2021年02月08日

最近のkenken(昨シーズンのB級ショットから)

 ここのところ蝶以外のネタがメインで続いておりますので、たまには?蝶の話題から。昨シーズンのB級ショットから1枚蔵出しさせていただきます。

 キマリンの場合、「画竜点睛」なA級ショットにするには、4本の尾状突起の先端の白をくまなく表現する「尾突四白」だと信念を持って撮影しております。更に交尾シーンの場合は、「尾突八白」を意識して撮影しております。

210127_200612_22.jpgshikiri105.jpg この画像、♂♀両翅裏共にピントも合って「尾突八白」も背景の梅雨空も表現できて良かったのですが、いかんせん♂のお顔が葉で隠れてしまいましたのでB級ショットでございます。

210127_200612_27.jpgshikiri105.jpg ちなみに、当時のブログで公開した同一シーンがこちら。♂♀共にお顔も写し込んで「尾突八白」(ホンマに八白写っているのか、丸数字を入れてみました)も表現できておりますが・・・う〜ん、このアングルから撮影すると♀のお顔が若干ピンボケでB級ではないものの、Aダッシュ級ショットでございますな。

 はい、最後に最近恒例の昼食弁当画像でございます。

210208_59.jpgshikiri105.jpg 本日2月8日は贅沢に600円弁当。牡蠣&海老フライ+出汁巻きたまごに大根や薄揚げの焚いたん、ほうれん草の胡麻和えなどが添えられたもの。ちょっとカロリー高めでしたわ・・・
posted by kenken(管理人) at 15:45| Comment(6) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「尾突八白」
やっぱよろしゅうおすなぁ。

♂の鮮度まで良好なので、なお見映えが良いですね。

いつかは「尾突八白」撮影したいもんです。
Posted by Rhetenor at 2021年02月10日 19:38

Rhetenorさん
 まいど、コメントおおきにです。
 よろしゅおすやろっ!(笑)
 そもそも交尾シーンに出逢っても8白揃っていることが稀で、揃っていても翅に隠れたりして先端の白はなかなか全て撮影しにくいもんですわ・・・
 いつか交尾シーンに出逢った際に是非チャレンジくださいなっ。
Posted by kenken(管理人) at 2021年02月10日 21:00

よろしゅうおすなぁ〜やっぱ。

でも私はの場合は、「見つけた瞬間に」反射的にネット振ってしまうんだろうなぁ〜。

私には一生撮れそうもない写真です。
Posted by 山キマ at 2021年02月11日 19:38

山キマさん
 これは、これは、ご登場&コメントおおきにです。
 よろしゅおすやろっ!(笑)

 うむ、貴兄の場合はカメラよりもネット・・・というか、そもそもカメラをお持ちでないか・・・いやいや、スマホがあれば撮影は可能でしょう。交尾ペアはほぼ静止したまんまなので、反射的にスマホで撮影されてみては?
Posted by kenken(管理人) at 2021年02月11日 19:58

「尾突八白」。。。これを狙う前にまずは、
キマリンの交尾シーンを撮影したいですねぇ〜。
B級とされた画像の方が、雌雄の斑紋差もわかって
いい感じかもしれません。
閑話休題、そろそろこの時期恒例、ギフチョウ初見日、温度積算推定の記事を期待いたします。
Posted by fanseab at 2021年02月21日 21:21

fanseabさん
 お久しぶりでございます。
 ご登場&コメント、おおきにです。そうですね、B級とした画像のほうが♂♀両翅裏がフラットに撮れて斑紋差は上手く表現できています。
 そうだ!そろそろギフチョウ初見予想をせねばいけません・・・今年はどんな積算温度なんでしょうね。体感では昨年よりは遅れている感じかな。

 ところで話は変わりますが、全豪オープン、大坂選手、優勝しましたね。貴ブログ経由で彼女にとまった蝶を同定できるサイトをのぞかせていただきました。
Posted by kenken(管理人) at 2021年02月21日 21:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。