2019年02月09日

kenkenの標本箱

 寒いし、お天気もいまいちですし、低調でございます。
 シーズンオフということもあるのか、皆さんのサイトを徘徊するに、標本箱画像をよく見かけるような。
 「そーゆーと、我が家にも数箱だけ標本箱あったよねぇ〜もう2年くらいほったらかしやけど、この機会に乾燥剤だけでも入れ替えておくか」と思い立ちました。数箱しかないので、写真のように、標本箱ごとジッパー付のポリ袋に密封して、100均の靴用乾燥剤を入れております。(もちろん箱の中にはナフタリンとシリカゲルが入ってます。)

190209_415.jpgshikiri105.jpg190209_422.jpgshikiri105.jpg 入替前→入替後。靴用乾燥剤は4袋で100円、標本箱やカメラの保存に大変重宝する一品でございます。

190209_416.jpgshikiri105.jpg 乾燥剤入替途中、箱自体の蓋は開けなかったので、ガラス越しに標本を撮影しておきました。この箱は「採り屋」現役時代に野外採卵・飼育したお気に入りのChrysozephyrus箱でございます。

190209_418.jpgshikiri105.jpg ちなみに、左上隅の4×4個体(6♂10♀)は大阪府産のアイノミドリシジミ。♀にはAB、A、B、Oとバリーエションがありますなぁ〜この界隈、最近は鹿害が酷いようですが、まだ生息してるんですかねぇ〜

posted by kenken(管理人) at 23:15| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おお、これはええもん見させて頂きました。
で、
>標本箱ごとジッパー付のポリ袋に密封して・・・
う〜む、これは目から鱗、でございますねぇ・・・。
参考になりますわぁ。
Posted by nomusan at 2019年02月10日 21:28

nomusanさん
 コメントおおきにです。
 皆さん、最近、標本記事が多いので乗っかってみました。
 標本箱の数が多くないからこそできる技かもしれません。少しだけ手間ですが、こうしておくと、長期間標本箱ごと湿気から守られるので安心でございます。
 数年ぶりに拝んだChrysoはピカピカでしたw
Posted by kenken(管理人) at 2019年02月10日 22:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。