2017年02月25日

2月25日(土)講演会「消えゆくチョウたちを知る・撮る・守る」

170225.jpgsikiri160.jpg 1つ前の記事で紹介しておりました兵庫県伊丹市昆虫館でのチョウの写真展がこの2月27日で終了となります。
 それにあわせて、2月25日(土)にプチ講演会が開催されますので、ご興味がおありの方は足を運んでみてください。
 詳細は、ポスター画像をクリック! 
 また、以下にも、昆虫館からの案内を引用いたします。

 チョウが減少している現状を知って頂き、生物多様性の保全について一緒に考える講演会です。また、チョウにより親しんでもらうための撮影テクニックについても紹介します。

講演内容:
(1)近畿地方から消えゆくチョウ(森地重博)
(2)近畿地方北部のウスバシロチョウ産地の現状−特に鹿の食害の影響について(小野克己)
(3) チョウの写真撮影法−入門から目標を立てた撮影まで−(三輪成雄)

日時:平成29年2月25日(土) 14:00〜15:30(開場 13:50)
場所:伊丹市昆虫館 1階映像ホール
兵庫県伊丹市昆陽池3-1 http://www.itakon.com/
参加費:無料(入館料は別途必要)
申込方法:予約不要・当日先着70名

その他:講演会終了後、開催中のプチ展示「チョウが消えてゆく〜絶滅の危機にあるチョウを守る〜」(伊丹市昆虫館・チョウ類保全協会共催)のギャラリートークも開催いたします。
posted by kenken(管理人) at 00:00| Comment(7) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
講演会とぉ〜っても行きたいです!

ただ土曜日は夕方までお仕事なんですよねぇ(悲)。
Posted by Rhetenor at 2017年02月18日 14:54

Rhetenorさん
 おっと、目ざとく記事を拝見いただき、コメントおおきにです。
 ですよねぇ〜土曜日はお仕事の方が多いですもんね。
 講演内容は、ご希望あれば、後日、お伝えするようにいたしますね。
Posted by kenken(管理人) at 2017年02月18日 21:00

本日、小野さんと少しお話しました。
森地さんもお見掛けしたのですが、
お手洗いに行っている内にお帰りになられたようで・・・

ハイなっ、またお話を聞かせて下さいませ。
Posted by Rhetenor at 2017年02月19日 18:05

Rhetenorさん
 さっそくの追伸、おおきにです。
 おっと、本日は何か蝶関係の集まりでございましたかな?
 ハイなっ、オンシーズンに個別レッスンとまいりましょう。(笑)
Posted by kenken(管理人) at 2017年02月19日 18:52

こんにちは。講演会には勤務日で行けず、残念でした。1月に昆虫館で保全協会の展示を拝見し、美しいお写真を楽しませていただきました。

特にウスバシロチョウの解説は興味深く、滋賀や京都の消長はどうなんだろうか、と思いました。
Posted by ひかり at 2017年03月01日 12:36

ひかりさん
 まいど、コメントおおきにです。
 1月に昆虫館を訪問されたこと、貴ブログにて拝見しておりましたよ。

 先日の講演会でO野氏から解説がありました。
 ウスバシロ、京都も滋賀も鹿害で惨憺たる状況です。
 民家の近くで鹿避けネットの張ってあるところや、道路を横断しないと行けないような「人の手の入った環境」にぎりぎり残っている感じですね。
 今年は、ウスバシロも真面目に撮っておこうかなと思っています。

 新成虫の撮影を2月にサツマで入るというのはお洒落ですね。
Posted by kenken(管理人) at 2017年03月01日 21:28

連続コメント失礼します。また、拙ブログをご覧くださり、誠にありがとうございます。初心者のありふれた記録ばかりですが、自己満足で書いてまいります。

ウスバシロチョウ、京都や滋賀もそんなにひどい状況なのですね。そういえば、昨年本種を観た場所は、意外にも人里の傍らでした。

2月のサツマシジミ、おそらく発生のごく初期だと思いますが、採れてなによりでした。
Posted by ひかり at 2017年03月01日 23:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。