2015年06月06日

逆光下での表現に悩む

150530_086.jpgshikiri105.jpg 断崖絶壁に自生するクロウメモドキ。食樹と一緒に撮影すると蝶の美しさが増すと感じるのは私の勝手な思い込み。逆光下で、蝶も食樹も背景の青空も・・・全てを綺麗に表現しようというのは欲張り?

 とは言うものの、なんとか良い雰囲気が出たのではないかな・・・
 産卵の合間にクロウメモドキの葉上で休息し、翅の摺り合わせ行動を行うベニモンカラスシジミ♀。(撮影:2015年5月30日 静岡県)
posted by kenken(管理人) at 09:30| Comment(8) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

これで斜め45度 表の斑紋が見えれば最高ですけどねぇ (笑)
Posted by usr70043 at 2015年06月06日 10:13

なかなか出合えないベニモンを、
逆光下でココまで綺麗に表現できるんですねぇ。
足場が悪く、小移動にさえ難渋されたでしょうに。

おまけに、かの地特有の変異個体とは・・・
恐れ入りました。
Posted by Rhetenor at 2015年06月06日 10:21

usr70043さん
 まいどです。
 過去に♀が産卵後の休憩中に開翅したという情報がありましてね、この日も最後の最後まで♀を見守りましたが、開きませんでしたわ・・・
 今のところ、翅表は飛翔中に撮るのがベストのようです。
Posted by kenken(管理人) at 2015年06月06日 15:05

Rhetenorさん
 まいどです。
 立っている地面が平らでないので足が疲れました。
 カメラアングルが逆光位置しかとれないので、弱ぁ〜くストロボ焚いて、自然な雰囲気で蝶も青空も表現したかったのですが・・・これが限界でした。
 白線流れ個体は運もありますが、バンドと同じくよく引きますし、ノーマル個体よりも翅裏にコントラストがあってピンが合いやすく重宝します。(笑)
Posted by kenken(管理人) at 2015年06月06日 15:12

なかなかナイスショットだと思います。
逆光下では何かを犠牲にしないと自然光ではどうしてもムリが生じてしまいますね。

あとは画像ソフトで『盛る』のが基本かと・・・。
特にコンデジ使用だとなおさらですわー。
Posted by 深山葵 at 2015年06月07日 08:27

深山葵さん
 まいど、コメントおおきにです。
 お褒めにあずかり光栄でっす。

 ちょっとコントラストや色合いが弱いですが、そうですね、考えると画像ソフトで盛ればいいわけだ。
 ↑上の画像は、RAWで撮ったのを標準設定で現像して縮小したのみですわ。
Posted by kenken(管理人) at 2015年06月07日 20:54

思わず、PCの背景に使わせてもらうことにしました。
Posted by カトカラおんつぁん at 2015年06月08日 22:29

カトカラおんつぁんさん
 まいど、コメントおおきにです。

> 思わず、PCの背景に
 これ以上はない、最高の褒め言葉をいただき、kenken、恐悦至極にございまする!
Posted by kenken(管理人) at 2015年06月08日 22:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。