2019年08月22日

暑さに萎えて・・・(その2)(2019年8月11日)

 軟弱路線の撮影行ならお任せください。(笑)

190811_1334.jpgshikiri105.jpg190811_1319.jpgshikiri105.jpg◆午前中、柳の木陰で涼んだ後、遅めの昼食にご当地ラーメンをいただきました。とんこつ醤油ラーメンにネギと煮玉子のトッピング、背脂多いめにしていただき、美味しゅうございました。リピート有のお味でございます。

190811_187.jpgsikiri160.jpg190811_183.jpgshikiri105.jpg◆ラーメンで腹ごしらえ、塩分補給の後、同じく石川県内のホシチャバネセセリの生息地を訪れました。蝶よりもむしろ、その生息環境を一度見ておきたかったんですわ。幸いなことに発生初期で☆♂の観察、撮影でございました。

190811_211.jpgsikiri160.jpg 本種はいずれの個体でも同じような斑紋ですが、よく見ると微妙に個体ごとに違うんですよね。上の写真とは異なる♂でござます。♂であることが分かるように前翅表内縁部の白い性標を意識して写し込んでおきました。頭部付近は細かな黄粉を塗された感じの縁毛びっしりな新鮮個体!このセセリらしいコンコルド型の開翅たまらなく良いです。

190811_066.jpgshikiri105.jpg 本種の翅裏ってなかなか撮影する機会に恵まれないんですよねぇ〜静止しても直ぐに翅開くし・・・なんとかフラットに撮ることができました。うん、この黄粉塗したような翅裏も最高です。

190811_190.jpgshikiri105.jpg 最後に広角写真をUPしておきましょう。生息地は、過去に本種を見た長野県、兵庫県、岡山県などと同じく、文字で書くと「林縁の草原」なんですが、その環境は全く異なり驚かされました。
 なるほど、そうか・・・食草はオオアブラススキだと思い込んでいましたが、そうぢゃないんだ・・・食草が異なれば、環境も異なりますよね。よい勉強になりました。

posted by kenken(管理人) at 12:57| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ホシチャバネセセリ 小さくてかわいいらしいですね。
今年こそ、青春18きっぷとレンタサイクルで墓参りのあとN寺あたりで撮影しようと思ってましたが、8月になったとたん腰痛が急にひどくなり行けてません。
8月末頃なら行けそうですが、まだいるんでしょうかね?
Posted by field24k at 2019年08月23日 14:08

field24kさん
 まいど、コメントおおきにです。
 本当に小さくて、ファインダー覗いていて飛ばれると直ぐに見失ってしまう蝶です。
 おっと、腰痛悪化とのこと、それはいけませんね・・・お大事になさってください。
 そうですねぇ〜個々の生息地とその年の発生状況にもよりますが、8月末頃なら、まだ残っているのではないでしょうか。
Posted by kenken(管理人) at 2019年08月23日 15:18

この種が自然状態でオオアブラススキ以外にも食べているとは全く知りませんでした。さすがによくご存知ですね。以前に、この種を飼ったことがあるのですが、その時には食草を確保するために、わざわざ現地からオオアブラススキを取ってきて鉢植えにしたものでした。
ところで、この撮影地にはオオアブラススキは生えていないのですか?
Posted by clossiana at 2019年08月24日 10:15

clossianaさん
> さすがによくご存知ですね。
 いえいえ、とんでもありません。私の目が節穴であることを晒しただけなんですよ。
 撮影地にはオオアブラススキは自生していないと推測されます。
 というのは、実は、撮影地で「ここのオオアブラススキの穂って、どれもこれも、なんだかパワーないなぁ〜まだ出始めなのかなぁ〜」なんて見てたんですわ。後日、師匠(と勝手に私がお呼びしている)S氏とやりとりしていたところ、「ヒメアブラススキだよ」って伺って、節穴の目が今度は点になってしまいました。
 来シーズン、改めて自分の目で確かめに行こうと考えています。
Posted by kenken(管理人) at 2019年08月24日 20:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。