2016年07月17日

クロシジミ♂の表現は難しい(2016年6月26日)

 前日の雨中に傘をさしての探索に慣れた?ので、この日も雨中を北陸方面へとスクランブル。撮影地に到着するも本降りの雨。天気予報を信じて待機し、小雨になってきたので探索開始でございます。
 なんとかクロシジミの♂を発見し、蝶も我が身も濡れないように傘をさして1時間ほど待つと、ようやくお天気回復傾向で明るくなり翅を開いてくれました。傘をさしての撮影でございます。(ここまでやる物好きは、そうはおらんやろな・・・)

160626_065.jpgsikiri160.jpg160626_19.jpgshikiri105.jpg 辺り一面、雨に濡れたこんな環境。V字までは開きましたが、これ以上は開きません。もう少し前方から見下ろすようなアングルで撮ると翅表の紫が上手く表現できるのですが・・・草葉に遮られて回り込めず、やがてどこかへ飛び去りました。まあ、こんなもんですかな。

 雨が上がると急速にお天気回復し、日が射し始めて一気にお天気良過ぎ、暑過ぎの状態に・・・直射日光下ではえぇ色が出ないので、今度は傘で影を作りながらの撮影でございます。

160626_118.jpgshikiri105.jpg 先程のとは別個体、超新鮮です。静止している位置から、これ以上前には回り込めず。マイ好みの「翅表と翅裏を同時に表現」という撮り方では納得のいく1枚ですが、もっと翅表の紫を表現したいね・・・

 この日は♀は1頭も見ませんでした。(福井県)
posted by kenken(管理人) at 20:20| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。