2019年10月28日

最近のkenken & 蛾の話題

 10月26日〜27日の週末、近畿地方はそこそこのお天気でしたが、蝶撮影には出かけておりません。10月14日発注のD社製PCが10月25日に届いたものですから(発注時、2〜3週間かかるとのことでしたが11日目の到着でした)、そのセットアップに勤しんでおりました。

 「Windows10の初期セットアップでは、Microsoftのアカウントを新規作成してサインイン」せなあかんようで、メールアドレスや個人情報を登録させられ、何やらプライバシーを晒さされているような気分ですが、まぁ、しゃぁないんですかね。
 まずは、プレインストールされているM社製のウイルス対策ソフトをアンインストールして、契約しているT社製のウイルス対策ソフトに入れ替え。続けて、使い慣れているレトロなメール、画像処理、カメラとの通信、ミラーリング等の各種ソフトをインストールして環境設定。更に、シーラカンス的な年賀状作成ソフトをインストールして、ちゃんとはがき印刷できるんやろなとプリンター&スキャナ複合機のドライバーをダウンロード、インストール、環境設定して印刷&スキャンテスト。なんとか土日でここまで進みました。残っているのは、システムファイルの回復ドライブの作成といったところかな・・・

 これで今回の記事はおしまいとなると寂しいので、いかに管理人が蛾については疎いかという話題を1つ。

191020_103910.jpgsikiri160.jpg 去る10月20日、シルビアシジミの探索途上に和歌山県で撮影した蛾「サンカククチバ」。翅表の模様がひたすら▲三角の組み合わせなので、お洒落なネーミングですし、昨2018年にも出逢っておりますので、種名を完全に記憶しました。ヤハズソウ喰いなので、シルビア探索環境でよく出逢うわけです。ヤガ科シタバガ亜科のTrigonodes属とのことです。

190914_155637.jpgsikiri160.jpg そ〜ゆ〜と、去る9月14日にシルビアシジミの探索途上に徳島県で撮影した蛾は、▲三角ではなくて四角形の紋様の組み合わせなので、「シカククチバ」といった種名では?とヤガ科シタバガ亜科のTrigonodes属の全画像で絵合わせしましたがヒットせず・・・その後、異なるGrammodes属の「ナカグロクチバ」という蛾であることが分かりました。
 これって、蝶に置き換えて考えると、シジミチョウ科シジミチョウ亜科に分類されるシルビアシジミとヤマトシジミに対して、紋様が似ているので、ヤマトシジミもシルビアシジミのZizina属やろって探すのと同じことなんですよね。
posted by kenken(管理人) at 12:05| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この2種の蛾はとても良く似ていますよね。同じ属だと考えるのも無理はないような気がします。それにしても綺麗な蛾ですね。カメラを向けたくなるのがわかります。
ヤマトとシルビアの場合と比較されていますが、あの2種を属レベルで分類した人に脱帽です。
Posted by clossiana at 2019年10月29日 09:32

clossianaさん
 ご登場&コメント、おおきにです。
 こういう記事に欠かさずコメントいただく貴兄の目のつけどころというか、なんと表現したら良いのか・・・、そんなところにリスペクトでございます。
 ちなみに、シルビアとヤマトの食草が科レベルで異なるように、主たる食草として、サンカククチバはマメ科のヤハズソウ、ナカグロクチバはタデ科のイヌタデと、やはり科レベルで異なるんですよねぇ〜
 似て非なるものというところでしょうか。
Posted by kenken(管理人) at 2019年10月29日 18:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。