2015年05月06日

ギフチョウ・ヒメギフチョウ(2015年5月3日)

 本日5月6日は、のんびり連休疲れを癒しております。(笑)
 さて、1つ前の記事の続きでございます。5月3日、白馬村で撮影した写真の中から、証拠写真1枚、お気に入りを2枚を掲載しましょう。

150503_19.jpgshikiri105.jpg 「初球」だったイエローバンド、ヒメギフチョウと何回か絡み合い、スミレサイシンで一瞬吸蜜後、林の中へと消えてしまいました。尾状突起の黄色い縁毛と飛んでいるハチが印象的な「証拠写真」でございます。

150503_33.jpgsikiri160.jpg イエローバンドが林の中へ消えた後、ヒメギフチョウがカタクリ吸蜜です。このオープンランドな環境は、やはりヒメギフチョウの好みで、ギフチョウには似合いませんね。心にゆとりを持っての縦位置撮影で、蝶と花のいずれの鮮度も良く、完成度の高いお気に入りの1枚です。昼前にはこのポイントを離れ、ギフチョウのポイントへ移動しました。

 ギフチョウ狙いのポイントではイエローバンドには出逢えませんでしたが、お気に入りの桜吸蜜写真が得られました。

150503_52.jpgshikiri105.jpg 桜吸蜜、見上げるようなアングルからの写真は多々ありますが、鳥瞰するようなアングルから撮れたのは初めてで、背景の桜の枝花の雰囲気も良く表現できてお気に入りの1枚です。別の花で吸蜜の1枚はトリミングしてタイトル画像にUPでございます。
posted by kenken(管理人) at 10:34| Comment(14) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
蝶屋にとってLuehdorf詣では「花見」みたいなものですね。今年も貴殿の三部作しっかり眼福いたしました。

※河南町の条例ご紹介ありがとうございました。
葛城山での稜線大阪側は千早赤阪村なので、残念ながらそちらではブルーネットを振る姿は散見されました。

ただ発生地は奈良側が中心なので生息数に復活の兆しは実感できました。
Posted by 深山葵 at 2015年05月06日 11:04

深山葵さん
 さっそくご覧いただいたようで、連チャンでのコメントおおきにです。このように皆さまから書き込みいただくと、撮影のモチベーションが上がります。
 桜吸蜜はいたく気に入っております。もっと完成度の高い作品があるのですが、これは投稿用に隠し持っておきましょう。(笑)

※この江南町の規制は岩橋山が主体ですな。
Posted by kenken(管理人) at 2015年05月06日 13:40

今年の初球バンドはあまりモデルにはなってくれなかったのですね。
それでも3割はすごいです。
桜吸蜜、素晴らしいです。
Posted by BANYAN at 2015年05月06日 18:41

おお・・・
最後のサクラギフ・・・
これは素晴らしい画像ですねぇ・・・
いや、これはええもん見させて頂きました・。
言葉になりませんわぁ。
Posted by nomusan at 2015年05月06日 19:05

白馬ではお世話になりました。
GWの白馬の宴会は、私にとってもシーズン初期の最大の目的のひとつで、開幕戦みたいな感じでいます。
初球バンドは、恥ずかしながら飛翔中はずっとヒメギフとばかり思っていました(^^;
桜吸蜜、これだけでもうなる絵ですが、もっと完成度の高い作品、同じ場所で撮影していただけに、とっても気になります。
Posted by thecla at 2015年05月06日 20:46

BANYANさん
 ご無沙汰いたしております。コメントおおきにです。
 ナゼかバンドには縁があって、直ぐに出逢えるのですが、なかなかポーズを取ってくれません。(笑)マイ先輩には、157頭めが初バンドだったって方もおられますが、よく数えたなぁと・・・

 桜吸蜜、お褒めにあずかり光栄です。鳥の眼から見下ろすように撮れたのは初めてで、いたく気に入っております。
Posted by kenken(管理人) at 2015年05月06日 22:14

nomusanさん
 まいど、コメントおおきにです。
 桜吸蜜、よろしおますやろっ!撮っていて興奮しました。
 待つこと数時間、3回ほどチャンスがありまして、なんとかゲットできました。これがバンドですと最高なんですが、そうはうまくはいきませんね。
 というわけで、また来シーズンも行ってしまいそうな・・・
Posted by kenken(管理人) at 2015年05月06日 22:20

theclaさん
 こちらこそ、お世話になり、おおきにです。
 特に待ち合わせたわけでもありませんが、やはり今年もお目にかかれての一献、嬉しゅうございました。
 まずはヒメギフでならし撮影してから・・・ということで、貴兄の先乗り情報にしたがって動いて正解でした。

 桜吸蜜、ここでUPの画像は左翅を主体に撮ったもので赤斑も片方のみ写っていますが、完成度ナンバー1は、両前後翅をきちんと撮って、背景ももっと桜々していて雰囲気出ています。某月刊誌の表紙写真になりうるかもしれない完成度なので(ホンマか?)しばらく未発表で隠し持っておこうと・・・(笑)
Posted by kenken(管理人) at 2015年05月06日 22:36

恒例の白馬での撮影、納得のいく写真が撮れたようでおめでとうございます。
今年の白馬は条件が難しいとのお話があったり、混雑が嫌だったりして、GW中は見送ってしまいましたが、これを見ると一度は行っておきたくなりますね。
Posted by ダンダラ at 2015年05月08日 06:24

ダンダラさん
 ご登場&コメント、おおきにです。
 今年はお目にかかりませんでしたね。もっとも白馬では、ポピュラーな撮影地は撮影者で混雑しているとの前日情報をいただいたので、マニアックな場所ばかり回って撮影しておりましたので、お越しになっていてもお目にかからなかったでしょうが・・・
 帰る直前に撮影者が・・・有名な昆虫写真家のU野さんでした。(笑)
 桜吸蜜が撮れたのが幸運でした。
Posted by kenken(管理人) at 2015年05月08日 07:12

遅くなりましたが、桜吸蜜より下の証拠写真のほうが、バンドであることを度外視して、杉林の寂静が伝わってくるようで好きです。
実は、蝶よりも白馬の宴会に参集される方々にお目にかかりたく、Tさんを通して計画(画策?)しておりましたが、前半になったので行くことができませんでした。来年こそはと思っています。
kenkenさんが学生時代に咲花ゲレンデで腕を振るっていた頃、冬ですが、私はもっと上のほうでコブコブ斜面と戯れておりました。
Posted by otto-N at 2015年05月09日 20:13

otto-Nさん
 ご登場&コメント、おおきにです。
 いつも貴ブログ、ROMにて失礼いたしております。
 なるほど・・・杉の枯れ枝・・・確かに静寂が伝わってきそうですね。
 毎年、特に待ち合わせているわけではないのですが、その年の蝶の発生状況に合わせて白馬訪問しますとTさんにお目にかかり一献となっております。(笑)そのうち、どこぞでお目にかかりました際はよろしくです。
 咲花ゲレンデ、一部は当時の姿のままですが、だいぶ風景も変わったように感じますね。そういうと、スキー板、押し入れにしまったままやな・・・
Posted by kenken(管理人) at 2015年05月09日 20:32

桜の吸蜜、しっとりとやさしく、、ほんと素晴らしいですねぇ。
ヒメギフ吸蜜も素敵な写真で、さすがだぁ〜って見させてもらいました。
どうもありがとうございました。
Posted by ma23 at 2015年05月10日 06:36

ma23さん
 まいど、コメントおおきにです。
 桜ギフ、初めてまともな写真が撮れて、喜んでおります。
 白馬では、ご家族孝行なお姿を拝見し、さすがだなって感心しておりました。
 U野さんのお写真、良い思い出になりますね。
Posted by kenken(管理人) at 2015年05月10日 21:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。