2016年06月05日

蝶と食樹(黒梅擬に紅紋烏小灰)(2016年5月29日)

 本日6/5(日)は久しぶりに雨の日曜日。やや気温も低いですね。午前中は完全休養でブログ更新なんぞしております。
 「梅にウグイス」「紅葉に鹿」・・・ことわざ辞書でひくと「取り合わせのよい二つのもの、よく似合って調和する二つのもののたとえ」などと載っておりますが、蝶も食樹(食草)と一緒に写し込むとしっくりきます。さて、前回記事の続きでございます。

160529_50.jpgshikiri105.jpg クロウメモドキでテリを張る♂。この日は夕方近くまでピーカンで、撮影条件的には直射日光に苦しめられましたが、背景が黒くなる位置に静止してくれたので食樹と蝶だけを表現できました。

160529_59.jpgshikiri105.jpg すぐ近くで♂がテリ張るクロウメモドキに産卵に訪れたノーマルタイプの♀。終日観察するも、不思議なことに、♂と♀のからみは全く見られませんでした。♂のテリって、♀との出会いのためではないのかな。

160529_83.jpgsikiri160.jpg160529_95.jpgsikiri160.jpg 同じく産卵に訪れた紋流れタイプの♀。産卵位置を探してか、葉上を歩いて回転してくれたので容易く左右両翅裏が撮れました。左翅裏画像を精査比較したところ、1つ前の記事で活動開始時の日光浴を撮影した♀でした。クロウメモドキの実が良いアクセントです。縦位置画像は花札を意識して?(笑)

 ♂と♀の出会い、追飛、求愛、交尾はいつ、どこで?絵になる吸蜜写真も撮りたいな・・・なんて疑問や思いが湧いてまいりました。来シーズン以降の課題といたしましょう。
posted by kenken(管理人) at 08:50| Comment(6) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
テリ張り、産卵、紋流れと素晴らしいですね。
ゼフの場合は雌が止まっていると気づかず近くを通ることも多いと思います。
雄同士の争いに熱心な個体と葉上の雌を探すのに熱心な個体がいて、どちらが有利なのかと思いながら観察しています。
ベニカラも似たような感じですかね。
Posted by BANYAN at 2016年06月06日 13:43

多くの上級者の方々がご覧になってる場で素人同然の私がこんな事書くのは恥ずかしいのですが、どなたかご教示頂ければ・・・
以前、オオウラギンヒョウモンの撮影に行って、♀を見つけて開かないかなぁ〜って思ってぼんやり眺めていると・・・
せわしなげに”♀を探してるのかな?”と思しき♂が数等すぐそばまで来ても♀に気づかないのか?素通り・・・。
あと、キリシマミドリシジミでも同じような場面がありました。
♀がその気になってテリに入って行かないと”大願成就”にはならいのかな?
Posted by nomusan at 2016年06月06日 19:55

BANYANさん
 まいどコメントおおきにです。亀レスで失礼。
 画像、お褒めに預かり光栄です。
 後輩で蝶の行動研究をしているT君といろいろ話してみたところ、♂がテリを張っているクロウメに♀が下草付近の茂みからやってきた場合は♂は気づかない可能性が大とのことです。
 テリは、開けた空間を見張っているようで、そこに飛来したものの動きに反応するようですね。
 継続して観察してみようと思います。あわよくば、交尾写真狙いです。
Posted by kenken(管理人) at 2016年06月07日 12:15

nomusanさん
 まいどコメントおおきにです。亀レスで失礼。
 上記のように、Y先生と仲のよい後輩のT君と話する機会があり、いろいろ聞いてみたところ、やはり動きのないものには気づかないようですね。
 オオウラギンやキリシマの観察例のコメントが入るところなんぞ、貴兄も上級者以外のなにものでもございませんね!きっぱり、きっぱり。
 交尾は確かに大願ですね、交尾写真も大願です。
Posted by kenken(管理人) at 2016年06月07日 12:17

ベニモンカラスの産卵行動と静止写真、きれいで素晴らしいですね。
ここ何年も出かけていませんが、昔ご一緒したころを懐かしく思い出しました。
℃の蝶でもそうかと思いますが、止まっているメスには気が付かないことが多いですね。
かと思うと、こちらは全く気が付かず、オスが止まっているメスを見つけて、よく見つけたなということも結構ありますけど、
Posted by ダンダラ at 2016年06月07日 18:52

ダンダラさん
 ご無沙汰いたしております。例年ですと白馬なんかで遭遇するのですが、今シーズンはギフの時期に仕事が忙しくお出かけできませんでした。
 お褒めのコメント、おおきにです。こんな写真がいとも簡単に撮れるのは、ダンダラさんや皆さんと一緒に観察しながら撮影した経験も含めて、いろいろ探索と続けたことの積み重ねかと思います。

 探雌行動の戦略は、種によっても異なると思いますが、観察していると飽きないです。確かに、クモツキなんかは巡回飛翔して、我々では気づかない静止している雌を発見しますもんね。

 ブログ、時々書き込み反映に時間がかかるようで、再コメント有り難うございます。ご指示どおり、最初のほうを採用させていただきました。お手数をおかけし、申し訳ありません。
Posted by kenken(管理人) at 2016年06月07日 19:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。