2012年01月26日

私のなんたらコブヤハズ(2012年1月26日)

 某FさんのHPを見ていて思い出しました。私、もともとは「固い虫屋」だったんですわ。蝶屋に転身?してからも、「むむむっ・・・」って感じる固い虫はお持ち帰りしております。

120126 押入れの片隅にしまってある「『むむむっ』な虫の保管プラスチックBOX」を引っ張り出してきました。こんなんです。

120126 こんな感じで、固い虫さんのパラフィン紙包み標本が結構たくさん入っています。ちゃんとナフタリンも入っているので、保管状態はよろしゅうございます。

 で、「2003年8月3日 滋賀県大津市葛川坂下町」との記入のあるパラフィン紙の中身なんですが・・・
120126120126 当時、「マヤサンかセダカか、どっちかやろ?」なんてお持ち帰りした個体です。

 どなたか正しい種名を、是非、私にもご教示くださいな。m(_ _)m
 (【追記】「チュウブマヤサンコブヤハズでよろしいのでは」とご教示いただきました名古屋のよい子さん、有り難うございます!)


 この「2003年8月3日」は、スミナガシの吸水写真狙いでお出かけしたのですが、まったくの空振りで、
120126 結局、ミヤマカラスアゲハさんに遊んでもらい(当時の写真でございますよ)、トホホ・・・と思いながら帰路についたところ、道端にコブヤハズさんが落ちていて、大変嬉しかった記憶がございます。

120126120126 私のなんたらコブヤハズカミキリ・・・もちろん、生態写真も確保しておりますよ〜(笑)
posted by kenken(管理人) at 22:22| Comment(10) | 昆虫一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
蝶屋から固い虫屋に転身?しかかっている名古屋のよい子
です(固くない甲虫はなかなか手が出ませんが^^;)。

マヤサンの♀ですが、コブもオサムシと同じように亜種
がいっぱい出来ていますので、現在は『チュウブマヤサン
コブヤハズカミキリ』でいいかと思います。

この個体って、けっこう体格がいい個体ですよね^^/
Posted by 名古屋のよい子 at 2012年01月26日 23:28
名古屋のよい子さん
 おおっ!マイ・ブログにも早速のご登場、おおきにです。

 触覚の長さからコブ♀とまでは分ったのですが、マヤサンぽいけどなぁ・・・なんて、当時思ってました。
 ほぉ〜チュウブマヤサンなんてあるんですなぁ。最近、コブヤハズさんの亜種が増えましたね。蝶屋に転身?したので、ついていけません。(笑)

 あ〜、これで私もすっきりしましたわぁ〜
 有り難うございます。
Posted by kenken(管理人) at 2012年01月26日 23:45
その昔、奥秩父の山小屋でアルバイトをしていました。当時はヒサマツミドリシジミ採卵事件をめぐって、鳥屋と虫屋が抗争をくり返しておりました。その出入りで現在はカミキリの大博士として有名になったTAKAKU……さんを知りました。お互いに敵にするには惜しいやつ! といつのまにか仲良しとなりました。ある時、Tさんから奥秩父のコブヤハズの標本がなく分布域研究のために採集をしてほしいと依頼されました。鳥屋のめんつにかけて荷揚げ作業もさぼって♂♀を採集、生きたまま送ったら狂気乱舞してくれてました。後日彼の著書に、鳥屋にもまともなやつがいた? と書いてあり」ました。それ以来、私にとってコブヤハズカミキリは特別の虫となりました。
Posted by 久保田 at 2012年01月27日 06:25
kenkenさん 以前は「甲虫屋」さんでしたか・・・・

 蝶をやってる方には 蝶しかやらない
           蝶と蛾もやる
           蝶と甲虫もやる・・・色々なタイプがありますね
 僕の場合は「貝から蝶へ・・・」と中途半端で いまだに蝶のことすら
 まるで理解出来ずにいます

 以前から気になっていましたが↑の”名古屋のよい子”さん・・・
 もしかして・・・お名前が「獲ったど〜!」の○口さんと同じかも・・・・(笑)
 ・・・ふと そんな気がしまして・・・・
Posted by itsuki at 2012年01月27日 08:40
なんたらコブヤハズ・・・私も拾いましたよ。

蝶以外は、友人へのプレゼントなので同定はしてません。
                  ↑
       ポケット図鑑ではかなりムズイですもんね。

近年ではハチまでお持ち帰りしたりしてます(笑)。
Posted by Rhetenor at 2012年01月27日 09:06
なんたらコブヤハズ・・・

これが居てはったら、必ず採ってお持ち帰りしたくなります…(と言っても1回しか見つけてませんが)
珍な雰囲気を漂わせてるし、
隔離されて特化してまっせ!とのオーラも放ってますし、
そして地味だけど、造形美に惹かれてしまいます。

蝶のついでじゃなくって、自らの意思で採ってみたいという気持ちも少しは持ち合わせておりまする。
Posted by ふしみや at 2012年01月27日 12:54
久保田さん
 ヒサマツ採卵事件うんぬん、当時、○ヶ島事件だったかな、伐採がどうのと、いろいろと、もめてましたもんね。
 
 ほ〜、そんな経緯でxxxxxxwaさんとお知り合いになったのですかっ!
 私との初見もフィールドでしたし、なるほどなと思いました。

 コブヤハズのこと、えぇお話しですなぁ〜 そりゃあ、特別な虫になりますよね。私もxxxxxxwaさんと同じ立場だったら狂喜乱舞して、涙ちょちょぎれるでしょう。
 それにしても、鳥屋メンツにかけてすぐに♂♀ゲットとは・・・既に、鳥屋さんの域を越えて、虫屋さんの域に達しているのではないかなぁ。
Posted by kenken(管理人)@外勤中の休憩タイム at 2012年01月27日 14:05
itsukiさん
 なるほど・・・私は、なんでもやるタイプですかな。
 元々は、オサムシ屋で、甲虫一般を集めていましてね、アオオサムシの金緑色の輝きに惹かれる心から蝶のゼフィルスにはまって・・・という転身の経緯ですわ。

 貝はねぇ、水中のはさっぱりですが、陸貝(マイマイ、キセル)はちょっぴり分かります。これは、中学校の生物の教師が陸外の分類が専門だった影響もあります。
 普通種ですが、クチベニマイマイの薄紅の口元が好みです。(笑)

 ん?「名古屋のよい子」さんは、「獲ったど〜!」の○口さんとは、苗字もお名前も異なりますよ、念のため。
Posted by kenken(管理人)@外勤中の休憩タイム at 2012年01月27日 14:16
Rhetenorさん
 おおっ、貴兄も拾われていましたかっ!
 なるほど、プレゼント、素晴らしいお気遣いですなぁ。
 コブヤハズさんは、最近、どんどん分類が進んで亜種が多くてついていけません。図鑑があっても同定は大変ですよね。

 ハチ、そうでしたねぇ〜 あの時も・・・お持ち帰りなさって。
 私ね、アオオサの金緑色→ゼフの金緑色って蝶に転身?ですが、最近、セイボウやハナバチの青緑色に惹かれてカメラ向けたりしています。そのうちお持ち帰りしそうかも。
Posted by kenken(管理人)@外勤中の休憩タイム at 2012年01月27日 14:18
ふしみやはん
 まいど、でございます。
 多焦点合成画像、素晴らしい出来映えです。ひと目見た瞬間に、その背中の立体感から、「これはセダカやろっ」ってとこまでは分かったんですけど、「セダカも、確か、いろいろ亜種名あったよなぁ〜」って、よ〜分からんかったんですわ。

 仰せのとおりで、オサムシ同様、翅が退化して飛べないカミキリさんなので、隔離・特化の極みです。
 おかげで、眠っていた当方のコブヤハズ君にも光が射して、同じく長年気になっていたことが判明しました。おおきにです!

 多焦点合成に造形美豊かなコブを選ばれたそのセンスの良さに共感し「シェ〜」させられました。一度、マジでコブ採り(撮り)行きませんかっ?
Posted by kenken(管理人)@外勤中の休憩タイム at 2012年01月27日 14:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。