2015年06月14日

そうだ、京都、戻ろう!(2015年6月7日)

 「ウラナミジャノメ、満眼成就するまでとことん粘ったろ・・・」と愛知県まで出撃しておったのですが、いきなり初球で満眼成就し、2球目も。その後、気温が高過ぎて茂みに隠れているのか、発生初期のせいなのか、広範囲に探索しても追加がありません。時計を見ると、まだ11:00。「よっしゃ、同日に、満眼成就と尾突四白ねらったれ」とクイックで京都戻りでございます。

◆まだ13:00、キマリンのテリには早過ぎるので、まずは吸蜜個体探しでございます。これまで吸蜜タイムに来たことなかったけど、ここ、絶対おるはず・・・

150607_075.jpgshikiri105.jpg と思っていた場所で見事に発見!ヒメジョン吸蜜の撮影、久しぶりでございます。風による尾状突起のたなびきに注意しなから、尾突四白(4本の尾状突起の先の白ですよ)、気合いを入れて表現しました。

150607_081.jpgshikiri105.jpg キマリンの場合、できれば左右両翅裏を記録しておきたいもんです。回り込んで反対側から。この個体は、ほとんど左右対称ですね。これは「記録写真」なので、若干、背景がごちゃつき気味・・・(笑)

◆その後、テリポイントへ移動でございます。最盛期の感じで、息を飲むようなピカピカの個体には出逢えませんでしたが・・・

150607_1026.jpgshikiri105.jpg キマクロさんに出逢えました。しかも、短尾で耽美!漆黒の翅表、ピカピカならもっと綺麗なのでしょうが、それはまた来シーズン以降のお楽しみに。(今シーズンより導入のRICOHのコンデジGRでの撮影)

150607_1021.jpgshikiri105.jpg ホンマにキマクロ(キマダラ「ルリ」ツバメなるも、瑠璃色の部分がない)かいな?♀やから瑠璃色の部分がないんとちゃうの?ってな声も聞こえてきそうですが、きちんと翅裏も記録してありまして、♂でございます。

◆その後、別ポイントに移動したところ、運良く、求愛から交尾に至るまでの生態を間近で観察/記録することができました。

150607_211.jpgsikiri160.jpg 詳細は、きちんと紙媒体に記録/報告しようと思いますが、交尾完成後の写真のみ1枚しておきましょう。♂♀共に尾突四白で、文字通り千載一遇のチャンス!風があって難儀しましたが、なんとか合計8本の尾状突起の先端の白を全て表現できました。尾突八白?いや、これは、画竜点睛!と言ったほうがぴったりでございましょう。

 この日は、クロミドリシジミ→ウラナミジャノメ→キマダラリルツバメと移動し、屈指の成果が上がった1日で、よろしゅうございました。
posted by kenken(管理人) at 09:30| Comment(8) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
キマリンの交尾は憧れます。
翅裏を両側からは意識したこともありません。(^^;
満眼成就の写真も四字熟語シリーズもいいですね。
四面羽化なんて野外では無理でしょうか。
八方美人にも会いたいものです。(笑)
Posted by BANYAN at 2015年06月14日 13:51

BANYANさん
 ご無沙汰いたしております。
 キマリンって、微妙に両翅裏の斑紋が異なるので、くまなく撮影しておくと、後に個体の識別が可能なので、できるだけ撮るようにしています。例えば、翌日にも同じ個体がテリ張っていたのかどうかなど。
 書込御礼。(笑)
Posted by kenken(管理人) at 2015年06月14日 17:42

お久しぶりです。
見事な写真ですね!
私も交尾シーンは撮りたいと思っているのですが、
なかなか出くわしません(汗
それに・・・
ここのところの探索は不発ばっかりです〜
今年は出現がやっぱり早いみたいですね。
Posted by ぱて at 2015年06月15日 00:50

ぱてさん
 こちらこそ、お久しぶりでございます。
 ご登場、おおきにです。お褒めにあずかり光栄です。
 交尾シーンは運任せですからねぇ。
 以前に遭遇したときは、♂の1白が欠けていたのですが、今回は全部揃っていたので気合いが入りました。(笑)
 今年はいずれの蝶も発生時期は早いような・・・
Posted by kenken(管理人) at 2015年06月15日 07:26

ご無沙汰です。
いやー、相変わらず綺麗で、いいアングルですねー!

尾突八白(画竜点睛)、スバラシイ!
Posted by Mura at 2015年06月16日 10:03
Muraさん
 こちらこそ、ご無沙汰いたしておりますぅ〜
 懐かしの京都のキマリン、こんな感じでございます。
 お褒めにあずかり、光栄っす。
 九州暮らしはいかがですか?
 そちらは、そちらで、いろんな蝶がいてよろしいなぁ。
 また遊びに行きますね。
Posted by kenken(管理人) at 2015年06月16日 19:33

すばらしい成果のあがった一日ですね。キマルリの雄に黒いタイプがあることを、お写真から勉強いたしました。この蝶、地下鉄K駅近くの線路跡でしか観たことがなく、縁遠いです。

私は相変わらず、「寒色系レディー(♀)」にはモテまくり、他はサッパリな日々です。
Posted by ひかり at 2015年06月18日 00:02

ひかりさん
 深夜にコメントおおきにです。
 この日は、なかなか「当たり」でした。キマリンは、写真のように、稀に瑠璃色のない個体(キマクロ)や短尾の個体がおります。K駅付近でもキマクロは出るんじゃないかなぁ。あと、翅裏が黒っぽくなる「クロキマ」なんかもおりますね。
 なるほど、寒色系のレディーとな。
 こちら、次回の記事は、暖色系のレディーを登場させますね。
Posted by kenken(管理人) at 2015年06月18日 07:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。