2011年12月11日

長崎ちゃんぽん(2011年12月10日)

 京都市左京区内の自宅近くに新しいラーメン店ができているのに最近気づきました。

111211 「とんこつラーメン 長崎ちゃんぽん」と看板にあり、さっそく訪れてみました。お店の方に伺うと、本2011年の7月から営業しているとのことです。「龍の鈴」!なんとも変った名前のお店です。

111211 お店の中はこんな感じで、カウンターのみで7席しかない、こじんまりしたお店です。カウウターにはトッピング用に紅しょうがとゴマが置いてありまして、九州ラーメンの雰囲気を醸し出しております。

111211 ちゃんぽん¥800を注文しました。あっさりした私好みのお味で、大変美味しゅうございました。具材も豊富で大満腹!リピートすること、間違いなしです。

 ラーメン・ネタのみでは寂しいので、長崎ちゃんぽんに関連する写真などを蔵出しして、記事を書いてみましょう。以下の写真は、2008年8月30日〜31日にかけて、長崎県で撮影したものです。

111211 長崎と言えば、私には、タイワンツバメシジミが想い出深い蝶であります。当時、マクロ写真は、TAMRON 90mm Macroレンズを使っておりまして、独特の柔らかい描写であります。現在、マクロ写真は、CANON EF100mm IS Macro で撮影しています。

111211 15mm Fisheye での広角写真です。実は、前年(2007年)に撮影した写真に、タイワンツバメシジミがマメ科のヒメノハギに産卵行動を撮っている写真が混じっておりまして、この2008年の長崎行では、タイワンツバメシジミとヒメノハギの関連を中心に観察に訪れておりました。

111211 この白とピンクに花のついたマメ科植物がヒメノハギです。2008年当時、タイワンツバメシジミの食草はシバハギしか知られておらず、新食草としてのヒメノハギの可能性を検証する目的で訪れておりました。しかし、京都在住の人間が、長崎まで行って調査するのは、やはり無理がありますな・・・ほとんど成果がありませんでした。

111211 で、「蝶観察・撮影の成果は上がらんかったけど、せっかく長崎まで来たんやし、本場のちゃんぽん食べで成果にしたろ」って、当時、現地で食べた長崎ちゃんぽんの写真がコレです。拙ブログの2008年8月の記事をさかのぼってみたところ、当時の記事は何もUPされていないようです。京都から陸路で長崎まで訪れて、ちゃんぽん1杯の成果で、萎えとったんかなぁ〜(笑)

 なお、その後、月刊むし2009年6月号に宮崎のIさんが「タイワンツバメシジミの新食草ヒメノハギ」を発表されたのは、既出の記事のとおりでございます。この発表記事にはいたく感動いたしました。
posted by kenken(管理人) at 20:29| Comment(18) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
チャンポンに反応しました。
「龍の鈴」本格的チャンポンで美味しそうですね。
ご一緒した長崎行を思い出しました。
行く先々でチャンポンを食べるT-uragoに
びっくりされてましたね。
Posted by T-urago at 2011年12月11日 21:07
T-uragoさん
 うをっと、さすがに「麺食い」な貴兄ならでは1番海苔、おおきにです!

 ここのちゃんぽん、なかなかの1品でした。長崎ちゃんぽんととんこつラーメンの2種類しかないのですが、前者は太麺、後者は細麺と使い分けです。情報によれば「とんこつラーメン+めんたいご飯」が美味いようで、また行かねばなりません。(笑)

 そうそう、以前にご一緒した時は、ちゃんぽん連打で驚かされました。なんの、最近のつけ麺連打にも興味深々で読ませていただいておりますよ。
Posted by kenken(管理人) at 2011年12月11日 21:29
長崎チャンポン,うまそうですね。
私は今日昼ご飯に、讃岐うどんを食べてました。最近はもっぱらこのうどん屋で食べるのを楽しみにしています。
薄味のだしのきいた美味しいうどんですが、なんと言っても安いんです。

あ、食べ物だけでなく,タイワンツバメですが、憧れの蝶の1つです。最近はだいぶ減ってきているようで心配です。
Posted by カトカラおんつぁん at 2011年12月11日 21:31
長崎ちゃんぽん...

大好物です!!

ちなみに“タイワンツバメ”って採ったことありません(笑)。
Posted by 山キマ at 2011年12月11日 21:36
カトカラおんつぁんさん
 ほほぉ〜、みちのくで讃岐うどんとはお洒落ですね。チェーン店ですかな? 近畿地方には、讃岐うどんのチェーン店が結構ありましてね、撮影に出かけた際はよく立ち寄りますね。特に、シルビア撮影・・・
 タイワンツバメ、食草の生えるのが遷移的な環境で、その存続が難しく、減少しているという感じですね。
Posted by kenken(管理人) at 2011年12月11日 21:46
山キマさん
 やっぱし!貴兄好みの雰囲気のする食べ物です!(笑)

 タイワンツバメ、九州は遠いですからねぇ〜 紀伊半島で妄想を描いて探すほうが貴兄にはぴったんこかと。もう、和歌山県に自生しているシバハギのイメージが脳裏をよぎっておられるのでは。(爆)
Posted by kenken(管理人) at 2011年12月11日 21:50
長崎チャンポンに反応しました。私も昨年ワンツ狙いで長崎に行きましたが、辛うじて雄雌を撮影し、仲間4人で地元の長崎チャンポンを探して、一軒の中華料理屋に入りました。味は期待していなかったのですが、アサリ、エビ他が入った海鮮スープが素晴らしく美味く、今でもその味を覚えていますよ。関西でも、王将とか中央軒とか何度か食べ歩きましたが、勿論美味しかったのですが、本場の長崎の小さな中華料理屋で食べたその味が忘れられません。ワンツ撮影に成功したから余計に美味いと感じたかもしれませんが。(笑)
Posted by ノゾピー at 2011年12月11日 23:23
ノゾピーさん
 おおっ、コメントおおきにです。
 貴兄も確か、陸路・長崎行でしたよね。

 長崎は、いたるところにちゃんぽん屋があって、今のところ、ハズレに当たったことがありません。まあ、そもそも、ちゃんぽんという食べ物自体が我々にフィットするようですな。
 そうそう、あさりとかエビとか、海鮮ものがちょっとずつ入っているのがえぇもんです。この我が家近くのお店のちゃんぽんにもゲソが入っていたのが美味かった!
Posted by kenken(管理人) at 2011年12月11日 23:45
当社の近く多摩川中流域の小さな街には坦々麺は自慢できる店があるのですが、ラーメン店は…。以前住んでいた中野(都内・中央線)はラーメンの激戦区で、お気に入りの彩華、超有名店・青葉などがあります。先日久しぶりで訪ねたら、ご主人が近所に変な動物が出没する! とのことでした。どうもハクビシンのようです。ビルばかりで、ほとんど緑のない場所ですが、小さな公園にはマテバシイがよくあります。以前、ここでムラサキツバメを探したが見つかりませんでしたが、もう定着しているかも?
Posted by 久保田 at 2011年12月12日 08:53
久保田さん
 坦々麺、えぇ店あるんですかっ!会社ご住所から検索してみますね。
 有名ラーメン店って、激戦区に固まるんですよねぇ〜我が家の近く、「京都市左京区一乗寺」界隈には、多くの有名店があってしのぎを削っております。↑この九州ラーメンのお店は、その激戦区からは、ちょっと外れたところにあります。

 ムラツ、年によって状況も違うでしょうが、調べてみる価値はありそうですね。ん、でも、分布調査は幼虫探索が最も確実でしょう。
Posted by kenken(管理人)@休憩タイム at 2011年12月12日 12:11
私の住んでる東京・恵比寿は、ラーメンのチョー激戦区ですよ。京都系の「門外不出のラーメン屋よって・・・」というのもあり、激戦にもめげずまだ生き残ってます。担担麺は、絶対オススメがあります。ちゃんぽん屋もありますが、あまりオススメしません。(私はラーメンより蕎麦です)
今日は、ワンツではなく、ムラツ撮ってきました。
緑の葉上の集団は、暖かい日の朝に飛び出し、昼過ぎに戻ってきて夜を明かすようです。
Posted by otto-N at 2011年12月12日 18:04
otto-Nさん
 はいよ、コメントおおきにです。
 東京出張時は、神田、池袋、高田馬場かいわいが多いので、まだ伺ったことないのですが、恵比寿はなかなかの激戦区らしいですなぁ〜一度訪れんと・・・特に、担担麺!

 ははは・・・ちゃんぽんはやっぱり当たり外れあるのかなぁ〜長崎はどこも美味しかったですが。

 貴兄のも含めて、皆さんのブログやHP拝見していますと、ここのところ圧倒的にムラツの記事が多いですね。まだ結構昼間は飛びまわっていて、それでもちゃんと元の場所に戻ってくるのが面白いですねぇ。
Posted by kenken(管理人) at 2011年12月12日 19:23
おおっ、”ワンツを撮ってチャンポンを食す@長崎県”、九州人として足跡を残さずにはおれませんね〜(笑)。
ご一緒させて頂いたのはもう4年前になるのですねぇ〜。あの時貴殿が「どうやらこれ(ヒメシバ)に産卵してるみたいなんですわ。」って言われた言葉の意味がよくわかっていなかったあの時の私・・・ただただ赤面の至りでございますよ〜(滝汗)。
Posted by nomusan at 2011年12月12日 21:34
nomusanさん
 まいど、でございます。
 そうなんですわ、当時、いろいろ調査・観察・撮影に訪れたくて、貴宅を前線基地代わりに・・・(笑)その節は、大変お世話になりました。
 しかし、mmerianさんのお知り合いの方も同じ植物に目を付けられて、同じ時期に調査・観察していたのを月刊むしの発表で知って、驚きと感動でした。 
 また一緒にちゃんぽんいたしましょう。
Posted by kenken(管理人) at 2011年12月12日 22:46
「長崎チャンポン」僕も大好きです
太麺で具沢山の上 スープが魚介の味が利いてとても美味しい ♪〜
親友に「長崎出身」が居て 彼の作る「長崎チャンポン」が絶品です
この長崎チャンポンにソースを掛けるのが未だに信じられないけど 
これが又美味しいんですよねぇ〜(笑)

ワンツを撮って 本場のチャンポンを腹いっぱい楽しんで・・・
こんな撮影行 いいですね〜〜♪
Posted by itsuki at 2011年12月13日 00:22
itsukiさん
 ほよぉ〜深夜にコメント、おおきにです。
 ん!蝶好きは、長崎ちゃんぽん好きか・・・そんな傾向を感じる、itsukiさんをはじめとした皆さんのコメントですね。
 そうそう、太麺で、やっぱり魚介類の具ですよねぇ〜
 なにっ!ちゃんぽんにソースとな・・・禁断の味がするのかな・・・聞いた以上はやってみたい・・・

 撮影遠征は、現地での食べ物もやはり楽しみです。そのうち、主目的が代わるかも・・・(笑)
Posted by kenken(管理人) at 2011年12月13日 01:34
あらら、出遅れましたぁ。

和歌山ウロウロのおり、シバハギしか気にしておらず、
ヒメノハギまで気が回っておりませんでした(汗)。
  ↑
 同定出来る自信はありませんがっ。

今は例の本を見ております。
本当に有り難うございました。
Posted by Rhetenor at 2011年12月13日 13:00
Rhetenorさん
 まいどです。
 ヒメノハギ、信憑性の問題がありますが、某NPOのレッドデータ検索によれば、和歌山県では「絶滅」ですわ。↓

http://www.jpnrdb.com/search.php?mode=map&q=06030552405

 「絶滅」といっても、残っていたりする昆虫や植物がありますもんね。

 例の本、楽しんでくださいね。
Posted by kenken(管理人)@外出中 at 2011年12月13日 13:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。