2020年04月21日

最近のkenken

 う〜ん、暗い世の中でございます・・・現在、週に2日がテレワークで在宅勤務しておりますが、息が詰まりますね・・・

 昨年の画像から、未公開画像を蔵出ししておきましょう。クモツキさんって、その生息環境から、背景がガレていて灰色中心になることが多いんですよね。もっと強めにストロボ照射したほうが写り映えするのかな?

200319_190618_065.jpgshikiri105.jpg200319_190618_063.jpgshikiri105.jpg 連続した吸蜜シーンでございますが、連写モードではなく、ストロボの充電を意識しながらワンショットずつ、しかも、微妙にフォーカスポイントを変えて撮っております。【撮影:2019年6月18日 長野県】
posted by kenken(管理人) at 19:10| Comment(6) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。最近は外に出ても近所の散歩&買い物だけの日々です。当方も息が詰まっています。

クモツキさん、憧れの蝶です。観るだけでもいいのでいつかは、と思っています。表・裏両方のお写真楽しませて頂きました。
Posted by ひかり at 2020年04月21日 23:54

食草での吸蜜、エエですねぇ。

翅表のオレンジを最大に表現されている右側の方がイメージなんですが、仕上がり感は左側の方が好みです。

このような画像を撮ってみたいもんです。


追伸
休日の度の天候不良にストレス山積でっす。
「どのみち遠征出来ないんやから!」と
自分自身に言い聞かせております。
Posted by Rhetenor at 2020年04月22日 09:32

クモツキ、もう四半世紀ほど?見てません。
私もいつかは撮りたいもんです。

ええもん、見させて頂きました。
強いて、どちらかを選べ!と言われれば(笑)、
私も左の画像かな。
Posted by nomusan at 2020年04月22日 19:44

ひかりさん
 まいど、コメントおおきにです。
 ほんまですなぁ〜息が詰まりますw

 クモツキさんは山梨も県指定で採集禁止になったので、採るとなるとどこがいいんでしょうね。ちなみに採集禁止は、山梨県全域、長野県全域、新潟県糸魚川市小滝、富山県全域、と認識しております。観るだけなら長野県がよろしいのでは。

 はい、いずれの写真も、私好みの翅表と翅裏を同時に表現した写真でございますよ。
Posted by kenken(管理人) at 2020年04月22日 20:32

Rhetenorさん
 まいど、コメントおおきにです。
 どんな蝶写真でも、食草での吸蜜やテリ張りは評価点UPと勝手に納得しております。
 そう、右写真は右翅表のオレンジにピンをフラットに合わせております。左写真は左翅裏唐草紋全体にピンを合わせております。
 いつかクモツキご一緒したいですね・・・と言っても、その時期、貴兄はキマリン探索に専念かな?

PS.GWも撮影遠征は自粛します。行っても市内でトラフシジミかな。
Posted by kenken(管理人) at 2020年04月22日 20:36

nomusanさん
 さよですかぁ〜もう四半世紀ほどになりますか。
 貴兄の場合、あ〜こりゃこりゃも兼ねて撮影に行ける生息地があるとよろしいかと。秀逸な後輩君も適地を探索しておられるのでは?
 測光モードを「評価測光」にしている関係か、唐草紋様を中心に撮った左写真のほうがコントラストが強く表現されています。私も左が好みでございます。

 ちなみに昨年6月に公開した作品は下記URLで、当時は猛烈に活動していたようです。キマリン→クモツキ→アサマって感じで。↓
http://melitaea.seesaa.net/archives/201906-1.html
Posted by kenken(管理人) at 2020年04月22日 20:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。