2019年10月14日

訪花と吸蜜(その2)

 涼しくなると、翅表に青鱗がだだ乗りしたミヤマシジミ♀を見れるんじゃないかと妄想し、静岡県再訪が頭の中をよぎっておりましたところへ台風19号・・・10/12〜10/14の連休は、蝶撮影には出かけておりません。そもそも大雨特別警報の中、生息地は水没してたかも?
 折しも、2013年購入のWin7機がスタートアップ時にディスクエラーを散発するようになってきたので、来年1月のWin7サポート終了にも備え、この連休は、Win10機への更新調査、購入手配を行っておりました。第10世代のIntel Core i5って、結構速いんやろね・・・

 さて、2つ前の記事の続編&「訪花と吸蜜(その2)」ということで、9月28日、静岡県での画像について書かせていただきます。
 以下のような写真を蝶に疎い人がご覧になった場合、どうやって蝶の種名を調べるんでしょうね?「シジミチョウ科」という科名すらご存じないとすれば、図鑑を片っ端から見るのでしょうか?まあ、日本の蝶であれば、根気良く絵合わせすれば分かるのかな。

190928_025.jpgsikiri160.jpg190928_098.jpgsikiri160.jpg ミヤマシジミの「♀の訪花」及び「♂の吸蜜」画像、上の記事の「蝶」を「植物」に置き換えて・・・これは何という植物の花なのか?蝶の食草ではない植物には疎い私・・・図鑑の花と絵合わせしようとしても、植物の科名すら分からないので手掛かりが・・・

190928_065.jpgsikiri160.jpg ♀の開翅しながらの吸蜜画像でございます。よ〜く見ると、この♀は翅表に青鱗が数粒乗っておりますね。青鱗の多さは、外的な気温等によるものなのか、内的な遺伝によるものなのか、私は前者の要因の影響が大きいのではと推測しておりますが、どうなんでしょうね。
 ところで、この花の植物の種名もよく分からん・・・
posted by kenken(管理人) at 21:05| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月10日

訪花と吸蜜(その1)

 いつ、どの記事又はコメントで書いたか忘れてしまいましたが、拙ブログでは、訪花と吸蜜を厳密に書き分けるようにしております。すなわち、花蜜に対して蝶が口吻を伸ばしていれば「吸蜜」、それ以外は「訪花」と表現しているわけでございます。

190913_025.jpgsikiri160.jpg こちらは、5段階評価で鮮度4.9、白化度0のシルビアシジミ♂の「吸蜜」シーン。少し見えにくいのですが、口吻を伸ばしていることが写真から確認できます。図鑑には「葉や茎に悪臭があることから屁屎葛」とあるヘクソカズラですが、その花は、蝶には良い吸蜜源なのでございましょう。
<撮影:2019年9月13日 徳島県>

190914_049.jpgsikiri160.jpg こちらは、5段階評価で鮮度2.5、白化度4.9のシルビアシジミの♀。口吻を確認できないので「訪花」となりますが、撮影時に口吻を伸ばしていることを目視確認しており、花蜜へ潜り込もうとする蝶の仕草から「吸蜜」と表現させていただきます。食草のミヤコグサの花での吸蜜がよろしゅうございます。
<撮影:2019年9月14日 徳島県>

 上の写真のえぇとこ取りして、「鮮度4.9以上×白化度4.9以上のシルビアシジミの食草ミヤコグサの花での吸蜜写真」が理想のアウトプットイメージですが、なかなかそうはいきませんね・・・と書いて、次の四国撮影遠征の口実にしたりするのでございます。
※5段階評価の数値は、個人の感想でございます。(笑)
posted by kenken(管理人) at 08:29| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月07日

源遠流長(2019年9月28日)

 9月30日で長期的な意味でお仕事にひと区切りつきました。ほんの少しながら「源遠流長」の一助にはなったのかな・・・と言うことで、10月1日〜10月7日は「特別休暇」。蝶撮影活動はお休みして、家族旅行、お祝い会、同期会など、のんびりと過ごしておりました。
 そ〜ゆ〜歳になると昔を振り返るもんですねぇ〜・・・「私は『お城の家』ではなく『要塞みたいな家』と呼んでいたなぁ〜、とか、初めて京都でギフチョウ採集!したのは『ブタ小屋谷』の尾根だったなぁ〜」とか・・・

 さて、少し遅くなりましたが、9月28日のお話しです。最近、その生息地の衰亡が気になるミヤマシジミ。13年ぶりに静岡県に撮影に訪れ、蝶とその生息地の風景をこの眼と写真に焼き付けておきました。
190928_082.jpgshikiri35.jpg 15mm Fisheye での画像は、あまりに生息地の風景が露わで場所が特定されてしまうので、上半分カット画像で何卒ご容赦ください。

190928_090.jpgsikiri160.jpg 当日は、♂はパスして、ひたすら♀を見つけては、追跡、撮影しておりました。記録としては、☆♀の確認といったところでしょうか。上と同じシーンを100mm Macro で撮影するとこんな感じ。コマツナギに静止するシーンは特に心を込めて撮影しておきました。その他、この季節ならではの各種の花への訪花、吸蜜画像も堪能させていただき、それはまた後日に。

 お昼前には現地を離脱。13年前にはなかった新東名−伊勢湾岸−新名神経由で移動すると、ラグビー対アイルランド戦の試合開始時刻には帰宅でございます。まさか勝つとは・・・
posted by kenken(管理人) at 10:30| Comment(6) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月30日

アブノーマルを楽しむ(その5)(2019年9月14日〜15日)

 いつまで引っ張っとんねん!ってな声も聞こえてまいりますが、1つ前の記事の続きで、もう1回だけ9月15日の記事を書かせていただきます。

 日中は、避暑も兼ねて高知県の山間部を訪れましたが、暑くて暑くて・・・避暑にはなりませんでした。

190915_57.jpgsikiri160.jpg190915_32.jpgshikiri105.jpg アブノーマルなマルバマンネングサ喰いのクロツ、前日の香川県と同様に、「背景ALLマルバマンネン」で撮りました。マルバ背景のクロツ撮影は、高知<香川<徳島の順に難易度が高いと考えて、今回の経験を活かして、次の機会には、徳島県でも撮影したいなと考えております。

 夕方には徳島県の吉野川流域に戻り、シルビアのアブノーマル個体の探索再開です。メトロン星人が登場しそうな(分かる方には分かってもらえる?)紅い夕日の時間帯になって新鮮な白化型♂に出逢いました。

190915_442.jpgshikiri105.jpg 夕日の逆光側からストロボを焚いて白さが分かるように撮ってみました。5段階評価でいくと「白化度4」といったところでしょうか。うん、やっぱり被写体には、これくらい縁毛が揃っているのがいいな。

190915_173.jpgshikiri105.jpg 同じシーンを広角の 15mm Fisheye で順光側から撮るとこんな感じ。白い翅裏が夕日に染まって独特の色になり、間接的に夕日を表現できたかな。
 6年ぶりの四国詣で、楽しゅうございました。

posted by kenken(管理人) at 08:29| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月27日

アブノーマルを楽しむ(その4)(2019年9月14日〜15日)

 「その4」で、ようやく、四国遠征日程中の9月15日の記事でございます。
 前日に続いて、早朝から、徳島県は吉野川流域でシルビアシジミの白化型アブノーマル個体の探索です。

190915_238.jpgshikiri105.jpg 早朝、ノーマルではありますが、羽化直のピカピカな個体に出逢ったので、心を込めてその翅裏をフラットに撮影いたしました。触覚に、まだ朝露が残って・・・そんな時間帯でございます。

190915_269.JPGshikiri105.jpg 午前中の探索行動の中で、今回の四国遠征で最も白化度の高い♀個体に遭遇しました。白化度を5段階評価で表すとすれば、すばり最高レベルの「5」でしょう。ちょっとスレ気味なのが残念・・・

190915_308.jpgshikiri105.jpg 最初の写真のようにピカピカで、かつ、2番目の写真のような白化度の個体はおらんのかいって、探索を続けましたが出逢えず・・・探索途上、交尾中のペアに出逢いましたので、心を込めて撮影しておきました。

 前日に続いてピーカンのお天気。全く日陰のない河川の堤防では10:30頃には熱中症の危険を感じ、日中はシルビア探索行動は一旦中断し、山間部のアブノーマルなマルバマンネングサ喰いのクロツ撮影で避暑することにいたしました。前日は香川県やったし、徳島県か高知県がえぇなぁ・・・<続く>
posted by kenken(管理人) at 15:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月21日

アブノーマルを楽しむ(その3)(2019年9月14日〜15日)

 もう1回だけ9月14日の記事の続きでございます。昼間、香川県の山間部で避暑した後、夕方には徳島県の吉野川流域に戻ってまいりました。ほぼピーカンのお天気ですが、陽が傾くと殺人的な暑さからは解放され、シルビアさんのアブノーマル個体の探索再開です。ノーマル個体に出逢ってはパスするを繰り返し、運良く30分ほどで白化型に再遭遇できました。

190914_191.jpgsikiri160.jpg190914_188.jpgshikiri105.jpg 気温も下がり、じっくり吸蜜しているので、左右両翅裏をきちんと撮っておきました。2つ前の記事の白化型とは異なる♀で、白化度を5段階で表すと、この個体は白化度4くらいでしょうか、亜外縁に若干の楔型紋が確認できます。

190914_211.jpgshikiri105.jpg 追跡すると開翅してくれました。高温期型の♀ですが、後翅表面肛角部の青鱗が発達傾向です。午前中に出逢った白化型個体も一瞬開翅してくれましたが同じ傾向でしたので、白化型♀の特徴かと考えます。

190914_237.jpgsikiri160.jpg190914_113.jpgshikiri105.jpg アブノーマルな個体については、残念ながらピカピカ個体には出逢えませんでしたが、ノーマルな個体については出逢えたので、同一シーンを100mm Macroと15mm Fisheyeで撮影した画像を掲載しておきましょう。こ〜んなピーカンなお天気でございました。

190914_272.jpgshikiri105.jpg190914_270.jpgshikiri105.jpg この日の夜は、土柱ランド新温泉に入浴後、徳島県内泊。この温泉、名称は「ランド」ですが、温泉成分は「ラドン」なんですわ。ボディソープにシャンプー備え付けで入浴料600円のところ、JAF会員証提示で2割引きの480円。安価で、脱衣室でも撮影できた貸切状態と空いており、リピートありの高評価でございます。<9月15日の記事へ続く>
posted by kenken(管理人) at 22:36| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月19日

アブノーマルを楽しむ(その2)(2019年9月14日〜15日)

 9月14日の記事の続きでございます。ピーカンの吉野川の堤防で撮影しておりますと10:30頃には軽い頭痛が・・・熱中症っぽいのでシルビアさんの白化型探索は一旦中断。昼間は香川県の山間部に避暑に出かけることにいたしました。賢明な読者の皆さんはもうお分かりですね。アブノーマルなマルバマンネングサ喰いのクロツバメシジミを探してみようというわけです。

190914_222.jpgshikiri105.jpg 香川県内のSAで休憩してラーメンを食して塩分補給。熱中症で茹っていた脳がようやくノーマルな状態に戻ったようで「しもたっ!香川県やったら讃岐うどんにするんやった」と思考できるようになりました。

190914_12.jpgshikiri105.jpg 山間部は若干雲があって耐えられる気候です。しかし、マルバマンネン喰いのクロツさんは激レアのようで簡単には見つかりません。こいつはやったんじゃないかと300mm望遠レンズで覗くとヤマトさん・・・

190914_235.jpgshikiri105.jpg それでも1時間ほど探索しておりますと、ついにクロツさんに遭遇。イメージどおりの「アブノーマルなマルバマンネン喰いのクロツも撮ってまんねん」という証拠写真をまずは押さえて、やれやれでございます。

 こうなると少し余裕が出てまいりまして、作品写真を撮影でございます。

190914_081.jpgshikiri105.jpg190914_158.jpgshikiri105.jpg クロツマニアの皆さん向けに、当地のクロツさんのお顔がよく分かるよう、翅すりすりの合間に前後翅裏面全体が分かる写真を100mm Macroで、生息環境がよくわかるように同じシーンを15mm Fisheyeで、それぞれ撮影いたしました。
 道路脇の法面に落石防止の金網張り、コンクリート吹付工事を行ってもマルバもクロツもタフで生き残れるんですね。激レアではありますが。<続く>

posted by kenken(管理人) at 00:30| Comment(6) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月17日

アブノーマルを楽しむ(その1)(2019年9月14日〜15日)

 私はSM。アブノーマルが好きで・・・なんて書くと、なんだか危ない感じのお話か!って思われるかもしれませんが、そうではございません。蝶のお話しでございます。9月14日〜の連休は、2013年以来、6年ぶりに四国遠征してまいりました。メインの撮影対象は、徳島県は吉野川流域のシルビアシジミ。

190915_289.jpgshikiri105.jpg シルビアさんといえば、皆さんこんな縁毛びっしりでピカピカ個体のブルーな翅表を狙って撮影されるのですが、こんな写真を撮りに(実際、撮ってるんですが・・・)四国まで行ったわけではございません。

 以下、いずれも9月14日に撮影した個体についてのお話でございます。

190914_084.jpgsikiri160.jpg ずばり狙っておりましたのは吉野川流域に見られるシルビアさんの白化型アブノーマル個体。ノーマルを確認するとパスして次の個体へという探索を繰り返し、6年前はスレ個体しか撮れませんでしたが、まずは、そこそこ新鮮な個体を撮影することが叶いました。うん、前後翅裏共に楔型紋が消失していて、かなり白化度が高い個体でよろしゅうございます。

190914_134.jpgsikiri160.jpg 無事に白化型に巡り会い、撮影できましたが、もっとピカピカの白化型はおらんのかと探索継続しておりますと、んっ?!って思えるアブノーマルに出逢いました。こいつは狙っていたわけではありません。紋抜けというのか、ずんべらぼんというのか・・・スレ気味で縁毛の揃い具合いもいまいちですが、千載一遇のチャンスですので、心を込めて撮りました。

 ピーカンのお天気で、何一つ影のない吉野川の堤防をうろついていると殺人的な暑さで昼前には熱中症になりかけます。日中はちょっと避難したほうが良さそうです。<続く>
posted by kenken(管理人) at 12:10| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月11日

探索途上の蝶たち(その2)

 9月7日〜9月8日の週末は、猛残暑に萎えて京滋でのウラナミジャノメ探索は見送り。今後の探索活動に備えて、ドライブレコーダーを購入&装備しておりました。最近は安価でえぇもんあるんですね。諭吉さん&野口さん各1名でお釣りが来ました。そちらの話題はまた後日に。
 3つ前の記事の続編でございますよ。メインターゲットの蝶の探索、撮影の合間に、普通種といってもちゃんと撮っとかんとイカンねと心を込めて撮影した蝶たちの画像をUPしましょう。

190802_152651.jpgsikiri160.jpg ムモンアカの探索途上で出逢ったボソキさん。ボソキさんには申し訳ないのですが、ヤマキさんぢゃないよねって確認のために、いつもカメラを向けさせていただきます。こういった普段は翅を開かない種の翅表も、そろそろ飛翔シーンで狙ってみようかなぁ〜なんて考え始めております。
撮影:長野県 2019年8月2日

190803_122442.jpgshikiri105.jpg Lタテハを見るとドキッとするんです。というのは、2015年8月に撮ったLCタテハ(Cタテハの異常型)が脳裏をよぎって、Lタテハにも新しいパターンの異常型が出現するんじゃないかと考えているからなんです。

190803_122941.jpgsikiri160.jpg 最近、関西の近場では鹿害の影響でトンと見なくなったヒメキマさん。翅裏の眼状紋を際立たせてくれる周辺部の明るい紫色のお化粧がえぇ蝶なんですよねぇ〜ここぞとばかりに心を込めて撮りました。うん、これだけ縁毛が揃っていて新鮮なヒメキマ撮ったのは久しぶりかも。
 Lタテハ&ヒメキマ撮影:長野県 2019年8月3日


posted by kenken(管理人) at 12:59| Comment(6) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月09日

京滋のウラナミジャノメ(2019年9月1日)

 8月下旬はのべ2日、京都府内でウラナミジャノメの探索を行っておりましたが、暑いだけでさっぱりでした。さすがに未発生ではないと思うのですが・・・昼頃には熱中症っぽくなって大量に水分補給して車でエアコンきかせて休憩するといったパターンの連発でした。

190901_1247.jpgshikiri105.jpg 探索疲れしてきたので、9月初日は軟弱に、滋賀県内の既知産地で、生息確認&撮影することにしました。行きつけのラーメン屋でのんびりと妻な人と昼食した後、涼しくなってから生息地訪問でございます。

190901_145600.jpgsikiri160.jpg ここの生息地の状況は特に変わりないようです。田畑の周辺部なので、農家の方の適度な草刈りで環境が維持されております。稲穂を背景に入れての広角写真ですが、露出設定が難しいですね。稲穂を強調して正方形にトリミングした写真でございます。
撮影:2019年9月1日 滋賀県

190901_150227.jpgshikiri105.jpg 当地のダイミョウセセリは後翅に白斑がくっきり表れる完全な関西型で、出逢ったスレ個体数頭を証拠写真撮影していると、なんだか少し雰囲気の違う関東型らしき黒っぽい個体を目撃しました。よく見てみると、なんとクロセセリではありませんかっ!滋賀県にも進出しているとは聞いておりましたが、個人的に滋賀県で目撃するのは初めてです。

190901_150009.jpgshikiri105.jpg 同じシーンをウラナミジャノメを入れて無理やり撮ってみました。100mmレンズをかなり絞り気味で撮影しましたが、左上のクロセセリが静止している位置は、かなり奥行きあるところなのでボケております。

190901_1538.jpgsikiri160.jpg 既知産地を訪れるにあたって狙っておりました交尾シーンも無事に出会えました。100mmレンズで雰囲気の出た縦位置写真をupさせていただきます。○○○や××を背景にしたイメージどおりの交尾シーンの広角写真も撮影いたしましたが、あまりに場所が露わすぎるので、ちょっとブログへの掲載は・・・こちらはお蔵入りでございます。
posted by kenken(管理人) at 08:45| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする