2018年05月10日

異常型は「初球」がポイント?

 本日5月10日は、連休中の活動疲れを癒そう?と元々お休みを取得しておりましたが、長野県のオレンジさんでえぇ目をしたので、いざ休みとなると富山県のオレンジさんスクランブルがちらりと頭をよぎりました。幸運にも?北陸方面はお天気よろしくなく低気温の予報。オレンジさんのついでにと、密かに思いを寄せておりましたギフチョウさんの生息環境も衰亡してしまったようですのでお見送りして、連休中に撮影した画像の整理などいたしております。

180421_13.jpgsikiri160.jpg さて、3つ前の記事で、「ヒメギフの画像はさておき、バンドさんはどうだったの?」という声が聞こえてきそうですが、今シーズンは出逢えておりません。バンドさんに出逢える場合は、そのシーズンの「初球」ということが極めて多い私でございますが、今シーズンの白馬村での「初球」はこんなノーマルな個体でございました。(撮影:2018年4月21日 長野県)

180427_007.jpgsikiri160.jpg ところで、2つ前の記事、2日かけて複数のオレンジさんと戯れたのですが、その「初球」、気温が低い中、なよなよと飛んで地面に休んだオレンジさん、「うひゃあ、いきなりスレて色褪せた個体かぁ〜」と一瞬思ったのですが、よく見ると縁毛びっしりで新鮮な個体。鱗粉か色素の発達障害と推測される異常型でございました。(撮影:2018年4月27日 長野県)

180428_083.jpgsikiri160.jpg 比較のために、ノーマルな色彩のオレンジさんの静止画像を貼っておきましょう。うん、これが本来のオレンジさんの色でございます。2日間で多くの吸蜜シーンの画像が得られたのですが(それはまた、改めて披露させていただきますね)、こういう開翅シーンの静止画像って、意外と撮れないんですよね。(撮影:2018年4月28日 長野県)

180506_1810.jpgshikiri105.jpg 最後は食べ物画像でしめておきましょう。そばや天丼の画像を某サイトやブログで拝見したので、私は、連休最終日に行きつけのそば屋で妻な人と一緒に食べた天ざる画像。ここの甘めのそばつゆ、私好みなんですわ。(撮影:2018年5月6日 京都市左京区)

posted by kenken(管理人) at 11:50| Comment(10) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いいですねぇ。もういるのですね。
今 いまだミヤマカラスアゲハばっかり追っかけてますが、クモマツマキチョウ 私もぜひ撮りたいものです。

旅費とタイミング(金運)にめぐまれること 祈るばかり。
Posted by field24k at 2018年05月10日 18:38

field24kさん
 まいど、コメントおおきにです。
 今シーズンは、ギフチョウの発生の早さから、オレンジさんも例年よりは1週間から10日早い発生と推測しておりましたが、伝聞情報も事実もそのとおりで、「4月に撮った」ことに価値を感じております。
 なんの、貴サイトのミヤカラ良いですねぇ〜特に♀は狙って撮れるものではないので価値ある画像でございますね。
 祈りましょう、念ずれば叶うことも!
Posted by kenken(管理人) at 2018年05月10日 19:23

白化型のクモツキ、こんな変異もあるのですね。
貴重ですが、やはり濃いオレンジが魅力の蝶なので、この個体しか撮影できなかった場合は物足りなく感じるかもしれません。(笑)
Posted by BANYAN at 2018年05月10日 20:39

クモツキ、1994年5月29日以来ご無沙汰です(笑)。
ハードル高過ぎの九州人にとって、せっかく見れるならやっぱり濃いオレンジが嬉しいかなぁ〜
当然のことながら未撮影。撮りたいなぁ〜

天ざる蕎麦、美味そうですね。蕎麦屋が少ない九州ではこちらも普通種とは言えません(笑)。
Posted by nomusan at 2018年05月10日 21:20

BANYANさん
 まいど、コメントおおきにです。
 オレンジも薄いし、翅端の黒も薄い感じでしょ。薄いながらも色素はあって発色しているので、完全なアルビノではなくて、色素異常と考えております。
 確かにこの個体、吸蜜シーンも含めて何枚も撮影したのですが、撮ったという手応えがありませんわ。(笑)
Posted by kenken(管理人) at 2018年05月10日 22:34

nomusanさん
 お呼び立てしたようで、コメントおおきにです。
 是非、撮りにきてくださいなぁ〜
 オレンジさんは長野、富山は採集規制されておりますので、見つければ比較的撮り易いかと。ん、でも、遠いかなぁ〜
 「白い鴉」に「御意」と返せる後輩に依頼するのも一策なのかな?(笑)

 こちら、蕎麦屋は多くても、ごぼ天うどん分布しておりません。(笑)
Posted by kenken(管理人 at 2018年05月10日 22:36

いや、だから、探してるんですわ。
富山で。

旨い肴とお酒を地元スーパーで調達し、温泉入って、ああ、こりゃこりゃ。
翌日には往復10q以内の徒歩で、しかもオレンジさんが見られるトコロを…。

ですから、チョッと前にO川温泉に行ってみたんですよねぇ。

ココなら温泉付き素泊まり3240円の不老館という湯治宿があるので、最適だと思ったのですが、肝心のオレンジさんが居らんかったんですわ…。
Posted by ふしみや at 2018年05月11日 08:38

ふしみやさん
 きゃあ、早速のレス?おおきにです。
 そうなんですよねぇ〜 実は私も富山でお奨め探していたりしますが、必ず見れるかというと、これはその年に行ってみんと分からんし・・・
 オレンジはダメ元で、「ああこりゃこりゃツアー」って心持ちが肝心かもしれません。オレンジ見れなくても白い鴉さんのお話が伺えるなら参加したいわぁ〜
Posted by kenken(管理人) at 2018年05月11日 08:52

淡色のクモツキ、素晴らしいです‼❕!

鱗粉形成不全によるタイプは
飼育個体で見た事が有りましたが、
このようなタイプは記憶にございません。
(ほんのりオレンジ出現♀というのは画像のみ見た記憶)

ましてや野外でここまで綺麗な状態で出会えるとは・・・

前翅外縁も淡色ですし、触角の色彩からも
アルビノと言って宜しいかと思いますが。

ん〜む、現物を実見したかったですぅ〜。
Posted by Rhetenor at 2018年05月11日 09:05

Rhetenorさん
 びっくりマーク連打のコメント、おおきにです。
 これね、標本でも見たことないタイプで、最初は、「うひゃあ、この時期なのに超スレ個体かっ」って思ったんですけど、縁毛見るとふかふかやし、自分の視力の色彩認識力が加齢で衰えたのか?なんてことまで考えさせられて、理解不能でしたわ。しかし、冷静に観察すると白化型なんでしょうね。
 この後ね、この個体の素晴らしいスミレ吸蜜画像もばっちり得られたので、またの機会に披露したいと思います。

> 触角の色彩からも
→さすがにいつもながらの鋭い観察眼でございますな。
Posted by kenken(管理人) at 2018年05月11日 12:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。