2017年06月12日

尾突四白2017(2017年6月10日)

 おかげさまでお仕事が超繁盛しておりまして、土・日を撮影にあてていると、ブログ更新する間がございません。ようやく本日、ちとゆとりができたので、今シーズンの初キマ画像をUPしておきましょう。
 この日、New撮影ポイント探索するも不発、ひょっとしたらフライング?に終わり、残り少ないテリタイムに京都市内の既知ポイントを訪れて、とりあえずの今年の初キマ画像をゲットでございます。

170610_01.jpgshikiri105.jpg うん、初球は見事に「尾突四白」でよろしゅうございました。この日、結構風がありましてね、尾突4本が綺麗に風に流れている画像って、実は撮るの結構難しいんですわ。

170610_02.jpgshikiri105.jpg ぎりぎりテリタイムなので、風が止むと開いてくれました。お気に入りの翅表と翅裏を同時に写し込んだ画像でございます。残念ながら、この後すぐに別個体と卍飛翔になりましてね、どこかへ消えてしまいました。

 今年は若干発生が遅めと睨んでおりましたが、どうなんでしょうね。

170610_03.jpgsikiri160.jpg 上の画像の個体を撮影後に遭遇した複数個体は、予想外にいずれも大破な♂。とは言っても、この個体なんかはバード・アタックを受けての大破なご様子で、上の画像の個体と比較すると縁毛なんかはびっしり揃っていて、発生したてのようですね。ちぎれているので不明ですが、短尾な香りが漂っている個体でございますな。

 お決まり画像も得られたので、この後はひたすらNew撮影ポイントの開発に勤しんでおります。
posted by kenken(管理人) at 19:40| Comment(6) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
翅表と翅裏を同時に写し込んだ画像、良いですねぇ。

私も狙っていましたが、
もう少しのところで“卍移動”になちっやいました。


やっぱ、後翅肛角を狙ってパクついてるみたいですね。
“頭部擬態”とでもいうのでしょうか?
・・・自然のなせる技の極かと。
Posted by Rhetenor at 2017年06月14日 12:36

Rhetenorさん
 まいど、コメントおおきにです。
 意外と翅表と翅裏を同時に写せる半開って短時間なんすよね。
 テリタイムは全開になることが多いような。

 実はこちらも全開になる寸前に卍飛翔になって消えました。
 撮影にはピカピカの1頭ってのが最も良いのですが・・・

 尾突や肛角紋は、やはり「頭部擬態」って貴兄も感じられますか?まったく同意見です。
 私自身は鳥屋に擬態ですが・・・(笑)
Posted by kenken(管理人) at 2017年06月14日 21:47

いつもながらの綺麗な画像、心の保養になります。ありがとうございます。
最後の個体は、私も一目でバードアタックと思いました。
派手なオレンジの紋も、4つもある尾状突起も、全ては偽物の頭部に見せかけるための仕掛けだったのだと、この画像を見て個人的には確信しました。
キマルリが鳥から生き残る方法を示した貴重な写真ではないでしょうか!!
Posted by ブルメイ at 2017年06月20日 06:06

ブルメイさん
 これは、これはご無沙汰いたしております。
 ご登場&早朝からのコメントおおきにです。
 拙写真、お褒めにあずかり光栄でございます。

 やっぱし貴兄もそう感じられましたかっ!
 こうやって尾突で頭部擬態して生き残っていくのでしょう。
 特に、傾いた葉上でテリ開翅する際、実際の頭部を下側にしているのを見ると、ますます頭部擬態を確信しますね。
Posted by kenken(管理人) at 2017年06月20日 06:31

相も変らぬ本当に素晴らしい画像です!!

ジッと見ていると部屋の中でネットを振りそうになります。
Posted by 山キマ at 2017年06月20日 22:49

山キマさん
 うをっと、ご登場おおきにです。
 最大限のお褒めにあずかり光栄でございます。
 思いっきりネット振ってくださいませ。(笑)

 以前、ふしみやさんとご一緒してたら、帽子をかぶった私の頭上でキマがテリを!どこを訪れても私自身がテリポイントになるのではと妄想しております。
Posted by kenken(管理人) at 2017年06月20日 23:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。