2019年09月27日

アブノーマルを楽しむ(その4)(2019年9月14日〜15日)

 「その4」で、ようやく、四国遠征日程中の9月15日の記事でございます。
 前日に続いて、早朝から、徳島県は吉野川流域でシルビアシジミの白化型アブノーマル個体の探索です。

190915_238.jpgshikiri105.jpg 早朝、ノーマルではありますが、羽化直のピカピカな個体に出逢ったので、心を込めてその翅裏をフラットに撮影いたしました。触覚に、まだ朝露が残って・・・そんな時間帯でございます。

190915_269.JPGshikiri105.jpg 午前中の探索行動の中で、今回の四国遠征で最も白化度の高い♀個体に遭遇しました。白化度を5段階評価で表すとすれば、すばり最高レベルの「5」でしょう。ちょっとスレ気味なのが残念・・・

190915_308.jpgshikiri105.jpg 最初の写真のようにピカピカで、かつ、2番目の写真のような白化度の個体はおらんのかいって、探索を続けましたが出逢えず・・・探索途上、交尾中のペアに出逢いましたので、心を込めて撮影しておきました。

 前日に続いてピーカンのお天気。全く日陰のない河川の堤防では10:30頃には熱中症の危険を感じ、日中はシルビア探索行動は一旦中断し、山間部のアブノーマルなマルバマンネングサ喰いのクロツ撮影で避暑することにいたしました。前日は香川県やったし、徳島県か高知県がえぇなぁ・・・<続く>
posted by kenken(管理人) at 15:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。