2017年04月16日

九州で撮影開幕(2017年4月15日)

 「4月14日(金)の大分県でのお仕事、前泊の1泊2日で行ってもらえませんか?」ってな打診いただき、二つ返事で承諾。週末なのでお仕事終えた当日も九州泊して、今シーズンの蝶撮影の開幕戦を翌4月15日に、ギフチョウではなく、ひねりを入れて九州のスギタニルリシジミで取り組むことにいたしました。

170414_0256.jpgshikiri105.jpg 4月14日は「民宿 呑むさん」泊。宿賃代わりに近所のスーパーで食材を購入させていただき、宿主と再会の一献でございます。「半額」や「40%引き」のシールが食材の美味さを倍増させてくれますね。(笑)

170414_0261.jpgsikiri160.jpg170414_0258.jpgshikiri105.jpg 一献後の〆めは久留米ラーメンにいたしました。「宿」から徒歩5分くらいのところ。久留米って、ご承知のとおり、豚こつラーメンの発祥の地なんですね。一杯500円で大変美味しゅうございます。

 さて、蝶撮影には15mm、100mm、300mmの3セットの一眼デジカメ+レンズを持参する私ですが、今回はメインのお仕事の荷物があるうえに電車移動なのでそれは無理。そこで、交通費は勤務先負担ですが自費で行った思い、交通費相当のお値段の TAMRON 16-300mm F3.5-6.3 DiU VC PZD MACRO ズームレンズを購入し、EOS80Dに装着した1セットのみ持参することにしました。

 明けた4月15日、福岡/大分県境の福岡県側の山中は、早朝は曇りで気温低いものの急速にお天気回復して気温上がるという1日でございました。スギタニルリシジとルリシジミが混飛する中から、翅表の渋さでスギタニを特定し、

170415_32.jpgshikiri105.jpg まずは静止シーンの翅裏をテレ端300mmで撮影。九州のスギタニって、こんなに翅裏が白く、斑紋も個体変異豊富で、とても翅裏だけではスギタニって同定できませんね。

170415_28.jpgshikiri105.jpg 上と同じシーンをワイド端の16mmで撮影するとこんな感じ。思った以上にクリアな絵です。ズーム全域で最短撮影距離が0.39mで、もう少し寄れたかもしれません。

170415_34.jpgshikiri105.jpg 気温上昇に伴い本格的に飛翔活動する直前に一瞬でしたが開翅シーンを披露してくれました。うん、スギタニの翅表の渋い瑠璃色はよろしいなぁ〜 300mmテレ端での撮影で、さすがに単焦点マクロレンズのキレ味には及びませんが、1本のレンズで広角とマクロのこんな両画像が得られる機動性を考慮すれば、十分に鑑賞に堪えられる画像ではないでしょうか。そんなレンズ評価でございます。

 キマリンの季節には、毎日このセット(EOS80D+TAMRON16-300mm)を携帯して通勤し、スクランブル態勢を取ろうかなと考えたりしております。

【以下、2017/4/17追記】TAMRON16-300mmは量販店で値引き交渉して税込¥54,000 < お仕事の旅費精算額は¥55,600となったので、お値段的にもぴったりの選択でございました。
posted by kenken(管理人) at 22:07| Comment(8) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
白いスギタニの開翅・・・

その渋い翅表に感動でっすっ!!!
Posted by Rhetenor at 2017年04月16日 23:55

Rhetenorさん
 うをっと、深夜に素早いコメント、おおきにです。
 九州のスギタニ、翅裏はホンマに白いですね。噂には聞いておりましたが、翅表の渋いブルーを確認しないと、翅裏のみでスギタニルリ/ルリの識別は困難でした。とお〜っても上品な翅表です。
Posted by kenken(管理人) at 2017年04月17日 06:13

いわゆるシゴナニですね。(笑)

僕も4月初めに山口ギフ・大分または鹿児島スギルリをかけて遠征しようかともくろんだのですが、お天気に勝てずあえなく中止になっていました。

大分のスギルリ時期は今頃なんですね。
僕が行こうとした4/8,9だと早かったのかなぁ・・・

でも今回のレンズ十分に機能を発揮していますねぇ・・

一本のレンズで多機能 蝶やにはピッタリのレンズで…
Posted by usr70043 at 2017年04月17日 09:29

usr70043さん
 ご無沙汰いたしております。
 ご登場、おおきにです。

 はいなっ、貴兄の得意技の「シゴナニ」でございますよ。(笑)
 九州のスギルリは、標高にもよりますが、早い年ですと3月にも出るようで、今年は3月低温でしたので、この時期に行ってみましたところ、新鮮でした。
 前日まで山口ギフと両天秤しておりましたが、前夜の天気予報を見てスギタニ開幕に決定しました。

 このレンズ、今回が初の実戦投入で、そこそこキレ味のある画像が得られることが分かり、軽くてコンパクトなので「シゴナニ」用として実戦配備です。
Posted by kenken(管理人) at 2017年04月17日 12:05

食材持ち込みのご宿泊、お心遣いに感謝です(笑)。
”南京千両”もお気に入り頂いたようで嬉しゅうございます(笑)。

白いでっしゃろ? 九州スギタニ。
で、裏面はねぇ〜・・・
特に今年は見た目ではややこしい個体が多かったような気がしますねぇ〜(笑)。
Posted by nomusan at 2017年04月17日 18:46

nomusanさん
 貴宅の常備酒はいけますねぇ〜
 食材のお味が一気に膨らみました。
 南京千両も行きかったお店でGOODです。

 あのスギタニの識別大変ですわ・・・
 渋い翅表を見ない限り、同定できませんな・・・
Posted by kenken(管理人) at 2017年04月17日 22:06

スギタニルリシジミ、白いですね・・・。私が昨日滋賀で観た個体とは別種に見えました。どちらかというと、ルリシジミですね。
Posted by ひかり at 2017年04月18日 23:57

ひかりさん
 そうなんでわ。九州の個体群の翅裏は白くて、ルリとの識別に難儀します。
 写真の個体は、翅表の渋いブルーでスギタニと特定できたのですが、ルリとスギタニが混じって吸水していても、翅裏だけでは同定困難ですね。
Posted by kenken(管理人) at 2017年04月19日 07:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。