2018年04月24日

「ヒメギフ」(2018年4月22日)


180422_24.jpgsikiri160.jpg 4月21日〜4月22日と新潟県〜長野県まで撮影遠征しておりました。両日ともに気温が高い日でございましたなぁ〜
 多くのギフチョウさんとヒメギフチョウさんに遊んでいただきましたが、暑いので飛んでばかり。その中で羽化直で動きの鈍いヒメギフさんに遭遇。まだ翅がしなっとしており、ほとんど飛ばず。赤斑が大きくとても美麗な個体でございました。

180422_31.jpgsikiri160.jpg そのうち翅が乾いて吸蜜でもしないかと1時間近く見守っておりますと、別個体が飛来し、絡んだかと思いきや、あっと言う間に交尾が成立しました。あっ、見守っていた個体は♀やったんや!交尾シーンではじっくり翅裏が撮れますね。意識して逆光側から強めにストロボ焚いて撮影してみました。やっぱしヒメギフさんはえぇなぁ〜

 ところで、K大の蝶類研究会の会誌って、「SPINDA」って言うのですが、創刊当時は「ヒメギフ」って会誌名だったんですよねぇ〜知ってました?
posted by kenken(管理人) at 01:29| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。