2017年05月29日

オレンジの季節(2017年5月27日)

 2〜3の遠征記事をすっ飛ばして、5月27日のお話しです。オレンジの季節、とは言うものの・・・北へ行こうか、南へ行こうか・・・この日は妻な人が「たまには同行いたす」と仰せでございまして、それではと三重県で南のオレンジにいたしました。

170527_121525.jpgsikiri160.jpg 4月に入手した TAMRON 16-300mm VC MACRO レンズの性能チェックも兼ねて、まずは100mmで撮影。このズーム域だと絞り値は開放でF5.6。いろんな収差はあるものの、ウバメガシとピーカンのお天気それぞれの雰囲気が表現できてお気に入りの画像です。縦位置画像なのは心のゆとりのなせる業?

170527_110515.jpgshikiri105.jpgshikiri105.jpg 上の画像を得た同じカメラとレンズの組み合わせで22mm、F11に絞って撮影。実は16mmまで戻ったつもりがリングを回し切れていませんでした。(汗)水平線を水平に撮るのはとても難しゅうございます。

170527_35.jpgsikiri160.jpg 定番の300mm F4 IS レンズ装着のカメラに持ち替えて撮影。さすがに単焦点レンズだけあって、キレのある画像です。尾状突起が風で綺麗に流れて「二白平行」、手前のボケから奥のボケまで被写体の蝶以外はオール食樹のウバメガシというイメージどおりの画像も得られたので、ちゃっちゃと撮影切り上げて、オレンジの飛翔を見ながらお弁当で昼食。

 午後からは美術館、温泉と巡って帰路に。この日の走行距離360Km。北のオレンジに行っていたら結果はどうだったのだろう?今年は不作気味と伝え聞いておりますが。
posted by kenken(管理人) at 23:02| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
青い海に萌えるオレンジ!
良いですねぇ〜。
三種の焦点距離の比較、お見事です。

「二白平行」のチラリズム画像、
涙ちょちょぎれますぅ。

実はその翌日、私も南下し下記場所に赴きましたが、
同種を見かける事は出来ませんでした。

https://blogs.yahoo.co.jp/seikoudou_kanpou/39949856.html

Posted by Rhetenor at 2017年05月30日 09:15

Rhetenorさん
 16-300mmズームは手軽に広角からマクロまで撮れるので楽チンです。
 歪曲や色彩の収差では、さすがに貴兄お持ちの同社製の単焦点90mmマクロにはかないませんが、この画像を見る限りは許容範囲です。
 しっかし、こいつは開きませんねぇ〜現在のタイトル画像が精一杯です。

 以前にもレスしましたが、こいつは内陸部へ行けば行くほど斑紋の「歪曲さ」が増す傾向があるように感じますが、それに反比例して個体数は減るような・・・
 軟弱な海岸部よりハードな内陸部に出撃された心意気にリスペクトです。
Posted by kenken(管理人) at 2017年05月30日 12:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。