2018年02月25日

続・最近のkenken

 久々のブログ更新でございます。
 今シーズンはいつギフチョウさん飛ぶんでしょうね。蝶の観察・撮影遠征の日々が始まる前に、2月最後の週末、家族でほっこりしようと、丹後半島までカニ&温泉旅行に電車で行ってきました。

180223_386.jpgshikiri105.jpg180223_395.jpgshikiri105.jpg 電車の旅は、移動しながら飲めるのが醍醐味ですな。JR京都駅のこのローストビーフ丼、マジ美味いです。1,000円でお釣りも来るので次回の電車旅でも必ずリピートするでしょう。
180223_397.jpgshikiri105.jpg 丹後半島、例年より積雪量多いようで、標高低いところでもこんな風景でございます。車窓から見える山の林床をじっと目を凝らしながら観察しておりました。付近はまだ鹿害の影響は少ないようです。

180223_406.jpgshikiri105.jpg 今回は、庭付き、24時間源泉かけ流しの露天風呂付きのお部屋にしました。庭の真ん中の白いのは雪です。撮影遠征では車中泊&銭湯ですが、家族サービスならではの贅沢でございますよ。

180223_417.jpgshikiri105.jpg180223_418.jpgshikiri105.jpg180223_419.jpg

180223_420.jpgshikiri105.jpg カニやブリのお造り、一口寿司から始まって、ゆでガニ→焼きガニ、カニ鍋と進んで、白ワイン、ビール、日本酒で数献に及んで出来上がり、最後のカニ雑炊時には写真を撮り忘れてしまいました。(笑)

 さて、最初の話題に戻りますが、今シーズンはいつギフチョウさん飛ぶんでしょうね。ここ数年、も〜やめようかなぁ〜と思いながらも続けている積算温度グラフ、今年も作成してみました。
180225_tr.jpgshikiri105.jpg お馴染みの静岡県のデータです。今シーズン、2月前半が超低温で、積算温度的にはここ10年で最も遅い春になっております。このペースで推移すると、最速でも初見日は3月20日以降になりそうですね。

posted by kenken(管理人) at 21:17| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
温泉・おいしいもん・さけ・・・いいですねー

私方、事情により1月初めよりfieldに出るどころかカメラにも触れない状況が続いてます。早くこの状況から解放されんことを願うばかりです。

私も今庄の2月からの積算温度グラフを作成してますが、今年は積算どころかマイナスへ減っていく状況が続き、ようやく増える方になったところです。
ギフチョウいつでるかなぁ。
Posted by field24k at 2018年02月27日 11:47

field24kさん
 はいよっ、コメントおおきにです。
 あらら・・カメラにも触れない状況とは・・大丈夫ですかぁ〜
 な〜に、朝の来ない夜はない、春の来ない冬はない、いずれ解放されますこと、お祈り申し上げます。

 今庄の積算温度グラフとまマニアックですね。
 そう、2月の頭は平均気温マイナスの日もありましたもんね〜
 この地域は、初見日予想には降雪量による補正が必要で、なかなか悩まされるところです。

 北陸は相当遅いと思いますよ・・・と言いたいところですが、今日は驚くほど暖かい京都でした。
Posted by kenken(管理人) at 2018年02月27日 21:09

今年は寒いのに関東ではモンキチョウ、ベニシジミ,ミヤマセセリなどの各種の蝶は発生が早いです。
ギフも早いのか、データが正しいのか興味深いです。
Posted by BANYAN at 2018年03月06日 18:16

BANYANさん
 ご登場、おおきにです。
 ん?ミヤマセセリがもう飛んだとなっ!?マジですかっ!
 成虫越冬個体が飛ぶのは理解できますが・・・
 確かミヤマセセリは幼虫越冬で、そのまま摂食せずに蛹化→羽化という特異な生態ですよね。ギフいつ飛ぶのか、楽しみです。
Posted by kenken(管理人) at 2018年03月06日 19:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。