2017年06月29日

今シーズン2例目の異常型(2017年6月24日)

 ここ数年、撮影に出ると年に数回、異常型に遭遇する機会に恵まれております。今シーズンは春先にツマキチョウの異常型(同列転換)に遭遇しましたが、今回は今シーズン2例目でございます。

170624_252.jpgsikiri160.jpg シジミチョウ科の蝶に散見される異常型で、後翅裏の黒斑が流れたようになっております。そう言うと、昨年も同じような黒斑流れのヒメシジミに出逢ったなぁ〜なんて思い出しながら撮影しておりました。
 しかしながら、賢明な読者の皆さんはお分りのとおり、この個体、ヒメシジミではないんですよね。

170624_253.jpgsikiri160.jpg 「ヒメシジミではない」ことがお分りいただけますよう、同じカメラアングルでの開翅時の1枚を追加しておきましょう。
 久しぶりに書きますが、マイ好みの「翅表と翅裏を同時に表現した」1枚でございまして、翅裏の紋流れもきちんと描写すべく、弱ぁ〜くストロボ焚いております。この日の長野県は、明るい曇りの撮影日和で、とても良い発色でございます。

170624_250.jpgsikiri160.jpg 同一個体の翅表のブルーを余すところなく表現できた1枚がこれ。はい、縦位置写真なのは、これまた書きますが、心のゆとりの現れでございます。EF100mm F2.8 MACROを装着したEOS80D の描写力は素晴らしいものです。

 ところで、2016年4月25日から長野県告示第278号で「長野県希少動植物保護条例」の対象種となったアサマシジミは、長野県全域で採集禁止になったのですが、まだあまり周知されていないのかな?知らずに採集に訪れた方に出逢ったら教えてあげましょう。
posted by kenken(管理人) at 00:15| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月26日

「副産物」の楽しみ(2017年6月18日)

 Favoniusの中では、こいつのサファイヤ色の翅表が特に好みなんです。6月18日、真面目に翅表を表現しようとウラジロミドリシジミを撮りに行きました。前日はピーカンのお天気だったので敢えてパスして、曇りの日曜日に満を持しての訪問でございます。

170618_16.jpgshikiri105.jpg 最盛期のようで、意外とすんなり複数の♂♀を叩き出せました。じっくり待っておりますと開いてくれまして、今シーズン開幕から導入のTamron18-300mmレンズの広角側での表現でございます。
 マクロな画像、しこたまえぇのが撮れたのですが、以前にちらっとタイトル画像でお見せした(もう変わってます)ものにとどめておいて、この記事では敢えて広角画像のみUPでございます。

 実はこの日、最も嬉しかったのは「副産物」のミズイロオナガシジミ。たまたまウラジロと近い位置に叩き出された個体が、ウラジロの開翅後、10数分遅れで開きました。

170618_66.jpgshikiri105.jpg 1点のキズもないその翅表は、独特の美しさがございます。マクロ画像では、後翅表の白斑を強調してしこたま撮りましたが、こちらも敢えて封印して広角画像のみのUPでございます。

 滋賀県までお出かけしたこの日、帰路は同県内で数ヶ所のキマリン撮影ポイント候補地を探索したのですが、途中で・・・曇りで絶好のテリ日和やし、新しいピカピカの個体が出てきて下草でテリ張ってるんちゃうか!・・・というような妄想にかられましてね、夕刻には餅をついて前日(1つ前の記事)の京都市内のキマリン撮影ポイントに佇んでおりました。

170618_195.jpgshikiri105.jpg 結果は、曇りなので若干テリ時間帯は変わったものの、前日と全く同じ個体が、さらにスレ度を増して、同じ下草でテリ張りました。う〜ん、これやったら滋賀県で心中覚悟でテリ待ちするんやった・・・
posted by kenken(管理人) at 06:10| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月20日

撮影ポイントの開発(2017年6月15日&17日)

 京都市内に住んでおりますと、キマを毎日撮れ!と言われれば、それは十分可能かなとは思うのですが、キマの翅表を見下ろすように撮れ!と言われると、なかなか難しゅうございます。新たな撮影ポイントの開発のお話しです。
 6月15日の午後、お仕事をナニしまして、京都市内、きっとここでテリ張るはずと思しきポイントへ赴きました。

170615_08.jpgshikiri105.jpg こんな「キマ」がテリ張りました。抜群の鮮度ですね。その美しさを忠実に表現しようと、大切に撮影いたしました。この日はピーカンなるも湿度の低いからっとした、西日の強いお天気でございました。

170615_17.jpgshikiri105.jpg やがて西日も衰え始め、いよいよかと待っておりますと、こんな「ツバメ」が現れて開翅しました。抜群の鮮度ですね。その美しさを忠実に表現しようと、大切に撮影いたしました。

 結局、この日は何事も起らず、いわゆる「テリ待ち心中」に終わったのですが、そのワクワク感はたまらなく良いものでございます。

 ここはおらん?おってもテリ張らん場所?お天気良過ぎのいわゆる「鬼日」でテリなし?まさかのフライング?・・・結論が出せませんな・・・なので、2日後の6月17日、ふ●み●さんの「餅をついたような性格」をリスペクトして再訪いたしました。
 この日は、やや薄雲のあるお天気。到着するやいなや、結論が出ました。

170617_04.jpgshikiri105.jpg 個体の鮮度から推定するに発生後、数日経過。従って、先日の結論は、「『鬼日』でテリなし」でございます。今シーズンは開発が遅きに失したようで、また来シーズン以降の楽しみといたしましょう。
posted by kenken(管理人) at 06:23| Comment(6) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月12日

尾突四白2017(2017年6月10日)

 おかげさまでお仕事が超繁盛しておりまして、土・日を撮影にあてていると、ブログ更新する間がございません。ようやく本日、ちとゆとりができたので、今シーズンの初キマ画像をUPしておきましょう。
 この日、New撮影ポイント探索するも不発、ひょっとしたらフライング?に終わり、残り少ないテリタイムに京都市内の既知ポイントを訪れて、とりあえずの今年の初キマ画像をゲットでございます。

170610_01.jpgshikiri105.jpg うん、初球は見事に「尾突四白」でよろしゅうございました。この日、結構風がありましてね、尾突4本が綺麗に風に流れている画像って、実は撮るの結構難しいんですわ。

170610_02.jpgshikiri105.jpg ぎりぎりテリタイムなので、風が止むと開いてくれました。お気に入りの翅表と翅裏を同時に写し込んだ画像でございます。残念ながら、この後すぐに別個体と卍飛翔になりましてね、どこかへ消えてしまいました。

 今年は若干発生が遅めと睨んでおりましたが、どうなんでしょうね。

170610_03.jpgsikiri160.jpg 上の画像の個体を撮影後に遭遇した複数個体は、予想外にいずれも大破な♂。とは言っても、この個体なんかはバード・アタックを受けての大破なご様子で、上の画像の個体と比較すると縁毛なんかはびっしり揃っていて、発生したてのようですね。ちぎれているので不明ですが、短尾な香りが漂っている個体でございますな。

 お決まり画像も得られたので、この後はひたすらNew撮影ポイントの開発に勤しんでおります。
posted by kenken(管理人) at 19:40| Comment(6) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月29日

オレンジの季節(2017年5月27日)

 2〜3の遠征記事をすっ飛ばして、5月27日のお話しです。オレンジの季節、とは言うものの・・・北へ行こうか、南へ行こうか・・・この日は妻な人が「たまには同行いたす」と仰せでございまして、それではと三重県で南のオレンジにいたしました。

170527_121525.jpgsikiri160.jpg 4月に入手した TAMRON 16-300mm VC MACRO レンズの性能チェックも兼ねて、まずは100mmで撮影。このズーム域だと絞り値は開放でF5.6。いろんな収差はあるものの、ウバメガシとピーカンのお天気それぞれの雰囲気が表現できてお気に入りの画像です。縦位置画像なのは心のゆとりのなせる業?

170527_110515.jpgshikiri105.jpgshikiri105.jpg 上の画像を得た同じカメラとレンズの組み合わせで22mm、F11に絞って撮影。実は16mmまで戻ったつもりがリングを回し切れていませんでした。(汗)水平線を水平に撮るのはとても難しゅうございます。

170527_35.jpgsikiri160.jpg 定番の300mm F4 IS レンズ装着のカメラに持ち替えて撮影。さすがに単焦点レンズだけあって、キレのある画像です。尾状突起が風で綺麗に流れて「二白平行」、手前のボケから奥のボケまで被写体の蝶以外はオール食樹のウバメガシというイメージどおりの画像も得られたので、ちゃっちゃと撮影切り上げて、オレンジの飛翔を見ながらお弁当で昼食。

 午後からは美術館、温泉と巡って帰路に。この日の走行距離360Km。北のオレンジに行っていたら結果はどうだったのだろう?今年は不作気味と伝え聞いておりますが。
posted by kenken(管理人) at 23:02| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月13日

早春物語(Part1)(2017年5月7日)

 「2年ぶりの白馬(2017年5月5日 編)」は先送りして、5月7日の撮影行について書いておきましょう。 この日は、早春の蝶たちの撮影を狙って滋賀県の山中で探索行動を取っておりました。

170507_20.jpgsikiri160.jpg 折しもツマキチョウが最盛期で各地でカメラを向けておりました。個人的にはクモマツマキチョウよりも好みの種で、東アジア特産種で世界的にはこちらのほうが稀少な種であり、懐かしのプロレスラー・ブッチャーさんのリングシューズのような翅形がたまらなく好みなのでございます。まずはタンポポで吸蜜する♀から。

170507_65.jpgsikiri160.jpg170507_58.jpgshikiri105.jpg 続けて、ムラサキケマンで吸蜜する♂。本種はなかなか敏捷で、吸蜜シーンの撮影も難しいんですわ・・・右の写真の拡大画像を確認して気づいたのですが、この個体は異常型のようでございます。一瞬、花粉か?と思ったのですが・・・

170507_68.jpgsikiri160.jpg よ〜く見るとこの個体、左後翅表にオレンジの鱗粉が乗っておるんですわ・・・ん〜っと、なんて言うんでしたっけ「同列転換」? お詳しい方、是非、コメントくださいな。拡大画像はこちらでございます。 昨シーズンは5月5日にアオスジアゲハの異常型を撮影したのですが、今シーズンも異常型を引くパワーがあるようで嬉しゅうございます。

 ところで、このツマキチョウの撮影地点について補足しておきますと、以前に鳥屋さんに擬態して初遭遇した某氏が先日お車を駐車された地点近くで、この先、林道を進んでいくと橋が崩落しているとのことでございます。
posted by kenken(管理人) at 23:55| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月08日

2年ぶりの白馬(2017年5月4日 編)

 車中泊して明けた5月4日は、ヒメギフチョウ撮影からスタートです。
 ピーカンの良い天気で一気に気温が上がり、午前中早めから飛び始め、活動開始時の吸蜜行動は一瞬しかありませんでした。

170504_040.jpgshikiri105.jpg その一瞬の吸蜜シーン、なんとか画像をゲット!吸蜜しているカタクリの花の鮮度はそこそこ良いのですが、左側に萎れたカタクリの花が写り込んでいるのがイマイチ・・・ですが、これはしょうがないでしょう。

170504_040s.jpgsikiri160.jpg ちなみに、同じ画像を3:4比の縦位置トリミングしてみるとこんな絵になりますが、これは反則技?(笑) しかし、トリミングでは補えない失敗が1つ・・・実はこのシーンを撮影するまでにルリタテハを追跡してまして、ストロボのスイッチ切っておりましてね、そのまま撮影してしまったんですわ・・・なので、カタクリの花の影で頭部が暗いんです。(涙)

 その後、ヒメギフさんはひたすら飛翔継続で吸蜜の気配がございません。

170504_065.jpgsikiri160.jpg170504_075.jpgsikiri160.jpg やがて、朝一から追跡していたルリタテハがキブシで吸蜜。テカらないように、ストロボ焚かずの撮影ですが、それでも直射日光でテカり気味・・・同時吸蜜のシータテハ共々、ノーマルなお顔であることを確認して安心?したので、ヒメギフの撮影ポイントを離脱することにいたしました。

 その後、ギフチョウの撮影ポイントを何ヶ所か回りましたが、羽化直で翅を乾かしている♂に遭遇するなど、発生初期のようでございます。

170504_088.jpgsikiri160.jpg 昼食にざる蕎麦を購入し、前日にお掃除しておいたカタクリ群落前で食べながらギフチョウの飛来を待つことにいたしました。こちらもほんの一瞬ですが、吸蜜に訪れてくれました。朝のヒメギフ撮影時の反省点を活かして「日中ハイスピードシンクロ」でストロボ焚いて撮影すると、頭部も綺麗に描写できた雰囲気のあるカタクリ吸蜜「定番写真」が撮れました。

 翌日もお天気もちそうなので、もう1泊することにいたしました。<続く>
posted by kenken(管理人) at 22:30| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月06日

2年ぶりの白馬(2017年5月3日 編)

 3月の低温と現地の雪解け情報に鑑みて、4月29〜30日のG.W.前半の撮影遠征は敢えてスルーして、地元・京都で開催中の「ウルトラセブン放送開始50周年記念展〜モロボシ・ダンの名を借りて〜」なんぞ行っておりました。
 満を持して、5月3日から長野県白馬村を2年ぶりの訪問でございます。

170503_006.jpgsikiri160.jpg ギフチョウさんの撮影ポイントのカタクリは満開。早朝から花の周囲をお掃除して飛来を待っておりますと、活動開始前吸蜜に♂がやってまいりました。今シーズンの「初球」は新鮮なるも、残念ながらノーマルタイプでございます。う〜ん、なんでお掃除していないササの茂みのカタクリで吸蜜するかな・・・とりあえずの証拠写真でございますよ。

170503_019.jpgshikiri105.jpg カタクリ群落横のキクザキイチゲにも興味を示しますが、蜜が少ないのかお口に合わないのか、いつものことながら、ほとんど口吻を伸ばさず、「吸蜜」というよりは「訪花」ですな。「お顔」をよく見ると、「初球」とは違う個体でございます。

 まだ発生初期なのか?はたまた不作なのか?個体数が増えないので、ヒメギフチョウ撮影に狙いを切り替えてポイントを移動いたしました。

170503_028.jpgsikiri160.jpg ヒメギフチョウさんの撮影ポイント、待っていてもさっぱり飛来いたしません。ところが、ふと見ると、眼の前の下草に羽化したての個体が翅を伸ばしているではありませんか!これまた証拠写真ですが、大切に撮影しておきました。
 初日5月3日はこんなところでタイムアップ。2年ぶりの白馬訪問、往路途上のラーメン店は○ブン○レブンに変わっておりますし、現地でいつも入っていた温泉は閉館しているし、時の流れを感じますなぁ〜

 車中泊して翌日5月4日は、ヒメギフチョウ狙いからスタートすることにいたしました。<続く>
posted by kenken(管理人) at 20:05| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月23日

ギフチョウ in 奈良県(2017年4月22日)

 まだ蝶採集をやっていた学生時代に訪れて以来、30数年ぶりかな、奈良県のギフチョウ生息地を訪れてみました。ここは地元の方々による保全活動が熱心に行われていて、最近、条例で採集禁止になったとのこと。
 何の事前情報も持たずに現地訪問しましたが、直ぐに「初球」に遭遇。

170422_01.jpgshikiri105.jpg そのシーズン最初のギフチョウは、カメラの写り具合のチェックも兼ねて、証拠写真から入ります。今シーズンは3月の低温で発生時期が読み難いのでどんな感じか・・・最盛期のようですね、ちょいスレの♂。

 その後、撮影適地を探索し、カタクリでの吸蜜シーンを撮影するならココかなって場所で待っていると、思惑どおり次々とやって来てくれました。

170422_22.jpgshikiri105.jpg その中から新鮮な個体を選んでの撮影です。その年の最初のギフチョウ、分かってはおりますが、ついつい気合が入って被写体に近づき過ぎですな・・・もっと遠めからカタクリ全体を描写せんとあきません。

170422_25.jpgsikiri160.jpg 今シーズンから実戦投入している TAMRON 16-300mm のワイド端で縦位置広角撮影。背景のくっきりさがいまいちなのは、レンズのせいではなくてカメラの絞りの設定ミス。ズームレンズに不慣れなもんで、マクロ撮影向けの設定のままで撮ってしまいました・・・(汗)それでも、そこそこ使える画像なのでUpさせていただきました。

170422_42.jpgsikiri160.jpg 午後になって、入り過ぎていた気合も抜けて、イメージどおりの画像が得られるようになりました。この個体、左前翅端が羽化不全気味なので、右翅を強調して撮っております。カタクリにしっかり掴まって吸蜜しているのが分かりますね。自然界では今は亡き和歌山の個体群につながる面影の紀伊半島らしいお顔のギフチョウと感じるのは私だけかな?

 当地のギフチョウ、今シーズンはやや時期遅れなので、撮影は早めに切り上げて、来シーズンの再訪に備えてじっくり撮影ポイントを探索いたしました。

 車を使っての撮影遠征、実はいろんなルーチンがあるのですが、約6ヶ月ぶりの撮影行で首尾よく思い出せました。最後もこんなふうにしめるんでしたね・・・この日の走行距離166km。
posted by kenken(管理人) at 21:28| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月16日

九州で撮影開幕(2017年4月15日)

 「4月14日(金)の大分県でのお仕事、前泊の1泊2日で行ってもらえませんか?」ってな打診いただき、二つ返事で承諾。週末なのでお仕事終えた当日も九州泊して、今シーズンの蝶撮影の開幕戦を翌4月15日に、ギフチョウではなく、ひねりを入れて九州のスギタニルリシジミで取り組むことにいたしました。

170414_0256.jpgshikiri105.jpg 4月14日は「民宿 呑むさん」泊。宿賃代わりに近所のスーパーで食材を購入させていただき、宿主と再会の一献でございます。「半額」や「40%引き」のシールが食材の美味さを倍増させてくれますね。(笑)

170414_0261.jpgsikiri160.jpg170414_0258.jpgshikiri105.jpg 一献後の〆めは久留米ラーメンにいたしました。「宿」から徒歩5分くらいのところ。久留米って、ご承知のとおり、豚こつラーメンの発祥の地なんですね。一杯500円で大変美味しゅうございます。

 さて、蝶撮影には15mm、100mm、300mmの3セットの一眼デジカメ+レンズを持参する私ですが、今回はメインのお仕事の荷物があるうえに電車移動なのでそれは無理。そこで、交通費は勤務先負担ですが自費で行った思い、交通費相当のお値段の TAMRON 16-300mm F3.5-6.3 DiU VC PZD MACRO ズームレンズを購入し、EOS80Dに装着した1セットのみ持参することにしました。

 明けた4月15日、福岡/大分県境の福岡県側の山中は、早朝は曇りで気温低いものの急速にお天気回復して気温上がるという1日でございました。スギタニルリシジとルリシジミが混飛する中から、翅表の渋さでスギタニを特定し、

170415_32.jpgshikiri105.jpg まずは静止シーンの翅裏をテレ端300mmで撮影。九州のスギタニって、こんなに翅裏が白く、斑紋も個体変異豊富で、とても翅裏だけではスギタニって同定できませんね。

170415_28.jpgshikiri105.jpg 上と同じシーンをワイド端の16mmで撮影するとこんな感じ。思った以上にクリアな絵です。ズーム全域で最短撮影距離が0.39mで、もう少し寄れたかもしれません。

170415_34.jpgshikiri105.jpg 気温上昇に伴い本格的に飛翔活動する直前に一瞬でしたが開翅シーンを披露してくれました。うん、スギタニの翅表の渋い瑠璃色はよろしいなぁ〜 300mmテレ端での撮影で、さすがに単焦点マクロレンズのキレ味には及びませんが、1本のレンズで広角とマクロのこんな両画像が得られる機動性を考慮すれば、十分に鑑賞に堪えられる画像ではないでしょうか。そんなレンズ評価でございます。

 キマリンの季節には、毎日このセット(EOS80D+TAMRON16-300mm)を携帯して通勤し、スクランブル態勢を取ろうかなと考えたりしております。

【以下、2017/4/17追記】TAMRON16-300mmは量販店で値引き交渉して税込¥54,000 < お仕事の旅費精算額は¥55,600となったので、お値段的にもぴったりの選択でございました。
posted by kenken(管理人) at 22:07| Comment(8) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする