2016年06月09日

瑠璃色の魅力(その1)(2016年6月4日)

160604_16.jpgshikiri105.jpg 1年に1日だけチャレンジするクロミドリシジミの翅表狙い。う〜ん、♂を目撃するも飛び去ってしまい、残ったのは♀。新鮮な個体なので、翅裏ですが大切に撮影しておきました。

160604_5381.jpgshikiri105.jpg こんな環境。陽が当たるまで待てば開翅するのでしょうが、♀の翅表は何度も撮っているので広角写真で切り上げて、ウラナミジャノメの探索に赴くも全く出逢えず。未発か不作か微妙なところ。<愛知県>

 さて、どうしましょう。この日は、午後には西のほうから雨との天気予報。瑠璃色に魅かれて、愛知から京都or兵庫狙いで黄金の引け足の大移動を決意。結局、お天気持ったので、京都は素通りして兵庫まで来てしまいました。

160604_29.jpgshikiri105.jpg 明るい曇り〜若干の小雨なるも、蝶は十分に活動しておりました。う〜ん、テリ張っていたのは、瑠璃色は瑠璃色でもルリタテハ。ん、でも、こいつえぇ蝶ですねぇ〜大切に撮影しておきました。

160604_09.jpgshikiri105.jpg 足元を何やら飛ぶんので見てみたら、ウラナミジャノメではありませんか。愛知のかたきを兵庫で討つ?そんなことではありませんが、こちらも大切に撮影しておきました。<兵庫県>

 翌6月5日は穏健に、既に発生の一報のある地元・京都の瑠璃色にいたしましょう。ちらっとタイトルバックにも予告編的画像を載せておきます。
posted by kenken(管理人) at 19:55| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こうして入るのはお初になります。

うまくいくかどうか少々不安ですが・・・・・。


タイトルバックの♀キマのしっぽがきれいに4つ並んでいるのが素敵です。

その2が楽しみ。
Posted by 8823 at 2016年06月13日 08:36

8823さん
 これはこれは、マニアックな方からコメントいただきおおきにです。
貴兄にご登場いただけるとは、拙ブログも箔が付きます。
 お元気にご活躍の記事を某SNSで拝見させていただいております。
 
> こうして入るのはお初になります。
> うまくいくかどうか少々不安ですが・・・・・。

 あれっ?約5年前(2011/7/21)にもご登場いただいておられますよね。
 ↓滋賀県のThymelicusにマニアックに感動いただいて。 
 http://melitaea.seesaa.net/article/387664102.html

> タイトルバックの♀キマのしっぽがきれいに4つ並んでいるのが素敵です。
> その2が楽しみ。

 おおきにです。「その3」まで予定しておりますよん。
 キマリンは、尾突四白はもちろんのこと、翅表の瑠璃色、翅裏の黒条中の銀線と撮影していると表現力が問われる被写体でございます。

 ところで、先日、兵庫県南西部でキマリン探索しておりましたら、Thymelicusに遭遇しました。後日、記事と写真をUPしますので、またご覧くださいませ。
Posted by kenken(管理人) at 2016年06月13日 12:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。