2019年08月18日

暑さに萎えて・・・(2019年8月11日)

 2つ前の記事の続きでございます。翌8月11日にもう1ヶ所、オレンジさんの探索したい場所があったのですが・・・暑さに萎えて探索は見送り・・・この季節に石川県で撮っておきたかった蝶を狙うことにいたしました。(はい、管理人は軟弱な人間でございますよ(笑))

190811_061.jpgsikiri160.jpg 午前中は柳の木陰で涼んでおりました。過去、静岡県や愛知県で運良く遭遇できたコムラサキの黒化型、能登半島も先っぽ付近まで来ると運に頼らずともよいようです。本種撮影のカギは、ライティングによる紫の発色。いろいろと試してみました。うん、こいつが最も私好みの翅表と翅裏を同時に写し込めた1枚でございます。

190811_040.jpgsikiri160.jpg 紫の色表現については、RAW画像で撮影してJPG画像に「現像」する際に調整すればよいので、「正解」というものはないと考えておりますが、4翅表全ての紫部分をいかにくまなく写し込めるか、すなわち、4翅表の紫部分の表現面積をMAXにするという点では「正解」があると考えております。この画像なんかは「正解」に近いのではないかな?

190811_110.jpgshikiri105.jpg 柳の木陰の涼しげな雰囲気も表現しておきました。SIGMA 15mm Fisheyeで、外付けストロボをディフューザー付けて柔らかめに焚いています。背景の青空も上手く写し込めて真夏らしい雰囲気出たかな。

190811_077.jpgshikiri105.jpg 他の個体とは少し行動パターンの違う個体がおりました。遠くて証拠写真になってしまいましたが、こいつは♀ですね。どのアングルから見ても紫が見えませんし、白帯も太目で前翅端も丸っぽいでので。
posted by kenken(管理人) at 00:35| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まいどのことではございますが・・・
ええ画像でございますねぇ・・・
「コムラサキはこう撮るんだよ。」ってな感じの
教科書的な画像でございますね。
ええもん見させて頂きました〜。
Posted by nomusan at 2019年08月18日 18:20

nomusanさん
 過分なお褒めのコメントをいただき、恐悦至極にございまするっ!(笑)
 こいつね、普通に翅表をフラットに撮ると、まったく紫色が出ずに、イチモンジチョウ?ってな絵になるんですわ・・・斜めの会の極意の逆パターンで見降ろすように撮るとえぇ感じです。
 そういうと、貴兄のクロコ画像も拝見した記憶が・・・確か吸汁しているモノがインパクトあったような。
Posted by kenken(管理人) at 2019年08月18日 23:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。