条例による採集禁止地域なので、もちろん採集者には出会わず、また、撮影者にも出会わず。オレンジに癒されてリフレッシュできた1日。
 最後にひとこと。師匠!ごっちゃんでした!
posted by kenken(管理人) at 21:12| Comment(10) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月10日

Graphiumと戯れる(2016年5月5日)

 先日(5月3日)三重県探索したことの顔を立てて三重県再訪でございます。
 満開のトベラの花をバックにミカドアゲハを撮りたいなと数年前から狙っておりまして、昨シーズンとは違う新ポイントで粘ってみました。

160505_05.jpgshikiri105.jpg イメージ的にはなかなかえぇ線いってるんですが証拠写真どまり・・・ちと気温が高過ぎて撮影には不向きな1日でしたね。ここに吸蜜に訪れることが分かったので、来シーズン以降の宿題といたしましょう。

160505_12.jpgshikiri105.jpg こちらは羽化直の個体でしょうか。珍しく葉上にしばらく静止しておりましたので翅裏をじっくり撮りました。茂みの中に静止しておりまして翅裏全体は表現できませんでしたが赤斑が綺麗です。

 さて、午後になって・・・

160505_24.jpgshikiri105.jpg アスファルトの路上に口吻を伸ばすアオスジアゲハにレンズを向けてみると、ちらりと覗き見えたエサキ斑!こうなると、ミカドアゲハそっちのけでアオスジアゲハの追跡でございます。

160505_30.jpgshikiri105.jpg すばしっこいアオスジの翅表を撮るのは至難の業でございますが、ひたすら追跡していると、一瞬、蔓性植物の花で吸蜜し、なんとか翅表を上手く捉えることができました。

 ↑この個体、前翅中室のエサキ斑が3つに分離しておりまして、斑紋形成を考察するに非常に貴重な例だと考えております。私ね、これまで、エサキ斑は基本的には2つの青斑が発達融合して発現するものだと、過去の例(変異・異常型図鑑《アオスジアゲハ》参照)から考えておったのですが、3つの青斑が発現の源であると、考えを改めさせられました。これはきちんと紙媒体にも記録として報告しとかなあかんな・・・

 気がつくと、だいぶ日も傾いてきました。後はナガシと戯れて、伊勢うどんを買って帰ることにいたしましょう。
posted by kenken(管理人) at 20:10| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする