2019年07月25日

やはりヒョウ柄が好き?(2019年7月14日)

 7月14日、早朝の信州はしとしと雨。午前中には天気回復との予報をTVで見ながら宿泊先のBさん宅でくつろがせていただきました。

190714_0650.jpgshikiri105.jpg その間、同泊のSさんのカメラで前日のお写真を拝見。う〜ん、こんな新鮮なトラフが近くにいたのなら、擦れたキマモとか追っている場合ではなかったな・・・9:00には雨も上がり行動開始いたしました。

190714_098.jpgshikiri105.jpg やや時期遅れですが、まずはミヤマカラスシジミの生息地に立ち寄りました。雨が上がりで、複数個体が雨宿りしていた葉裏から葉表に移動しているところでした。証拠写真のみで切り上げでございます。

 その後、移動してやや標高を上げてみました。オオミスジとか新鮮なんですが、撮影意欲がイマイチ湧きません。

190714_102.jpgshikiri105.jpg 撮影意欲がそそられたのはギンボシヒョウモン。地元・関西では見ないので、一瞬、ウラギンヒョウモン?と思いましたが、後翅裏前縁の白銀斑が4つで本種であることを確認しての撮影でございます。

190714_143.jpgsikiri160.jpg190714_146.jpgshikiri105.jpg 雨上がり、雲量10の明るい曇りで、いずれの蝶も柔らかい光でいい感じの色表現で撮影できます。ここ、コモドキもいたんだ。ウスイロ同様、透過光を利用して翅裏から撮影すると、ステンドグラスみたいになって綺麗なんですよねぇ〜

190714_111.jpgshikiri105.jpg 頑張って追いかけたのがコヒョウモンの本個体。異常型とまでは申せませんが、黒斑が発達気味で結構「濃い」お顔で好みでございます。こちらも後翅裏も撮影して本種と確認させていただきました。

 以前、コヒョウモンとヒョウモンチョウ(今はコウゲンヒョウモンと言うんですね)の後翅裏の斑紋による識別についてご教示いただいたYさん、改めて御礼申し上げます。

 さて、今さらですが、拙ブログは題名のとおり、My Favorite な 日本産(題名が not "in Japan” but "of Japan" であるところに注目)の蝶を紹介するもので、撮影対象種を増やすことにはあまり興味がないんです。こうしてみると、やっぱり私はヒョウ柄が好きなんですかねぇ〜
posted by kenken(管理人) at 15:35| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。