2018年10月10日

シルビアシジミ in 兵庫県(2018年10月8日)

 久々にいわゆる「土手ビア」を見てみようと兵庫県までお出かけしてきました。記録を紐解くと兵庫県の生息地を訪れるのは、2012年10月以来6年ぶりで、ここ数年は石川県、和歌山県、島根県の生息地を訪れておりました。

181008_10.jpgshikiri105.jpg ♂の翅表の黒い縁取りが太めの「温暖期タイプ(勝手にそう呼んでます)」は、ご覧のような欠け、スレの個体が多く、発生末期のようでございます。スレ度合いと開翅時間の長さは比例する印象ですね。

181008_08.jpgshikiri105.jpg ♂の翅表の黒い縁取りが細めの「寒冷期タイプ(勝手にそう呼んでます)」は、ご覧のように縁毛もびっしりで発生適期のようでございます。斜め前方から見下ろすように撮ると翅表のブルーが綺麗ですね。

181008_07.jpgsikiri160.jpg181008_06.jpgsikiri105.jpg 当日、数ヶ所の生息実績地を回ってみたところ、草丈が高くなって生息確認できなかった場所もあれば、人手が継続的かつ良好に加えられていて多数の個体が迎えてくれた場所もございました。終日ピーカンの良いお天気でしたので、活動終了まで見守って、翅裏もじっくり撮影しておきました。
posted by kenken(管理人) at 13:00| Comment(6) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
やっぱこの時期は、
シルビアさんに会いに行きたくなっちゃいますね。

斜め前方から見下ろすように撮る・・・
ん〜むブルーの表現がとぉ〜っても綺麗ですね。

・・・もうちょっと早く気付くべきでした(汗)。

今月に残り3回ある日曜日は、それぞれ
午後の1〜3時間位しか、動けそうにありません。
Posted by Rhetenor at 2018年10月10日 20:28

Rhetenorさん
 まいど、コメントおおきにです。
 この時期、関西ですと「秋の御三家」は、シルビア、クロツ、サツマと言ったところでしょうか。
 ブルーで輝き系のシジミは、ゼフと同様に前方からの見下ろし撮影で良い色が出るケースが多いですね。
 そちらから、午後1〜3時間ならば、大阪府か兵庫県でしょうか。

 ところで、このレス書いている間に、「石川県、和歌山県、島根県」に加えて「徳島県」も訪れたことを思い出しましたっ!
Posted by kenken(管理人) at 2018年10月10日 21:41

ふぎょぎょっ!
まさに徳島再訪を想定しておりました。

がっ、
台風の影響、その後の状況を把握しきれず、
このお休みは南紀の再チェックに切り替えました。

結果ハズシちゃいました。
でもワクワク感溢れる一日に満足出来ましたよ。
Posted by Rhetenor at 2018年10月10日 23:16

Rhetenorさん
 ふぎゃあ〜 私も日・月で徳島ってのが一瞬頭をよぎりましたが、お書きのとおり台風一過後で荒れてそうでねぇ〜 決断には至らずでした。
 台風来てなかったら、徳島でばったり・・・ということかぁ。(笑)
 しかし、日曜はお天気いまいちで寒かったですね。

 既知生息地の現状確認+新生息地と地域変異個体の探索ってやつが最も合理的でワクワク感もありますね。
 う〜ん、南紀、私ね、家族旅行ついでに1ヶ所下見したまま行けてないところがあるのが気になってまして・・・
Posted by kenken(管理人) at 2018年10月11日 08:31

おろっ、
タイトルバックが・・・

          一世限りのアサマかな
Posted by Rhetenor at 2018年10月25日 09:53

Rhetenorさん
 きゃあ、目ざといねぇ〜
 しばらく更新さぼっていたので、タイトルだけでも・・・
 これは一夜限りではありません。(笑)
Posted by kenken(管理人) at 2018年10月25日 10:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。