2012年12月16日

今年の未公開画像から(その1)

 今年も残すところ2週間ちょっととなりました。シーズン中の未公開画像から適当に蔵出ししてまいりましょう。今回は、「兵庫県7月編」でございます。

121215ホシチャバネセセリ:立体的なセセリ類を撮影するのは結構難しいもんです。背景をややボカしながら、蝶本体には綺麗にピンが決まって、お気に入りの写真でございます。前翅表中央下部に淡色の性標見えるので♂ですな。

121215コキマダラセセリ:オカトラノオでの吸蜜シーン。花と蝶本体に綺麗にピンが決まって、お気に入りの写真でございます。キマダラセセリよりも大きいのに、なぜ「コキマ」なのか、いつも不思議に思っております。

121215ミドリヒョウモン:ヒョウモン類の♀って、存在感がありますね。暗化型♀を探している途中で出会った通常個体。ちと被写体に寄り過ぎかな、胴体のみピンが合ってるし・・・
posted by kenken(管理人) at 00:20| Comment(6) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ミドリヒョウモン、これで通常でございすかぁ・・・
こちらでは充分に”暗化”で通用しそうでございますよ(笑)。

セセリチョウ、私のレベルで言うのも恥ずかしいのですが、
本当に格好よく撮るのって難しいと思います。
今年はかなりスルーしてしまいました・・・。
Posted by nomusan at 2012年12月16日 07:46
nomusanさん
 うをっと、日曜早朝からの1番海苔コメ、おおきにです。
 朝一から投票に行って来たとか?

 貴ブログも含め、皆さんのブロクの影響を受けて、(はっきり言って「パクリ」か?)今年の蔵出しシリーズでございます。

 このミドリ♀は5段階評価で言えば、暗化度2かな。
 完全に逆光なので、暗く写ってまして、右前翅には草の影まで写ってますやろ。暗化度は、下記参照でございますよん。↓
http://blogs.dion.ne.jp/melitaea/archives/10854266.html

 なんの、セセリもデジカメならフィルム代かからないので、とにかく撮って撮ってしていると、こういう当たり?があるんですわ。
Posted by kenken(管理人) at 2012年12月16日 08:30
ミドリヒョウモン、黒いかどうかは別にして、青光りしているのがエエですね。標本にしてしまうと、こういう光り方は消えてしまうので、写真撮影で残してこそ分かる輝きですね。
Posted by カトカラおんつぁん at 2012年12月16日 19:15
カトカラおんつぁんさん
 この青光り感、他のヒョウモンにはない色合いです。ミドリヒョウモンというのは、本当に上手いネーミングたと思います。
 そう、標本にしてしまうと、なんだか乾いたような色合いになって、るんですよねぇ〜

 ところで、この写真は、ちょっと被写体に寄り過ぎましたわ。(汗)
Posted by kenken(管理人) at 2012年12月16日 22:49
ホシチャバネセセリ、
立体的なセセリ類を表現する一方を示して頂きまして
有り難うございます。


目から鱗粉なアングルでございますぅ。
Posted by Rhetenor at 2012年12月16日 23:13
Rhetenorさん
 まいど、でございます。
 セセリ類は、いずれも立体的で、撮影アングルに苦心しますわ。前翅表前部と眼の両方にピンがいっていれば、もう十分でしょう。

 撮影時、他の蝶類よりは、ほんの少しだけ遠目から撮ると良いように体感しております。デジカメなので、たくさんシャッターを切って、良いものを抽出です。
Posted by kenken(管理人) at 2012年12月16日 23:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。