2016年12月05日

トンボの国(カレンダーの季節)

161205_8230.jpgshikiri105.jpgトンボの国
 古代、日本は『秋津州(あきつしま)』の別名で呼ばれていました。その意味は『トンボの島』。稲の害虫を捕食することから農業の守り神として愛され、衣裳の文様や工芸品のモチーフとしても使われてきました。
 トンボは、全世界に約5,000種類が生息し、日本には200種類近くが分布しています。現在ではビオトープや生物多様性のシンボルにもなっています。2017年のカレンダーでは、日本産トンボのほぼ全種を中心に構成します。

表紙がそんな書き出しのH社のカレンダーが勤務先に宅配されてきました。

161205_8229.jpgshikiri105.jpg 宅配便の宛先となっているFさんにお伺いすると「そちらで適当に使ってください」との(予想どおりの)嬉しいお返事いただいたので、さっそく我が家で使うことにして持ち帰りました。

 うん、来年、毎日が極楽トンボのように過ごせるといいなぁ♪
【業務連絡】アオハダトンボは♀♂が表紙の12月に掲載されておりますなぁ〜
posted by kenken(管理人) at 21:48| Comment(4) | 昆虫一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
kenkenさん、こんばんは!
こちらへの書き込みはお初ですが、ROM専で何かとお勉強させていただいておりました。
拙宅からもリンクを張らせていただきますので
今後ともどうぞ宜しくお願い致します。m(__)m

トンボ三昧のカレンダー情報、どうもありがとうございます。
来年は365日がトンボ♪〜トンボ♪〜トンボ♪
ちょっと浮世離れした極楽蜻蛉と表口叩かれるオバサンとしては嬉しい限り。
目出度く届いたら、一番にアオハダトンボをチェックしますね。
楽しみで〜す。(^^)
Posted by Matsu at 2016年12月06日 17:23

Matsuさん
 ご登場&書き込み、おおきにです。
 おっと、カメ屋さんでしたかっ!
 カメのいるところにトンボありですかな。

 以前より、nomusanさんのブログのカキコから貴ブログ時々拝見しておりましたが、これを機会に相互リンク、有り難うございます!

 カレンダー、正規ルートでご購入申し込みされれば、まだ在庫はあると思いますが、無事にゲットできると良いですね。ゲットされた折りには、またブログで書いてくださいね。

 ところで、表紙に「日本産トンボのほぼ全種」と書かれていると、載ってないのはなにやろっ?って考えてしまう私です。蝶カレンダーやったら分かるのですが・・・
Posted by kenken(管理人) at 2016年12月06日 20:08

kenkenさん、届きましたよ〜(^O^)/
アオハダトンボって、こんなんでしたっけ?(爆)
日頃は同定の都合上、胸や腹が見分けられる真横から撮る癖になってるもんで、お天道さまから見えるトンボの姿には新鮮さを覚えます。
こんなに綺麗な生きものだったんですね〜☆
要老眼鏡な種名などの表記に難儀しそうだから、名前当てっこゲーム的にも楽しめそうです。(^^ゞ

かつて硫黄島で1♂捕獲した記録がある種を「日本のトンボ」にカウントしてるのを改めて知って、なんというか・・・フリーズしました。(笑)
目下のレポに目途が付いたら、うちでもこのカレンダーを紹介しますね。
Posted by Matsu at 2016年12月09日 21:21

Matsuさん
 えっ、もう届いたとなっ!無事にゲット、おめでとうございます。
 やはり野外での生態写真と真上からの生態?標本?写真では、翅の色表現にかなり差がありますしね。
 蝶もそうですが、野外で生き生きした姿を写真で表現したいものです。

 ほぉ〜、硫黄島で1♂ね・・・そんな話、初めて知りました。

 目下、社内で2本目をタダでゲットできないか、網を張っていますが、なかなかかかりませんなぁ〜(笑)
Posted by kenken(管理人) at 2016年12月09日 21:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。