2020年05月06日

明るい曇りでよく開翅(2020年5月4日)

 他府県への遠征は自粛して、京都府内で3密を避けて行動しております。
 この日は午前中で雨があがり、午後は雨の心配のない明るい曇天。3日前に続けて、トラフシジミ狙いで、京都市左京区内の昔懐かしい生息地を再訪問いたしました。

200504_05.jpgshikiri105.jpg 薄日の射す曇りで気温22度。2♀がウツギの蕾に産卵しては合間に休憩開翅?を繰り返してくれました。こちらは新鮮な♀の産卵シーン。その後、残念ながら、飛び去りました。

200504_24.jpgsikiri160.jpg200504_91.jpgsikiri160.jpg ちょいスレの♀が長時間撮影に付き合ってくれました。やや雲が濃くなって、微妙に蝶の影ができる程度の明るさで気温21度。繰り返し、産卵の合間に180度近い角度の開翅シーンを数分レベルで継続披露してくれました。やや遠いのとちょいスレなのが残念ですが、贅沢は言えません。

 トラフシジミの開翅には、23度未満の明るい曇りがベストのようですが、日射がないと発色がいまいちですね。難しいもんです。
posted by kenken(管理人) at 19:52| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。