2012年09月29日

いつ開翅するの?ムモンアカシジミに聞いてみた(2012年8月4,5,11日)

 現在、9月29日の夜でございます。明9月30日は紀伊半島に探索/撮影遠征しようと考えておりましたが、どう考えても台風の影響で無理ですな・・・延期することにしました。という訳で、ちょっと時間にゆとりができたので、以前予告していた記事を忘れないうちに書いておきましょう。
----
 Zephyrusの開翅シーンは、かなり計画的に撮れるのですが、ムモンアカシジミの開翅はそうはいきません。そもそもムモンアカシジミはどんな時に開翅するのか・・・長野県の複数の生息地で気長に観察してみました。

◆8月4日、白馬村、晴れ、最高気温31度。

120814 ♂は、活動時間帯に地上高約7mの葉上で開翅しておりました。 写真は、低い位置に降りてきた♀で、カメラをセットして待ちましたが、翅の擦り合わせ行動はするものの、開翅せずにいきなり飛びました。

◆8月5日、岡谷市、晴れ、最高気温32度。

120814120814 木陰の下草に避暑に降りている個体は、翅のすり合わせ行動はするものの、さっぱり開きません。活動時刻になると、いきなり樹上へ上がりました。

120814 この日は、産卵行動をじっくり観察することができました。クサアリのいるコナラの高い位置から、幹にまとわりつくように飛びながら低い位置に降りてきての産卵シーンです。1卵ずつの産付でした。

120814 上の写真とは別の♀です。産卵が終わると、付近の下草で休憩し、やがてほんの少し開翅してから、樹上に上がっていきました。

◆8月11日、白馬村、曇り、一時にわか雨、のち晴れ、最高気温27度。

120814 ♂は、活動時間帯に地上高約7mの葉上で開翅しておりました。

120814 活動時間帯、低い位置に降りてきた♀を観察していると、翅の擦り合わせ行動はするものの開翅せず、吸蜜行動に移行しました。

120814 おきまりの 15mm Fisheye での広角大画像も1枚掲載しておきましょう。上の写真と同一シーンです。

 ムモンアカシジミ、開翅条件を確定できませんが、開翅することは分っています。アカシジミ、開翅シーンを写真で拝見したことがあります。現在、私が最も知りたいこと・・・ウラナミアカシジミも90度以上の大開翅するんやろか・・・ご覧になった方がおられましたら、コメントいただけると嬉しゅうございます。
posted by kenken(管理人) at 22:33| Comment(14) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今年はムモンアカの雌の開翅は何度か観察できました。
活動時間帯に下草などの降りている雌で、日陰の場合は開く確率が高い印象です。
雄はやはり活動時間ですが、高い位置なので上から撮影するのは難しいですね。
午前中などはあまり観察していないので、どれくらい開くか分かりません。
ウラナミアカは半開翅も見たことないですね。
Posted by BANYAN at 2012年09月29日 21:53
BANYANさん
 おおっ、コメント、おおきにです。
 貴ブログ、ムモンの開翅、参考にさせていただいております。

 そう、現時点で分ったことをまとめますと、次の感じです。
・♂:活動時間帯に活動場所で開翅。
・♀:活動(主に産卵)時間帯に下草に降りて一時休憩し、再活動(飛翔)前に開翅。

 ウラナミアカは、翅の擦り合わせ〜半開翅までは観察しているのですが、30度超の開翅は見たことないんですわ・・・
Posted by kenken(管理人) at 2012年09月29日 23:29
このグリーンに朱色の組み合わせが何とも絶妙ですよね。
ムモンアカの活動時間は午後からだとばかり思っていましたが、そうでもないんですね。

前に3時過ぎに山の斜面を活発に飛んでいるのを観察しました。
イタドリの花に来ていたのを見たことも有りますね。

残念ながら開翅の情報は持ち合わせておりません。撮るより採る方なもので。見つけたら速攻でエイヤってネット振っちゃいますから。
Posted by カトカラおんつぁん at 2012年09月30日 10:06
カトカラおんつぁんさん
 まいど、でございます。

 仰せのとおり、緑を背景にムモンのオレンジを撮ると映えますね。
 おおっ、午後3時過ぎに活発に飛翔とな、お天気と気温にもよりますが、やはり活動は午後ですかな。

 ムモンはさておき、もし、万一、ウラナミアカが90度(60度でも良いです)以上開翅しているという情報に遭遇したら教えてくださいませ。

 ところで、こちら、つい先ほど、台風の影響で暴風警報が出ましたわ。
Posted by kenken(管理人) at 2012年09月30日 11:02
こっちでは、晴れて汗ばむほどの天気です。先ほど近所でウラナミし地味を目撃。かなり擦れたおっかさんのようでしたが、北国で卵を産みつけるのは至難のわざでしょうね。

これから訪れる冬を思いながら、ウラナミにエールを送っていました。え、ウラナミって言っても別の方でしたね。失礼をば。
前に大発生した近くの里山も今はクヌギが伸び、姿を見かけることもなくなりました。そう言えば、最近、出会ってないですね。
Posted by カトカラおんつぁん at 2012年09月30日 12:05
カトカラおんつぁんさん
 こちら、ウラナミシジミは、畑のインゲンマメの花に大量に来ておりますわ。この季節の風物詩でしょう。

 ウラナミでもウラナミアカのほうは、人の手のかかった里山環境が少なくなって、本当に姿を見かけなくなりました。以前は、炭焼などしてたので、雑木林のブナ科植物にはひこばえがたくさんありましたが、今はほとんどありませんもんね。

 現在、こちら台風通過中で、明日にはそちらも荒れたお天気になるでしょう。迷蝶など入る可能性もあるかもですね。
Posted by kenken(管理人) at 2012年09月30日 14:02
まだ、雨は降ってませんが、これからでしょうね。

ウラナミシジミはアズキが大好きなようで、アズキ畑で待ち伏せするのがこっちで効率的ですが、何年にいっぺんしか北上してこない感じなんで、見かけるとうれしくなります。
Posted by カトカラおんつぁん at 2012年09月30日 20:04
カトカラおんつぁんさん

 さきほど、宮城県石巻市の一部地域に台風の影響による避難勧告が出たようですよ。

> 何年にいっぺんしか北上してこない
 そうなんやっ!やはり、みちのくでは珍なんですな。
 畑のマメ科植物の前での待ち伏せが効率的です。
Posted by kenken(管理人) at 2012年09月30日 20:22
大変暑い日でしたが、あの日ムモンアカ産卵したのですね。
一度じっくりと観察してみたいです。
ムモンアカの開翅はときどき見ることがありますが、
気温や天気で整理したことは無いです。
ウラナミアカの全開翅は勿論見たことがありませんが、
高いところでのちょい開翅は見たような気がします。
Posted by konty at 2012年09月30日 21:13
kontyさん
 コメント、おおきにです。
 大変暑い日でしたが、産卵箇所は涼しげな位置でした。複数の♀が同じような産卵行動をとっていまして、産卵木の高い位置から低い位置へと移動しながらの産卵でした。産卵は1卵ずつで、時々休憩、個体により開翅して、また飛び立ちましたね。
 ウラナミアカ、ちょい開翅はありますね。有り難うございます。開くと信じて観察を続けてみます。
Posted by kenken(管理人) at 2012年10月01日 07:14
毎度でございます。
多少の知見を報告させてくださいね。
2012/08/08, 13:17:40 白馬 ♀ 10b ホスト上 半開翅
2010/07/28, 13:21:23 白馬 ♂ 10b ホスト上 半開翅
2010/08/02, 13:11:33 白馬 ♀ 灌木 30度位
2011/08/04, 12:40:58 白馬 ♂ 灌木 完全開翅
2012/08/09, 14:45:23 白馬 ♂ 灌木 完全開翅

こんな所ですかね。

これ以外に朝方たたき出した個体が飛び去る寸前に前開翅したそうです。
小生は仕事で立ち会えませんでした・・・残念・・・
Posted by kmkurobe at 2012年10月02日 16:25
kmkurobeさん
 ご登場、おおきにっ!まいど、でございます。

 うん、さすがっ、素晴らしい記録でございます。
 ♂の開翅をシステマティックに撮ろうと画策しておりまして、やはり午後の活動時間帯がメインのようですね。いかに低くて撮り易い位置をテリの場所と被写体に理解させるかが重要なようですね。

 Favoniusは朝の叩きだしが有効手段ですが、こいつの場合は、何事もなくいきなり飛ぶことが多いような。

 来年以降も楽しみです。
Posted by kenken(管理人) at 2012年10月02日 20:08
ファボもクリソもウラクロもテリ張り中は1pにカメラを近づけてもほとんど飛ばないので、インターバルで簡単に撮影できました。
ところがムモンはとにかく敏感でテリ張り中は全く撮影できず、ちょっとした刺激でもすぐに飛んでしまいました。

このあたりは不思議でしたね。
Posted by kmkurobe at 2012年10月03日 09:39
kmkurobeさん
 御意!
 アカシジミ3種(アカ、ウラナミアカ、ムモンアカ)は、ちと他のZEPHとは違うような何かを感じますね。
 ムモンの場合、いつも蟻からの攻撃に警戒してるんやろか・・・
 とにかく来シーズンも継続観察です・・・と言いながら、大雪渓飲みたさに白馬に行くわけです。(笑)
Posted by kenken(管理人) at 2012年10月03日 19:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。