2019年04月22日

近場を歩く(その2)(2019年4月21日)

 4月20日〜4月21日の週末、ギフチョウやヒメギフチョウの撮影遠征というのが定番なのでしょうが、両種については、ある程度、撮影法が確立されていると感じており、遠征パワーが湧きませんでした。先週末に続いて、近場の京都市左京区内を中心に探索してみました。

 京都市内のお山は、鹿害と昨年の台風被害で荒状が目につきます。先週末も含めて探索3日目、ようやくお目当てのトラフシジミに遭遇いたしました。既に午後で陽も高く、活動モードの時間帯でしたが、奇跡的にその翅表を飛翔写真で捉えることができました。
190421_03.jpgshikiri105.jpg 手持ちの撮影機材では、この表現が精一杯?「プロキャプチャーモード」といった機能のあるO社のカメラならもっと簡単に撮影できるのかな?まだ導入しておりませんが。
posted by kenken(管理人) at 08:45| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おお、これは綺麗ぢゃ。
ええもん見させていただきましたぁ〜。
Posted by nomusan at 2019年04月22日 20:34

nomusanさん
 おおっ、お褒めのコメント、おおきにです。
 背景が、雲のある明るい曇りで青空ではないのですが、かえって春らしい雰囲気になったかも。
Posted by kenken(管理人) at 2019年04月22日 23:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。