2019年06月16日

当日羽化推定のキマリン(2019年6月9日〜11日)

 6月15日〜16日の週末は、全国的に荒れたお天気ですね。蝶撮影遠征はお見送りでございます。ついては、朝からブログ更新しておきましょう。
 6月前半は、地元、京都市内でキマリンの探索、撮影に専念しておりました。

190609_06.jpgshikiri105.jpg 6月9日は日曜日で休業日。午前中からキマリンの新撮影地探索しておりました。その途上に遭遇したミスジチョウ。カエデにとまった雰囲気のある写真を撮りたかったのですが、ネムノキばかりとまりました。

 さて、6月9日〜6月11日に撮影したキマリンの中から、その鮮度や生態から当日羽化じゃないかなぁ〜と推定される個体の画像を紹介します。

190609_14.jpgsikiri160.jpg 6月9日に出逢った♂。長尾な尾突四白のうち1対がクロスしているのにシビれます。日本産蝶類のなかで、このように尾状突起がクロスした画像が得られるのは本種のみでは?もっとじっくり撮りたかったのですが、羽化直でテリ張る経験値が低いのでしょうね、この後、先にテリ張っていた他キマ(ちょいスレ、尾状突起1本欠け)に追い出されて見失いました。

190611_062.jpgsikiri160.jpg 6月11日に出逢った♀。付近で見かけた♂が全てスレ個体で、撮影場所を移動しようとした際に発見。まだ翅が柔らかく、乾かしている感じで、「こいつはきっと交尾が見れるぞ」と見守ったのですが、近くでテリ張る♂たちは全く気付かず。やがて翅が乾いたのか飛び去りました。きっとどこかで交尾するぞと付近を探しましたが、再発見には至りませんでした。

 本日6月16日の京都はお天気回復してまいりました。午後はまたキマリン撮影かな・・・
−−−<以下、2019年6月17日追記>−−−
190611_041.jpgshikiri105.jpg・・・と書いておりましたが、結局、6月16日は微妙なお天気で、完全休養しておりました。
 さて、上記6月11日に出逢った娘さんの画像に関して「じっくり見てみたかった変異」といったコメントをいただきましたので、じっくりご覧いただけるように、左翅裏画像もUPしておきましょう。キマリンは、可能な限り、出逢った個体の左右両翅裏を撮影するようにしております。
posted by kenken(管理人) at 10:05| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おっと、この娘
何とも個性的(アンバランス?)な斑紋ですね、

記憶に無いバージョンかと・・・


じっくり見てみたかった変異でございます。
Posted by Rhetenor at 2019年06月16日 23:48

Rhetenorさん
 まいど、コメントおおきにです。
 この娘さん、「黒条が太い割にはあっさりしたお顔」という印象でした。
 まだ翅が乾ききっていないせいなのか、黒条中の銀線があまり目立ちませんでした。
 左翅裏画像もUPしましたので、じっくりご覧くださいな。
Posted by kenken(管理人) at 2019年06月17日 00:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。