2011年08月31日

我が家の燈火採集画像(2011年8月)

 京都市左京区内の拙宅、それなりの街中に位置しておるのですが、周囲にはまだまだ自然が残っておりまして、夏になると玄関先の燈火にいろんな虫が飛来します。なんと、数年前はオオクワガタを保護して(ホントです!)2年ほど飼育した実績もあったりします。

 この8月に飛来した蛾の画像をお届けしましょう。

110829g.jpg8月29日:「玄関先にでっかい蛾ぁやんがおる」と勤務中に妻から写メもらい、勤務が終わって早々に帰宅すると、まだおりましたシンジュサン!これは迫力あります。

110813g.jpg8月13日:お出かけしようとしたところ、玄関先天井横の壁にハグルマトモエがはりついておりました。なかなか新鮮な個体です。数年前、ワンツ撮影に九州訪問した時に山中でこいつを目撃したことを鮮明に思い出しました。

110814g.jpg8月14日:種名不明です。どなたかご教示くださいな。体長1cm程度の小さな蛾です。蝶はひと目見ると、種類と生活史が分かってしまうので、ある意味、新鮮さがないのですが、蛾ぁやんは、同定できる種類が少なく、なんちゅうか、心が躍りますね。アブナイ世界に踏み込みそう・・・
posted by kenken(管理人) at 21:50| Comment(10) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
蛾となると、口を出したくなります。
と言ってもヤガなどを集めていたので,その他の蛾は苦手なのですが.シャクガの仲間は見たことが有りますね.

あとで絵合わせをしてみようと思います。
今,やらんかいって突っ込みはなしにしてくださいな。
Posted by カトカラおんつぁん at 2011年09月01日 00:13
カトカラおんつぁんさん
 どんどん口出ししてください。
 ほぉ〜、ヤガを中心に・・・どんな蛾かな・・・後でちょっと蛾類図鑑のぞいてみようっと。

> あとで絵合わせをしてみようと思います。

 あとのあとでえぇです。
 もし分かったら教えてください。
 そもそも、図鑑のどの辺りを見たらえぇのか、私は勘が働きません。
Posted by kenken(管理人)@休憩中 at 2011年09月01日 12:11
そもそも蛾って全部で6000種以上居て,愛年新種が追加されているので,全部を相手にしたら体が10有っても足りないと思います。

だから、グループを決めて集めたり調べたりしてました。
最初がカトカラで,次はキンウワバの仲間,その次はシャチホコとかヨトウの仲間というように広げていったのでした。

この?のシャクガは、ナミシャクの仲間だと思うのですが,野外で見た記憶が有るのに,図鑑で見ると該当するのが見当たりませんでした。もうちょっと調べてみます。

こういう風にして、調べるのって勉強になるので大歓迎なんです.どうせ、毎日サンデーみたいなもんで暇ですから。
Posted by カトカラおんつぁん at 2011年09月01日 12:29
シンジュサン、迫力あり過ぎます(汗)。
ハグルマトモエ、微妙に限界越えです(笑)。

種名不明の体長1cm程度の小さな蛾、
・・・コレくらいなら大丈夫です。

コレくらいのサイズの蛾ぁやんの中には、
おお〜っ!と思うような斑紋をした種が居るんですよね。


とはいえ、アブナイ世界には縁がないですぅ。

Posted by Rhetenor at 2011年09月01日 14:16
カトカラおんつぁんさん
 なるほど、そんなふうに対象を広げたのですね。
 カトカラは、私も、こいつはカトカラって見たら分かりますし、綺麗しねぇ〜
 保○社の原色蝶蛾図鑑のムラサキシタバの解説だったかなぁ、「燈火採集で本種が得られたときの喜びはひとしおである」なんて趣旨のことが書かれていて、図鑑の解説にこんな個人的感想を書いてえぇんかいなって笑いました。
 ちなみに、私は、アオシャクの仲間が好きで、見つけたら、必ず写真撮るようにしています。
Posted by kenken(管理人)@休憩中 at 2011年09月01日 17:11
Rhetenorさん
 ははははは・・・ハグルマトモエ、限界超えてますか。
 過日のニシキオオツバメも綺麗ですが、限界越えでしたよね。(笑)
 ん、でもね、写真なら、触らなくても大丈夫!これは、と思うものは是非、画像採集してくださいな。実は、私も、これら写真の蛾は、触れません。なので、「アブナイ世界」だったりします。(爆)
Posted by kenken(管理人)@休憩中 at 2011年09月01日 17:14
まさにアンタッチャブルな世界ですよね。
私も最初の頃は、何が面白くて高い標本箱に蛾なんかを収めてしまうんだろうって思ってましたもの。

アオシャクは、色がとんでしまうので,写真で保存するのがいちばんだと思います。10年も経つと、アオシャクがシロシャクって感じになりますんで。

体はひとつ、時間も一日24時間と限られてますから,蝶のほかに手を出すと,エラいことになりますね。
君子危うきに近寄らずが正解かと。
Posted by カトカラおんつぁん at 2011年09月01日 18:40
カトカラおんつぁんさん

> アオシャクは、色がとんでしまうので
 なるほど、やっぱり色、飛ぶんだぁ〜 アオシャクの色、なんちゅうか心を引きます。上の?の個体もアオシャクっぽい色?

> 君子危うきに近寄らずが正解かと。
 手遅れかも・・・(笑)
Posted by kenken(管理人) at 2011年09月02日 07:11
手遅れ、大歓迎です.
というのも、蛾の話が出来るお仲間が増えるってことですから。

ところで、謎のシャクガ?さん、まだ正体が不明です。
悔しいんで、もう少し探索してみます。
絶対に、夜間採集で見たことがあるだけに不明なままだと
悔しくて。シャクガは対象外だったので仕方がないのですが。
Posted by カトカラおんつぁん at 2011年09月03日 15:17
カトカラおんつぁんさん
 はいよ、ぜんぜん急ぎません。
 分ったらでOKですので種名カキコしてくださいな。
 ん、誰かその前に書いてくれるかも?

 これ、やっぱりシャクガの仲間・・・なんちゅうか、触覚と翅の型から、シャクガかなぁ〜って感じ取るということですね。
Posted by kenken(管理人) at 2011年09月03日 16:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。