2012年08月15日

地元・京滋の「黒」を撮る(2012年7月28日)

 猛暑お見舞い申し上げます。また、小生の「体調不調」について、多くの皆さまからご心配のメールをいただき、誠に有り難うございます。体調は相変わらずで一進一退というところです。現在、持てるパワーを撮影のみに注力し、画像は増え続けておりますが、ブログ更新が後回しになりますこと、ご容赦くださいな。ん、でも、時々のぞきに来てくださいね。

◆さて、1つ前の記事で書いておりましたメインのレンズ CANON EF100mm Macro IS、8月1日に修理完了です。

120728 2年半ほどしか使ってないのに「自然故障」で、修理費¥21,010とは・・・「AF駆動部交換」なんて、レンズの心臓部やんか・・・5年保証に入ってたので無償修理で済みましたが、困ったもんですわ。

◆100mm IS レンズが故障修理中の7月28日、京都府南部で、手持ちの EF 60mm レンズでMacro撮影してみました。このレンズは、ギフチョウ、ヒメギフチョウのカタクリ吸蜜写真用だったりします。

120728 Lethe族の中で最も妖艶なのは、このクロヒカゲだと断言します。なんと言っても翅裏の眼状紋周りの青紫色が最高ですわ。自然光で撮ると、その美しさが沁み出てきます。

120728 暗い環境にいるので、なかなか自然光で撮るのは難しいもんです。上の写真と同一個体ですが、この写真が最も美しく撮れたような。それにしても、ナゼか蜘蛛の巣が写るなぁ・・・

◆その後、久々に滋賀県南部のクロシジミ生息地域を訪れてみました。

120728 おそらく記録はあるのでしょうが、「私的新生息地」で撮影です。以前から、「きっとここはいるハズ」と思ってましたが、生息を確認でき、嬉しゅうございました。EF300mm IS での画像です。

120728 15mm Fisheye の画像も載せておきましょう。生息地は、こんな環境でございます。上の写真とは別の♀で、あまりに暑いので、じっと吸水し続けておりました。

120728 以前に確認している2箇所の生息地も訪れてみました。1箇所は目撃できず、1箇所は生息確認です。EF 60mm での画像でございます。

 活動報告を兼ねて、今後のブログ更新予告篇を書いておきますね、「いつ開翅するの?ムモンアカシジミに聞いてみた(2012年8月4,5,11日)」です。
posted by kenken(管理人) at 10:26| Comment(14) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
祝、レンズ修理完了。

おお〜っ、このクロヒカゲ、青色タイプですねっ!!

紫色タイプはよく見かけますが、
青色タイプは出会う機会が意外に少ないです。
おまけに、輝きが強くなるので、
ちょくちょく捜しております。

とはいえ、ヤブ蚊の攻撃に退散までが早い事・・・(汗)。


体調、一進一退との事。
残暑厳しくなりそうです、御無理をなさらぬように・・・。
Posted by Rhetenor at 2012年08月15日 12:38
体調のほうは一進一退とのことですが、まだまだ暑さも厳しいようですので、ご自愛ください。

クロヒカゲモドキ、もっとも妖艶な・・・に賛成です。こちらでは岩手のものが絶滅同然ですので、関東まで行かないと拝めない蝶です。青と紫の2つの色調の差があるなんて知りませんでしたが、いつもながら写真でとらえられた裏面の見事さは流石でございます。
Posted by カトカラおんつぁん at 2012年08月15日 13:03
う〜む・・・
なかなかすっきり回復とはいかないようですねぇ〜・・・。
くれぐれもご自愛くださいませ。

私が初めてヒカゲ、ジャノメの類を「う、美しい。」と思ったのがクロヒカゲでございましたよ。
ご指摘の通り、後翅裏面の眼状紋を取り囲む青やら紫の妖しい光沢・・・ほんまにたまりまへんわぁ・・。

むむっ、更新予告のムモンアカ・・・もちろんこれも見たいですが、明日16日は・・・・これも私的には年中行事的に楽しみにしておるのですが・・・(笑)。
Posted by nomusan at 2012年08月15日 14:48
Rhetenorさん
 1番海苔、おおきにです。レンズ、無事に戻りました。

 はいよっ、さすがの突っ込みですな。キリシマやヒサマツ♀にもありますが、青or紫タイプでいえば、こいつは青タイプの個体ですね。
 この日は、なぜか、からっとしていて、ヤブ蚊攻撃は受けませず、じっくり撮影です。

 体調へのお気遣い、おおきにです。なんちゅうか、命には別状ないし、調べても原因不明やし、数値的にも何もおかしくないので・・・まあ、ぼちぼちやってまいります。
Posted by kenken(管理人) at 2012年08月15日 18:26
カトカラおんつぁんさん
 コメント、おおきにです。
 みちのくも、やはり暑いですかな。

 ん?クロヒカゲモドキではなくて、クロヒカゲでございますぞ。モドキは厳しくても、クロヒカゲはまだ大丈夫では?
 そう、是非、青or紫、気にして見てみてくださいな。
 生息環境から、自然光では、なかなか撮り難い蝶ですが、ストロボを焚くと、妖艶さが台無しになってしまいます。
Posted by kenken(管理人) at 2012年08月15日 18:30
nomusanさん
 まいど、でございます。
 お気遣い、おおきにです。

 そうですかっ!貴兄もこいつの妖艶さに魅かれておられましたか。是非、自然光で撮ってみてくださいね。

 はいよ、年中行事、もちろん掲載いたしますよ。なんせ、お家から撮影できますし。いずれも「お盆を彩るオレンジ」ってやつですね。
Posted by kenken(管理人) at 2012年08月15日 18:33
体調不調の件、ご自愛下さい。職場の環境が変わったり、
色々と原因があるのでしょうが、やはりフィールドで
癒されることが一番の良薬かな?と。
おしまいから2枚目の絵、貴殿と滋賀のクロシジミポイント
で撮影をご一緒した際、似たような砂礫地での吸水場面
に出会ったことを記憶しております。あの日も確か暑かった
ですね!
Posted by fanseab at 2012年08月15日 21:09
興奮して、クロヒカゲモドキと勘違いしてましたね。
クロヒカゲも普通種なのに、こうして見るとなかなかエエモンだと再認識しました。

クロシジミの吸水なんてシーンは見たことがありません。なかなか探すポイントを絞りきれない蝶ですよね。
Posted by カトカラおんつぁん at 2012年08月15日 22:40
fanseabさん
 まいど、コメントおおきにです。
 逆に職場環境変化にともなって、新しい職場に慣れてくれば完治するかな・・・なんて期待しています。

 はい、確かにご一緒しましたね。実は、最後の画像が、まさに、その場所での撮影で、健在でございましたよ。そうそう、あの時も暑かった・・・そんでもって、当時、車をオシャカにしていたので、レンタカーで行ったような気もしております。安全運転でまいりましょう。
Posted by kenken(管理人) at 2012年08月15日 22:57
カトカラおんつぁんさん
 あはは・・・ですよね・・・ええっ、クロヒカゲ、みちのくでは絶滅危惧か?ホンマかいな・・・って読み返しておりました。訂正コメント、おおきにです。
 クロヒカゲ、モドキよりもえぇ蝶だったりします。

 クロシジミ、確かに絞り切れない蝶ですわ。似たような環境が延々続いていても、その一部のみしかいなかったりしますし。
Posted by kenken(管理人) at 2012年08月15日 23:01
自然光でこのブルーはきれいな個体ですね。
クロヒカゲをこれだけじっくり撮るというのは、かなり意識を集中しないと撮れないですね。
私などは、横目で見ながらパスするということの繰り返しです。
この前はこれではいかんと思ってカメラを向けましたが、ほんとに気力を集中しないとできませんでした。
こんなにきれいな個体になかなか巡り会わないということが原因でしょうか。
Posted by ダンダラ at 2012年08月18日 11:58
さすがkenkenさん、クロヒカゲにも目を向けているんですね。クロヒカゲを撮るのは私だけかと思ったのは間違いでした。クロモもいつかはと思ってはいるんですが。
Posted by otto-N at 2012年08月18日 20:48
ダンダラさん
 コメント、おおきにです。
 クロヒカゲを撮影対象のメインにして出かけたことは、過去1回もありません。しかし、いつも出逢うたびに、斑紋や色調を意識して観察/撮影するようにしています。例えば、数年前、長野県木曽地方にゴマシジミ撮影に出かけたところ、綺麗なクロヒカゲに遭遇して、ゴマシジミそっちのけで撮ったりしたこともあります。
 貴兄も是非、一度、意識して撮ってみてくださいな。Lethe属の中では、翅裏の妖艶さは抜群です。また、自然光で撮る難しさもあったりして、「歯ごたえ」のある被写体だったりします。     
Posted by kenken(管理人) at 2012年08月19日 20:50
otto-Nさん
 コメント、おおきにです。

 クロヒカゲ、えぇ蝶です!生態写真を鑑賞するに、ついつい「稀少価値」という固定観念みたいなのがついてまわるのですが、クロヒカゲはそのような「固定観念」に関係なくえぇ蝶蝶です。

 クロヒカゲは後翅裏の眼状紋周辺を、クロヒケガモドキは後翅表の眼状紋を綺麗に撮りたい蝶です。
Posted by kenken(管理人) at 2012年08月19日 21:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。