2014年07月29日

避暑地の出来事(2014年7月27日)

 ブログ更新が撮影活動に追いつきまへん・・・6/29〜7/26の活動記事はすっ飛ばして、最も近い活動で得られた画像をUPしておきましょう。

140727_134.jpgsikiri160.jpg うだらような暑さの中、九州とかへ行くべき?なのかもしれませんが、ついつい避暑を兼ねて・・・12年ぶりに長野県の某高原を再訪です。ヒメヒカゲを追尾/撮影、その途上でより眼状紋の少ない個体に遭遇すると追尾対象を切り替えるという方法でたどり着いた、この日、最も眼状紋の少なかった個体。超新鮮で縁毛びっしりでシビれます。

 皆さんご存知でしょうが、岡谷市/塩尻市のヒメヒカゲは長野県の条例で採集禁止になっております。採らずに撮って愛してくださいねぇ〜

 雨が降り出してきたので切り上げて場所移動です。移動している間、滝のような雨に遭遇しましたが何とかお天気持ち直して・・・

140727_63.JPGshikiri105.jpg 酷暑には、やはりムモンアカシジミ、あの「オレンジ色の憎いやつ」がお似合いです。こちらも超新鮮でシビれますが、脚の綿毛はもうありませんね。

 6/29〜7/26の活動記事は、また改めて書きましょう。唸るような画像、結構あるんですわ。
posted by kenken(管理人) at 22:22| Comment(6) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
眼状紋の少ないヒメヒカゲ宜しゅうございますね。


ボッチボチ重い腰をあげて撮影に行かないと・・・
Posted by Rhetenor at 2014年07月30日 19:57
 
Rhetenorさん
 まいど、コメントおおきにです。
 なかなか乙なヒメヒカゲでございました。

 はいな、ボッチ、ボッチ、動かれてみては?1度動き出すと、連続して動くように弾みがつくでしょう。
Posted by kenken(管理人) at 2014年07月30日 20:04
 
お久しぶりです(笑)

それにしてもムモンアカのオレンジが、自然の緑に映え、いいですよね〜!

kenkenさんが、以前、蝶研フィールドに投稿されていた記事を思い浮かべましたよ。

確か、京都の五山送り火と比喩されていて、「なるほど!」と感心した思い出があります。
あれもいい写真でしたね。
Posted by mura at 2014年07月31日 11:57
 
muraさん
 おっと、お久しぶりで、まいどでございます!
 お元気でご活躍のようで何よりです。
 この季節、ムモンのオレンジは、緑にめちゃくちゃ映えますよねぇ〜
 私の表現したいことを見事に感じ取っていただき、大変嬉しゅうございます。

 そう、このオレンジで京都五山の送り火を思い出してくださいねぇ〜
 あっ、記事投稿先は「月刊Mし」だったような。(笑)

PS.なぜか投稿がダブっていたので古い方を削除しました〜
Posted by kenken(管理人) at 2014年07月31日 17:43
 
真夏のヒメヒカゲとは・・。やっぱり信州ですね。もうムモンアカの季節が到来。季節の移ろいは着実にやって来ます。

オオゴマも山奥の沢沿いの草付きをチラチラ舞っていることでしょう。

今年はKENKENさんも「当たり年」のようですね。中抜け期間のレポ楽しみに待っております。
Posted by 深山葵 at 2014年08月02日 07:01
 
深山葵さん
 まいど、コメントおおきにです。
 ヒメヒカゲと言えば、地元・近畿・兵庫県が定番なのですが、時期的に他の蝶と重なるため、ここ数年訪れておりませず、12年ぶりに7月に逢える標高1000m超のヒメヒカゲを訪れてみました。
 オオゴマも情報も伝わってきていますね。

 中抜けのレポート、また書きますね。お楽しみに。
Posted by kenken(管理人) at 2014年08月02日 14:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。