2015年02月01日

われらが生死の到来・・・

 昨2014年の5月は、岐阜/静岡/長野の3県を頻繁に探索に訪れておりました。当時、静岡県内で、老朽化著しく危険なので車1台ずつの交互通行の規制がなされている吊り橋がありました。

150201_1405.jpgshikiri105.jpg 吊り橋を渡るのに待っているシーンです。写真右奥に赤茶けた主塔が見えてますやろ・・・「この吊り橋、マジでヤバそう・・・」と思いながらも、何度もそお〜っと、車で渡らせていただきました。(汗)

150201_0737.jpgsikiri160.jpg 「IS国」による不幸な出来事が報道されるなか、ひっそり配信された記事・・・うをっ!この写真の赤茶けた主塔、見覚えがあるぞ・・・この吊り橋、突如崩落したんですわ。いつまでリンク先の記事が生きているか不明ですが、詳細は、こちらこちらの記事をご覧ください。犠牲になったお2人のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

 「我らが生死の到来、ただ今にもやあらん。それを忘れて、蝶探して日を暮す、愚かなる事・・・」ってな先人の言葉を思い出しますが、蝶探索はやめられないでしょう。

150201_140524.jpgshikiri105.jpg この橋を渡った日に撮った画像を1枚。山間部なので、5月も下旬だというのに、そこそこ新鮮なツマキチョウ♂が飛んでおりました。
撮影:2014年5月24日 静岡県浜松市
posted by kenken(管理人) at 20:24| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
突然の崩落、コワイですよね。
若い頃、下の画像の近似種を探していて
落石に巻き込まれそうになった事が・・・

ところで、この付近、
随分前にウロウロしておりました。

目的の蝶は県境を越えなければ見られなかったですが
茶畑に変る前には、このあたりにも生息していたのでは?と思っております。
Posted by Rhetenor at 2015年02月02日 09:15

Rhetenorさん
 予期不能の崩落は恐ろしいですね。
 下写真の近似種、O沢なんぞは落石も激しいですし、命がけですな。

> 随分前にウロウロ・・・
 でしょうなぁ〜 よ〜く分かります。
 いつもながらの超深いコメント、おおきにです。
 確かに貴兄の「目的の蝶」は、県境を越えないと厳しいでしょう。今回の当方の探索対象は多種あって、崖が生息地になるものが含まれていますが、さすがに茶畑や蜜柑畑になるといずれの種も厳しいものがあります。
 あと、ヤナギが自生しているとついつい立ち止まったりしますが、これはオマケみたいなもんです。
Posted by kenken(管理人) at 2015年02月02日 13:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。