2020年08月03日

最近のkenken(標高1,300m超の活動)(2020年7月31日)

 疲れました・・・7月31日の仕事をナニして、7月30日の勤務終了後、その足にて信越・北陸方面でお出かけし、7月31日〜8月2日の3日間は、主に標高1,300m超で活動し、8月2日の夕刻に帰宅でございました。

 7月31日は、信越・北陸方面は梅雨明けしておらず、前夜の天気予報では傘マークが多かったので低標高地で活動しようかと考えておりましたが、早朝目覚めると天気予報が良いほうに変わっておりましたので、高表高地のアサマシジミを狙ってみました。

200731_040.jpgshikiri105.jpg かなり熱心に探したのですが、♀しか確認できませず、イワオウギの花に静止する個体を丁寧に撮影しておきました。やはりアサマシジミは重量感があってインパクトのある蝶ですなぁ。

200731_12.jpgsikiri160.jpg 低標高地では5月から見られるクモガタヒョウモンですが、さすがにこの標高まで上がると、7月下旬であっても新鮮な♂に遭遇できましたので、喜んでカメラを向けておりました。なんらたヒョウモンと名の付く蝶は多数おりますが、中でも、私は、本種のこの後翅紋配置こそ「最も豹紋らしい」と感じる蝶なんですわ。♂の性標もさりげなく1対なのがえぇもんです。

 撮影地までの往路に各種ヒョウモン類の♀を見かけておりましたので、帰路ではまず、オオウラギンスジヒョウモンの♀を真面目に撮りました。

200731_026.jpgshikiri105.jpg うん、いい感じで撮れました♪花全体を写し込めるように撮ったので主役は写真右下ですが、翅表先端の白斑がアクセントあっていいんですよねぇ〜写真中央のコヒョウモンは偶然写り込んだ脇役でございます。
posted by kenken(管理人) at 17:00| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
オオウラギンスジヒョウモンの♀、
ひょっとしたら一番好きなヒョウモンかもしません。
別嬪さんですね。
ええもん見させて頂きました。

で、”脇役”とのコヒョウモンですが・・・
九州人ゆえ、ほとんど見たことないのでお恥ずかしいのですが・・・
後翅外縁の内側の黒い紋が連なってるように思うのですが、
これって、よくあるのでしょうか???
Posted by nomusan at 2020年08月03日 20:19

nomusanさん
> オオウラギンスジヒョウモンの♀、
> ひょっとしたら一番好きなヒョウモンかもしません。
 おおっ、我が朋よ!御意にございまする。
 今回、ようやく黒光りする綺麗な個体が撮影できました。

> で、”脇役”とのコヒョウモンですが・・・
> 後翅外縁の内側の黒い紋が連なってるように思うのですが
 おおっ、ふし●や!もとい、節穴ではない鋭い観察眼でございますな。
 はいよっ、軽微な異常型と言っても過言ではないでしょう。コヒョウモンって、あっさりしたお顔から濃いお顔まで、バリエーションがあってえぇ蝶です。
↓ちなみに、濃いお顔の写真はこちらですよん。
http://melitaea.seesaa.net/article/468190910.html
Posted by kenken(管理人) at 2020年08月03日 20:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。