2012年11月16日

豹紋三題

 結構寒くなってまいりましたね。昨日から拙宅では朝夕にガス・ストーブを使い始めました。
 さて、「ベル星人のつくりだした疑似空間」をさまよっているうちに、成虫越冬する蝶の撮影に出かけるタイミングを逸しております。今シーズンの撮影は終了モード・・・?ブログ更新サボっておりましたので、「生きている証」に画像を蔵出しさせていただきます。
 いずれも、今夏、兵庫県でキマリンの撮影地探索途上にカメラを向けたヒョウモン類でございます。敢えて種名を書きませず、ダダのように、ヒョウモンA、B、Cとしておきましょう。

121116 ヒョウモンA

121116 ヒョウモンB

121116 ヒョウモンC

 ヒョウモン類って、いずれの種も、いずれの個体も、似ているようで、似ていないような・・・純粋にオレンジと黒斑のデザインを鑑賞してやってくださいませ。
posted by kenken(管理人) at 22:12| Comment(12) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うちはとっくに石油ストーブたいてます。それでも、まだ今年は暖かい日が11月になっても続いてますね。

お体は相変わらずでしょうが、こうして更新されたのを読ませていただくと何か安心しますね。

ヒョウモン類は若い頃は目もくれないチョウたちでしたが、齢を重ねるに連れ、その面白さに気がつきました。宮城では減ってしまったギンボシやウラギンスジを追いかけてますが、なかなか遭遇まで至ってません。

あんなに沢山居たのになあ・・・と、毎度のぼやきが出てしまうヒョウモンさんたちです。
Posted by カトカラおんつぁん at 2012年11月17日 07:24
小学生の頃、大阪・箕面の滝の上まで連れて行ってもらいました。そこの伐採地にたくさんいたのがミドリヒョウモン、メスグロヒョウモン、クモガタヒョウモンなどでした。家の周りには決していない崇高な蝶! その中に巨大なオオウラギンヒョウモンもいたのです。以来、あの形、色合いや紋様には魅了されてす。来年は再会したいです。
Posted by 久保田 at 2012年11月17日 08:55
なかなかすっきりされないようですね。
寒くなってきました。
くれぐれも体調管理にお気をつけくださいね。
昨夜、ついにホットカーペットのスイッチ入れましたが、
壊れた? 暖かくなりませんでした。悩んでいます。

ヒョウモンは夏の高原の風物詩・・・ええですねぇ。
目の前に出てきたやつが何なのか?ってのも楽しみのひとつ
ですよねぇ。

生存確認、確かに(笑)。
Posted by nomusan at 2012年11月17日 11:09
カトカラおんつぁんさん
 おおっ、みちのくはさすがに寒そうですね。小生の体調にお気遣いいただき、おおきにです。なんとか元気にやっております。

 ヒョウモン類って、ツマグロ以外は、気がつくと減っているような・・・いつから見なくなったのか、毎年の定点観測なんかも必要かなと感じております。

 学生時代、奈良の若草山に多くのオオウラギンが飛んでいたのが夢のようですわ。

 本日は、これから湯治に出かけてまいります。
Posted by kenken(管理人) at 2012年11月17日 12:05
久保田さん
 そうですねぇ〜 私が小学校低学年の頃は、兵庫県在住でして、自宅の庭にもオオウラギンが飛んでいていた記憶がありますね。
 ヒョウモン類は、いずれの種も微妙にデザインが異なり、同種であっても個体変異があって、とても面白いです。
 個人的には、現在の自宅近くでクモガタを探しておりますが、なかなか遭遇しませんなぁ〜
Posted by kenken(管理人) at 2012年11月17日 12:08
nomusanさん
 まいど、生存確認、おおきにです。(笑)
 体調は、まあまあですが、現在、投薬治療も受けていて、アルコールとの飲み合わせを避けるように言われているので、それが逆に体に悪いかもしれません。(爆)

 定例の宴会では、とことん飲めるように体調整えておきますね。お気遣いに感謝です。
Posted by kenken(管理人) at 2012年11月17日 12:12
ヒョウモンをダダに比喩?
さっすがぁ〜!な感性でございます。

確かに、翅表だけでは判別が困難ですね。



ヒョウモン画像、私も以前に・・・

http://blogs.yahoo.co.jp/seikoudou_kanpou/37086569.html

http://blogs.yahoo.co.jp/seikoudou_kanpou/37115257.html
Posted by Rhetenor at 2012年11月17日 13:34
ヒョウモンCはウラギンスジヒョウモン♂ですよね。この子もめっきり数が激減していると聞きました。兵庫県では細々と生息していて嬉しいです。でも、綺麗な個体やなあ。AとBなんやろ。やはり私超の同定も危ないです。(笑)
Posted by ノゾピー at 2012年11月18日 01:00
西陣「蔵出し帯」ならぬ、kenken「蔵出し画像」ですね。
メスグロ、ウラギンスジ、ウラギンスジでよろしいか。2本、3本、4本、どれがどれだったけと混乱しますが、落とし穴があるのですかな。オオウラギンもそうですが、みなさんのお話を聞くと、学生時代には、今はいなくなったチョウがどこにでもいたようですね。
(ボジョレ・ヌーボは、来年の夏までとっておき、ガツンと冷やしてお飲みください。ボジョレの裏ワザです)
Posted by otto-N at 2012年11月18日 16:45
Rhetenorさん
 うはは・・・ダダにコメント、おおきにです。
 ダダは、「A、B、C」と3面ですが、本体は1つだったはず。
 上記のヒョウモンA、B、Cは、2種と判断しています。

 貴兄もキマリン探索途上にヒョウモン類を・・・
 なかなか同定が難しいですね・・・私、苦手です。(笑)
 「37086569」は、性標からウラギンスジと思いますが、前翅端の尖り具合が???って感じですわ。
Posted by kenken(管理人) at 2012年11月18日 16:50
ノゾピーさん
 まいど、コメントおおきにです。
 ヒョウモン類の同定、実は私も苦手ですわ。(笑)

 Aはメスグロ、Cはウラギンスジって、パッと見で分かるのですが、Bが実はちょっと悩んだりして・・・Bはウラギンシジの個体変異の範囲内と見ております。
 証拠に裏面ちゃんと撮っておこうとしたのですが、逃げられた・・・(笑)
Posted by kenken(管理人) at 2012年11月18日 16:53
otto-Nさん
 まいど、コメントおおきにです。
 はははは・・・kenken蔵出し・・・そんな大したもんではありませんが、シーズンオフはばんばん蔵出ししてまいりますね。
 同定のお見立て、私見とまったく同じです。B、Cが個体変異の範囲内というのが、なんとも私には面白く感じておりますが、まさか、別種だったりして・・・(汗)

 ボジョレーの裏技、おおきにです。う〜ん、それまでに蒸発してしまいそうやなぁ〜(爆)
Posted by kenken(管理人) at 2012年11月18日 17:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。