2014年08月03日

クロシジミとクロオオアリ(2014年6月29日)&最近の「ふみ」

 この日は早朝から三重県にて某蝶の探索をしておりましたが完封負けで午前中で探索打ち切りでございます。まあこんなこともあるかと、帰り道に滋賀県のクロシジミの生息地に立ち寄りました。

140629_44.jpgsikiri.jpg クロシジミは成虫になってもクロオオアリとは仲良しのようでございます。広角で撮るとこんな感じ、開翅する♀のところに蟻がやってきました。別の枝にもクロオオアリが見えますね。

140629_01.jpgsikiri.jpg 蟻の動きを表現できるように何枚か撮ってみました。以前からこんなシーンをよく見かけるのですが、さながら蝶と蟻がお話しするような感じでございますな。

140629_24.JPGsikiri.jpg こちらは別の新鮮な♀個体。羽化直でしょうか、まだ翅を乾かしている感じです。広角写真で遊んでいるうちに、背景に見えるようにだんだん雲行きが怪しくなってまいりました。

140629_55.jpgsikiri.jpg ♀撮影は切り上げて、♂の開翅シーン狙いです。ようやく新鮮な♂を発見し、えぇ感じの場所で開翅待ち態勢に入りましたが、さらにお天気怪しくなってまいりました。

140629_64.jpgsikiri160.jpg 縦位置マクロ画像も得ながら開翅を待ちましたが、残念ながら雨が降り出し開翅待ち心中で撤収でございます。
140629_50.JPGsikiri.jpg 結局、この日得られた開翅画像はこれ。翅表の微妙な色が素敵です。また来年、次の機会ですな。

 最近の「ふみ」の様子もお届けしておきましょう。

140730f1.JPGsikiri160.jpg140730f2.jpgsikiri.jpg 暑い日が続くので、昼間はクーラーの効いた少し暗めの和室の畳の上で伸びていることが多いです。カメラを向けると、なんとなくポーズをしてくれます。
posted by kenken(管理人) at 20:00| Comment(6) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
シジミチョウでは地味系の代表格のようなクロシジミですが、そのシブさが最大の魅力かも・・。近場のポイントには最近ゴフサタですが、さすがにもう発生は終わったものと・・。

撮り派でも採り派でもなく、観察派の小生にとってはシジミとアリの関係性はなかなかソソられるものがありますね♪

ふみさん共々ご自愛のほどを。京の夏は暑おすさかい・・。
Posted by 深山葵 at 2014年08月04日 06:19
 
深山葵さん
 まいど、早朝からコメントおおきにです。
 うん、この蝶は「渋さ」が魅力ですね。♂の無地の翅表をばっちり撮りたいのですが、なかなかそうさせてくれません。♀はご覧のとおり結構開くんですが・・・
 この日も♂の翅表狙いで訪れたものの、大半の時間を蟻との「会話」シーンの観察/撮影に割いてしまいました〜(笑)
 貴兄の近場ポイント、そういうと最近訪れていませんが、まだ生息していると思いますよ。そんなに環境が変わる要因がありませんし。
 暑おすなぁ〜健康第一でおきばり!
Posted by kenken(管理人) at 2014年08月04日 08:04
 
こっちもげんなりするほど、日中は猛暑が続いて居ります。
昨年は隣県までクロシジミの採集に出向いて、たくさん出会うことができました。

東北のは変化が無いので、ちょっとつまらないのですが、既に我が宮城県では殆ど絶滅状態で、姿を拝めなくなっています。

アリとの大和シーン、なかなかおもしろい画像です。じっくり観察撮影できる心の余裕がないとものにできないと思います。宮城だったら見つけた瞬間にもうネットが出てしまうでしょうね。

ふみ号さんもぐったりでしょう。京都の夏には。
Posted by カトカラおんつぁん at 2014年08月04日 19:04
 
カトカラおんつぁんさん
 まいど、コメントおおきにです。
 そちらもやはり猛暑でございますかっ。
 クロシジミは、変遷途上の環境に生息して移動するので、宮城県でもどこかにたくさん残っているのではないかと思うのですが・・・
 こちらは撮影専門なので、じっくり観察でございますよ。
 変化がないと思っても、じっくり見ると意外と変化があるかもしれませんよ。

 ふみ号、昼間は暑いので、現在は夜行性でございますわ。(笑)
Posted by by kenken(管理人) at 2014年08月04日 21:10

こんばんは。滋賀県のクロシジミいいですね!私も今年滋賀県の湖西に参りましたが、惨敗・・・。同地でお会いした採集者の方が、湖西は往年の名産地もほぼ消滅とのことで、滋賀県での探索は来年以降の課題になりました。私がなんとか採集できた京都府某所とお写真の風景がよく似ていて、驚いております。おとなしくて、渋い、いい蝶ですよね。
Posted by ひかり at 2014年09月05日 23:44

ひかりさん
 過去記事へのコメントおおきにです。
 1つ1つ掘り起こしながらご覧いただいているのでしょうか。
 クロシジミ、湖西は生息地ごと消滅ってなところもありますね。しかし、年によって、いたり/いなかったり、また移動性もあるので難しいですね。
 京都府下でもそうですが、生息する環境は結構似ています。意外と人間の手が定期的に入っているような環境にいますね。
Posted by kenken(管理人) at 2014年09月06日 00:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。