2015年06月18日

♀を撮る(2015年6月13日)

 この日は♀狙いの撮影に・・・

150614_1215.jpgshikiri105.jpg 当ブログは、猫ブログでもございまして、まずは、最近、画像がご無沙汰している「ふみ」号から。♀の三毛猫でございますよ。窓際の箱に入るのが好きで、まさに「箱入り娘」でございます。(笑)

 遠征先は兵庫県、お天気良過ぎたこの日、気温が高過ぎて・・・

150613_07.jpgsikiri160.jpg150613_09.jpgsikiri160.jpg ヒョウモン類は吸蜜もせずにお休みモード・・・そんななか、ようやくお目当ての♀に出逢えました。ウラギンスジヒョウモン♀、この不規則っぽい「豹紋」らしい柄がなんとも好みなんですわ。翅裏と翅表の2ショットをUPしておきましょう。

150613_072.jpgshikiri105.jpg 午後になって雲が出てくると吸蜜するヒョウモン類が・・・メスグロヒョウモン♀!この時期に♀に出逢うのは何年ぶりやろ・・・新鮮な個体は、ハッとする美しさがありますなぁ〜えぇもんです。

140913_10.jpgshikiri105.jpg←ちなみに、これは比較参考画像で、昨2014年9月に愛知県で撮影した個体です。一夏超えると、独特の光沢はなくなって、綺麗なことは綺麗なんですが、ハッとしないんですわ・・・

 雲も出てきたことやし、そろそろ仕上げにキマリン狙いに・・・
posted by kenken(管理人) at 21:52| Comment(12) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
やった!久しぶりのふみ号さんの画像にしびれました。
なんか、語りかけて来るような妖しい眼がたまらんです。
って、勝手に興奮してどうする?ですが。

宮城ではもうウラギンスジは拝めそうになくなりました。わざわざ隣県の山形まで行かないとアカンです。

メスグロはまだ居ます。この黒さは実物より鮮やかな黒さのような気がします。
Posted by カトカラおんつぁん at 2015年06月19日 20:45

うーん・・・。メスグロ♀って羽化直後はこんなにベッピンさんなのですね。

昔、オオイチと見間違えた・・というウワサを耳にしたことがありますが、さもあらん・・と。

ウラギンスジも近隣では最近とんと見かけなくなりました。
Posted by 深山葵 at 2015年06月19日 21:26

カトカラおんつぁんさん
 まいど、コメントおおきにです。
 あっ、やっぱり「ふみ」号の画像を心待ちにしておられた方がおられましたよねっ。ようやく少し大人な猫になってきましたが、なんとも不思議な表情をしてくれます。
 ウラギンスジ、そうですか宮城では・・・ん、でも、まだ探せば残っているのではないのでしょうか?自然度も高そうですし。
 メスグロ♀の実物は、ハッとする「鮮やかな黒」の美しさがありますね。
Posted by kenken(管理人) at 2015年06月20日 05:20

深山葵さん
 まいど、コメントおおきにです。
 メスグロ♀は超別嬪だと思いますよ。それも羽化後数日くらいが最高でしょう。いつもそうなんですが、こいつを見つけると、「えぇっと、こんな蝶いたっけ?」と種名がすぐに出てこなかったりします。
 確かにウラギンスジは意識して探さないと見られなくなってますね。まあ、棲息する環境が少なくなっていますし。
Posted by kenken(管理人) at 2015年06月20日 05:26

出遅れました(汗)。
羽化直後のメスグロヒョウモンの♀、ほんまに超別嬪さんですよね〜。
私も初めて見たときびっくりしました。

で、この蝶九州では・・・クロコムラや”迷”狙いの時は・・・
不当な評価をもらってしまうことも(笑)。
Posted by nomusan at 2015年06月20日 22:11

nomusanさん
 なんの、出遅れとか気にされずに、お好きな時にどうぞ。
 私、メスグロ♀を初めて見たのは中学生の頃、兵庫県猪名川町で。こいついったいなんや?イチモンジチョウみたいやけど違うし・・・って思いましたわ。
 確かにクロコムラやリュウムラとかを狙っている時に出てくると萎えるかもぉ。(笑)
Posted by kenken(管理人) at 2015年06月20日 22:52

こんばんは。暖色系レディーはウラギンスジの雌だったのですね。オオウラギンスジはよく見かけるのですが、ウラギンスジは未見です。メスグロの雌は表も裏も大変美しくて、この季節出会えるとうっとりします。
Posted by ひかり at 2015年06月21日 00:18

ひかりさん
 まいど、コメントおおきにです。
 オオウラギンスジ、ウラギンは、意識しないでも出逢いますが、ウラギンスジは逢いにいかないと逢えない感じですね。
 メスグロの♀はおっしゃるとおりで、翅表と翅裏を同時に撮りたかったのですが、逃げられてしまいました。♀は寒色系になるというのも魅力ですね。
Posted by kenken(管理人) at 2015年06月21日 04:57

ウラギンスジも、雌の時期になってしまいましたね。今年は、特に季節の進みが早いようです。
結局、京都のキマリンは出撃しませんでしたが、いつも貴兄が綺麗な写真をアップされているので、撮影した気持ちになっています。
メスグロの雌は、ヒョウモンらしくなくて、私も大好きですよ。
Posted by ノゾピー at 2015年06月21日 06:17

ノゾピーさん
 まいど、コメントおおきにです。
 貴ブログでもお書きのとおり、今年は蝶の発生時期が早いですね。京都のキマリンも5月に見てしまいました。フィールドで、もう4〜5日早く来ても良かったかなと感じることがたまにありますね。

 メスグロはYF(Your Field)でも見られるのではないでしょうか。お書きのとおりヒョウモンらしくなくて、私もスミナガシと同じくらい好みです。
Posted by kenken(管理人) at 2015年06月21日 09:25

連続コメントです。
MFではメスグロはいないようです。
一度も見たことありませんもの。
♂と♀の違いが最も大きい蝶だと思いますよ。
Posted by ノゾピー at 2015年06月21日 13:56

ノゾピーさん
 連続コメント、おおきにです。
 へぇ〜、見かけませんか・・・意外と分布狭いのかなぁ。
 了解です。
Posted by kenken(管理人) at 2015年06月21日 15:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。