2019年08月08日

美麗蛾2種(追補)

 1つ前の記事でいただきましたコメントと書いておりました記事に関して追補させていただきますね。

◆「ええなぁ〜 羽化直のオオミズアオ・・・撮りたい蛾の一つです」なんてコメントいただき、おおきにです。せっかくですので、マクロ画像もUPさせていただきますね。白飛びしそうな被写体って、なかなか露出設定難しゅうございます。

190802_30.jpgshikiri105.jpg 撮影データは次のとおりでございます。
撮影モード:絞り優先、シャッター速度:1/1250、
絞り数値:6.3、露出補正:-2/3、ISO感度:1250、
レンズ:EF100mm Macro IS、ストロボ:非発光

◆「数年前に静岡県で同じカギバガ科で違う種の蛾を撮ったよねぇ〜」と書いておりましたが、データを確認してみました。

190807_140531_03.jpgshikiri105.jpg 撮ったのはこいつ、ウスギヌカギバでございました。スレ&欠け個体ですが、静止しているアラカシの葉が透けて見えたので、漫画・ゴルゴ13のとある一コマを思い出して、「ナイス シースルー!」 って声かけながら撮ったんですわ。この美しさから推測するに、種名の由来は「薄絹」ということなんでしょう。いつか本種の羽化直の個体に出逢ってみたいもんです。(撮影:2014年5月下旬 静岡県)

190807_140531_05.jpgshikiri105.jpg190807_140531_04.jpgshikiri105.jpg あ〜、もちろんこの日も、蛾ぁさんを目的に出かけているわけではございません。ウスギヌカギバが静止しているアラカシの別の枝先では、こんなシーンが展開されておりました。本個体は、くっきりと性標が見えるので♂ですね。アラカシのドングリの萌芽?に興味を示しておりました。
 当時の「作品写真」はこちら
posted by kenken(管理人) at 08:29| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
う〜ん・・・
これはええなぁ〜・・・
マクロ画像、おおきにでっす。
これは・・・妖艶・・・
まさに、妖しく艶やか・・・
しかし、見るためにはそれなりの行動が必要なんですなぁ・・・
いやいや、ええもん見させて頂きました。
Posted by nomusan at 2019年08月09日 19:15

nomusanさん
 お呼びたてしてしまったようで、すんません!
 コメント、おおきにです。
 見てくれこの妖艶さ・・・凄いだろっ、凄いだろっ、ってところです。(笑)
 実は、Zephyrus狙いで訪れた場所だったのですが、こいつを見つけるやいなや、蛾ぁ屋さんに変身しました。
Posted by kenken(管理人) at 2019年08月09日 19:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。