2011年07月20日

続・地元・京滋の蝶(2011年7月16・17日)

 当ブログ名「My Favorite Butterflies of Japan」の由来について書かせていただきます。
 お気づきと思いますが、当ブログは、撮影種類数を増やすことを目指しているのではなくて、お気に入りの蝶に特化して、その美しさを惹き出そうというコンセプトで開設しています。なので、「My Favorite Butterflies」なんです。また、管理人は、「迷蝶」にはほとんど興味が湧きませず、土着種をメインに撮るので、「of Japan」であって、「in Japan」ではないのです。(タッパンルリが土着種だったら、たまらなく撮りたい・・・)最後に、管理人は、John Coltrane が大好きでしてね、彼の作品の中でも「My Favorite Things」で奏でるソプラノ・サックスは傑作中の傑作だと感じています。で、その曲名もヒントにさせていただきました。
 Coltrane の命日は7月17日でして、京都・祇園祭ではハイライトの山鉾巡行の日だったりもする由緒正しい日であります。Coltrane は多くの作品を残しており、没後40年以上経過した現在でも未発表テープが発掘され、新譜として発表される状況です。管理人も、諸般の事情で、当ブログでは公開できない極めつけの生態写真を多数残しておりますが、どうなることやら・・・という訳で、突然ですが、由緒正しい7月17日に撮った写真を掲載するにあたり、書かせていただきました。
 前置きが長くなりましたが、「My Favorite Butterflies of 滋賀県」の2種でございます。

11071617sgc.jpg スジグロチャバネセセリ、こいつをそれらしく撮るには、縁毛が翅裏と同じ褐色で白ではないことを強調しなければなりません。びっしりそろった縁毛とこの前肢を上げた緊張感のあるテリスタイル、最高ですわ。

11071617ur1.jpg 2年ぶりかな、久々に生息地を訪れてみたウラナミジャノメ。滋賀県の個体群は年1化でございます。ん!葉上の水分に口吻伸ばしてますね。

11071617ur2.jpg この、シダ葉上に静止している雰囲気を表現したくてね。およそ蝶などいないような荒涼とした環境に生息していて、いつ見ても感動します。

11071617ur3.jpg 同じような写真ばかり3枚掲載していますが、不思議なもんで、後翅裏の眼状紋の形が微妙に異なっていて、個体を識別することができるんですね。

 この2種、滋賀県では、そう簡単には撮られへんのよぉ〜
posted by kenken(管理人) at 17:30| Comment(30) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お師匠
美しさへのこだわりしかと受け止めたいと思ってますが
なかなか技術や根気がついて行きません
ウラナミジャノメ実は未撮影種で有ったりするのですが
いまだに本物に遭遇せず同僚東京のギフ屋さんから
大阪の某小学校に居る話聞いてよだれたらしてます
まだまだ極めるべき道の遠いこと感じる絵です
お見事です
Posted by 蝶山人 at 2011年07月20日 18:08
蝶山人さん
 関東方面の方にとっては、ウラナミジャノメはなかなか撮影の機会に恵まれない種だと認識しています。自生している場所で最も近いのは、静岡になるのかな。
 九州まで行くと、結構自生していたりして、例えば、対馬なんかは本種しか居てませんよね。
 こいつを7月に滋賀県で撮るのが京都在住の私の使命かと。
Posted by kenken(管理人) at 2011年07月20日 19:32
なるほど、Coltraneさんの命日でございましたか・・・。
ひょっとしたら貴ブログの開設日かな?と思っておりましたが見事に外しました(笑)。
「My Favorite」と「in Japan」のこだわりも得心いたしました。
由緒正しい日に撮られた画像、ゆっくりと拝見させて頂きます。
Posted by nomusan at 2011年07月20日 19:32
nomusanさん
 さっそくのコメント、おおきにです。
 そう、7月17日は、由緒正しい日なんですわ・・・
 「日本の:in Japan」ではなく、「日本産の:of Japan」なんです、念のため。
 今宵ねぇ〜なぜかもう、白ワインで魂解き放っています。
 それにしても球磨焼酎が飲みたい毎日だったりします。
Posted by kenken(管理人) at 2011年07月20日 19:40
あ、すみません、of と書いたつもりだったのに!
で、拙ブログもそう書き直したのに!
すんまへん、昨日今日と呑んでないもんで・・・m(_ _)m
Posted by nomusan at 2011年07月20日 20:19
スジチャの裏面に隠れているのはヒトリガの仲間かな?
異なる鱗翅類のコラボ画像はある意味貴重ですね。
露岩地に生えるシダ類、播磨のヒメヒカゲ産地でも
よく見かけますね。晴れた日はムチャクチャ暑い・・・。
こんな環境によく飛ぶホシミスジを見ると涼しげに
なりますが・・・。
Posted by fanseab at 2011年07月20日 20:52
nomusanさん
 再コメント、すんまへん!
 このブログ、訪問者の皆さんからの削除、修正機能がないのが難点ですなぁ。貴ブログは、鍵コメや削除パスワードがあって、間違えても訪問者が書き直しできます。E*C*TEブログに乗り換えたほうがえぇかな。
Posted by kenken(管理人) at 2011年07月20日 22:48
fanseabさん
 さすがに鋭い書き込みですね!私は撮影後に気づいたのですが、何か蛾みたいなのが写り込んでいるなぁと・・・そうかっ、ヒトリガの仲間っぽいですね。有り難うございます。

 播磨のヒメヒカゲ&ウラナミジャノメ生息地も荒涼としてますが、滋賀県の生息地は、もっと荒涼としてますわ。でね、ヒメヒカゲの香りがするんですが、さすがに居りません。
Posted by kenken(管理人) at 2011年07月20日 22:54
うぉ〜〜!
滋賀県の年1化産地のウラナミジャノメですかっ。
見事な画像でございます。

大阪や奈良では、「ふ〜ん。」ってなもんですが、
かの地では、まだ出会えておりませんです。
「ホンマにこんな処に居んの?」でしたが、
 ホンマに居るんやね(汗)。


スジグロチャバネセセリも滋賀では出会えてません。

う〜む、マニアック過ぎまっす!!
Posted by Rhetenor at 2011年07月21日 13:00
Rhetenorさん
 なんのっ、広島キマリンのほうがマニアックでは?(笑)
 年1化型、それも7月のウラナミジャノメの生息地は、おっしゃるとおり、一般的な蝶の香りのしない環境ですね。島根県もきっとこんな環境なんやろなぁ・・・
 スジチャは、昨年、他の蝶の探索時に偶然出会って???って感じでありまして、今年もおるんかいなって見に行ってみたら、やっぱりいたので偶産ではないようですわ。
Posted by kenken(管理人)@休憩中 at 2011年07月21日 17:03
すぎょい!!!

滋賀ウラナミ3回連続ヌルってます。見たのはハッチョウトンボくらいです。



スジチャにいたっては、いる事自体知りませんでしたよ。


しかし、鬼マニアックですね・・・・。

感動です。
Posted by 8823 at 2011年07月21日 17:44
スジチャ,宮城だとまだけっこう見られます。って言っても今年は出かけられず,拝んでませんが。
こっちだとヘリチャを見ようと思うと難儀します。

スジチャのテリ張りのポーズ。チョウはスクランブル体制ですから、脚にも緊張感が漂っているのが写真からも伝わってきました。

写真からそこに写っている以上のことも語らせることができてるのは、kenkenさんのレベルに達しないとできないことだと思います。ただ、止まっているのを写すんなら私も出来るんですが。


どこに居るかだけ調べて写してきてもただの静止姿勢としか見えない画像になるでしょう。テリ張りなどの生態も知り抜いてこそ、そこまで見抜いて撮影しているってことですからね。

いやあ、凄いお仕事してはるって,改めて敬服ですワ。
Posted by カトカラおんつぁん at 2011年07月21日 19:35
8823さん
 おおっ、ご登場、有り難うございます。
 このマニアックさを分っていただける方にコメントいただき、恐悦至極にございます!
 なんの、しかし、兵庫のヘリチャのマニアックさもすぎょい!って見入っておりましたよ。
 近畿地方で見るThymelicusはえぇもんです。

 滋賀ウラナミ、荒涼とした環境を探してると、くそ暑さで頭がくらくらしてきます。
Posted by kenken(管理人) at 2011年07月21日 22:07
カトカラおんつぁんさん
 いつもコメント、おおきにです。きゃあ〜過分なお褒めのコメント、おしりがこそばがゆうございます。そう言っていただけると、撮影にますます精進できまする。

 写真では、なんちゅうか、その蝶をその蝶らしく表現するように努めております。
 テリポーズや口吻伸ばしなど、静止画でも「動き」が感じ取れますやろっ。ちなみに、このスジチャね、クソボロのゼフ(多分オオミドリ)とテリ争いしてましたわ。
Posted by kenken(管理人) at 2011年07月21日 22:10
kenken師匠

 御無沙汰しております。
 ウラナミジャノメ、ええですね。
 この蝶の周年経過が産地間でかなり異なっているのは非常に興味深いことです。これはgeneticに固定されたものなのでしょうか?それとも微小環境的な要因が関与しているのでしょうか?
 今年の夏はレアな伊豆のウラナミジャノメの産地に挑戦してみたいと考えています。もうボチボチ出てるかな。

蝶山人先生

 すみません。私が知っている大阪の産地は(有名な産地なので関西の人は大抵御存知でしょうが)八尾市にある某大学のキャンパスです。キャンパス内にもいますが隣接した畑の周りのほうが多いような気がします。
Posted by 東京のギフ屋 at 2011年07月22日 13:05
東京のギフ屋さん
 ご無沙汰いたしておりますが、お元気でお過ごしですかな。いつもながらのアカデミック&マニアックなコメント、おおきにです。

 この化性の違いは、geneticに固定されたものとは言い切れず、微小環境的な要因が関与しているものと考えておりますが、はっきり言ってよ〜分かりません。いろいろ書きますと・・・

 自然状態で1化の個体群であっても飼育すると2化は出ます。
 兵庫県家島諸島では、男鹿島では全部1化なのに、すぐ西の坊勢島では一部2化って聞いております。
 また、マイ後輩のS君は、化性の研究で論文書いてますが、その過程で各地の個体群のDNAを調べたところ、対馬以外の各地のものは、1化、2化含めて差異は認められなかったと聞いております。さらに、化性は、季節適応だけではなく、近縁種ヒメウラナミジャノメ♂から受ける配偶干渉を回避した結果とも示唆されております。↓
http://www.esj.ne.jp/meeting/abst/ESJ54/F1-12.html

 伊豆のウラナミジャノメ、えぇですなぁ〜これもマニアックの極みだと思います。もう、えぇ時期では?私も1度、行ってみたいところです。

蝶山人さん
 京都府山城地方、大阪府八尾市の個体群は2化です。2化目は、8月末〜9月初ですね。こちらにお越しになる機会あればご一報ください・・・って、ちとなさそう。
Posted by kenken(管理人)@休憩中 at 2011年07月22日 16:52
>自然状態で1化の個体群であっても飼育すると2化は出ます。
>化性は、季節適応だけではなく、近縁種ヒメウラナミジャノメ♂から受ける配偶干渉を回避した結果とも示唆されております。

師匠、御教示有難うございます。
ううむ、面白いですね。ところでhybridってできるんでしょうか。寡聞にしてジャノメチョウ科(今は亜科かな?)ではあまりhybridの例を知らないのですが・・・

それにしても、セリーグ弱すぎ。
Posted by 東京のギフ屋 at 2011年07月22日 19:07
東京のギフ屋さん
 はいな、ウラナミジャノメの化性については、京大蝶研のメンバーがいろいろ調査・研究してましてね、興味深い記事が過去の機関紙「SPINDA」に掲載されております。
 この滋賀県の個体群も7月に採卵して飼育すると、日長条件によっては、年内に2化するという実験結果が載ってましたね。

 hybridって聞いたことないなぁ〜ウラナミとヒメウラナミですやろっ、後翅裏面眼状紋が4個になるのかなぁ・・・

 セ・リーグ、ん、でも8点取って逆転しよった!
Posted by kenken(管理人) at 2011年07月22日 20:54
誰もコルトレーンに喰い付かなかったようですね.チョウのブログですから当たり前ですが。

私も一時好きでビバップから以降のジャズは聴いてたときがありました。マイルスのエレクトリックを取り入れた革新的なのも好きですが,肉声に近いサックスで延々と吹きまくるコルトレーンは別格ですね。

お会いした時には、モダンジャズの話もできそうで楽しみが増えました。早けりゃ、この夏にでも西に旅立ちたいとは思っているのですが。どうなりますか。
Posted by カトカラおんつぁん at 2011年07月23日 10:41
誰もコルトレーンに喰い付かなかったのは、チョウのブログだけに当たり前ですね。

私もビバップ以降のジャズはちょっぴり聴いてた頃があります。
マイルスの電子楽器導入などの革新さも好きでしたが,人間に肉声に近いサックスで延々とアドリブで吹きまくるコルトレーンは別格ですね.

お目にかかった時にモダンジャズの話もできそうで、楽しみが増えました。
Posted by カトカラおんつぁん at 2011年07月23日 10:45
カトカラおんつぁんさん
 当ブログ、投稿者からの削除機能がなくて、申し訳ありません。たまに反応遅いときがあって、2重に書き込まれる方が発生し、ご迷惑をおかけしています。
 やっぱし、皆さんに使い勝手の良いe*c*teブログかなんかに変えたほうがえぇかなぁ〜
 せっかくなので、2コメント残しておいて、合わせてレスしますね。
Posted by kenken(管理人)@休憩中 at 2011年07月23日 11:38
カトカラおんつぁんさん
 おおっ!初めてコルトレーンについてのレスが入りましたね。有り難うございます。マイルスと一緒に演じていた頃の演奏も好きですが、My Favorite Things 以降のアルバムが特にお気に入りです。
 A Love Supreme なんかもコルトレーンの肉声が聞けるのでえぇもんで、実は、当ブログ名を Butterflies Supreme にしようかとも考えました。
 ん?西へ旅立つ可能性とな・・・お目にかかれますチャンスを楽しみにしておりまする。
Posted by kenken(管理人)@休憩中 at 2011年07月23日 11:47
2つも残していただき、レスもつけてもらえるなんて感謝です。
いま、罹災者と言うことで,高速無料なので、車中泊で西のほうに行こうかと計画だけは立てております。
もしも実行できたら,まっさきに連絡をメールします。

ついでに、スジチャの止まっている葉の裏に止まっている蛾ですが,ヒトリガの仲間ではなくて、白地に黒い紋でモンシロドクガかと思われます.ま、どうもエエことではありますが。
Posted by カトカラおんつぁん at 2011年07月23日 21:09
カトカラおんつぁんさん
 あっ、そうかっ!そうでしたね。
 計画実現時は、是非ご一報くださいね。ですが、是非、ご無理のない旅の計画を。
 その際は、能登ビア、展翅外しておきますわ。

 有り難うございます。さすが、HN「カトカラ」さんですなぁ〜私ね、蛾はさっぱり分かりません。次回訪問する機会があれば、蛾もよく探してみますね。
Posted by kenken(管理人) at 2011年07月23日 21:40
kenkenさん

滋賀の年1化ウラナミジャノメすごいですっ!
その凄さは、ウラナミ好きのTくんに聞いておりますw

伊豆ウラナミ・・・昨年2回行きました。1回目は、環境がわからずヌル・・・2回目にごく少数見れました・・・・

浜坂のウラナミジャノメと環境が似ている?のでしょうか・・・
でも不思議なのは、別荘地でも年1化だということです・・・ごくごく普通の年2化タイプの発生地環境なのです・・・・・(人家周辺荒れ地なんです。)
Posted by さいせんきん at 2011年07月23日 22:15
さいせんきんさん
 おおっ、貴兄までご登場いただくとは!更にマニアック度が高まる記事に・・・コメント、おおきにです。

 滋賀のウラナミ撮影は、明るい崖地で、滑落の恐怖と戦いながら、暑さ我慢大会みたいな苦行を強いられる場所ですわw
 マジで少ないですし、こんなとこに「蝶」というもの自体おるんかいな・・・なんて場所です。
 ところで、Tさんは、ここの個体群は東日本型の雰囲気があるように感じておられますね。↓
http://blogs.dion.ne.jp/melitaea/archives/7874204.html

 伊豆のウラナミも少ないみたいねすねぇ〜

 浜坂ウラナミは訪問したことないのですが、京大蝶研会誌SPINDA No.19(2004年)には、まさにお尋ねの、滋賀と浜坂の生息地環境比較について書かれてます。浜坂は、滋賀とは違って、海岸にごく近い山の斜面で鬱蒼と茂ったやや暗い環境って書いてありますw
 ん、でも、見た目は違っても、きっと、1化ウラナミの生息地って、共通した「荒涼感」があると思われw

 またTさん交えて一献交わしながら、こんな話で盛り上がりたいなぁ〜w
Posted by kenken(管理人) at 2011年07月23日 22:51
kenkenさん

私は、以前、京都のキマルリポイントをkenkenに教えていただいたものです。だいぶ前になりますが、神戸のカバマダラでご一緒したことがあります。

キマルリポイントを教えて頂いたときは、京都に住んでいましたが、その後、アメリカに渡り、最近、何とか日本に戻って参りました。アメリカに住んでいた頃は、日本の蝶が懐かしく、kenkenさんのブログを楽しみに見させていただいていました。

前置きが長くなりましたが、私もジャズが好きです。John Coltraneの名前を見て、思わず飛び出してしまいました。My Favorite things、いいですよね。もちろんColtraneもいいですし、McCoy Tynerのピアノも泣けます。
Posted by 信助 at 2011年07月25日 19:42
信助さん
 これは、これは、コメントおおきにです。なんと、神戸のカバマダラとなっ!ひゃぁ〜誠に懐かしいお話です。渡米中も拙ブログご覧いただいていたようで、有り難うございます。

 貴ブロクも訪問させていただきましたが、おおっ、凄いですねぇ〜音響・振動工学のご専門でしょうかっ。音へのこだわりが伝わってまいりました。

 うん、うん、Tynerさんのピアノも泣かせます。Coltraneさんとの組み合わせが、なんとも心地よい響きですわ。

 今後とも、よろしくお願いいたしまする。
Posted by kenken(管理人) at 2011年07月25日 22:10
ブログ名は知ってましたが、kenkenさんのブログとは知らないで訪問しました。
そして、タイトルがトレーンから来ているとは、ブログを開いたときかかる音楽から想像もつきませんでした。
昔は、トレーンしか聞いていなかったのに、今は、・・・です。
(このコメント欄のノリには、ついていけそうもないので、早めに切り上げます。でも、頭の中は、My Favorite Thingsのソプラノのフレーズでいっぱいになってきました)
Posted by otto-N at 2011年07月31日 20:19
otto-Nさん
 こんばんわ。ご訪問&コメント、有り難うございます。
 そうなんです、今まで書いておりませんでしたが、ブログ名は、トレーンの影響を受けていたりします。
 私もね、最近は、あんまり聞いていなかったのですが、この記事を書いてから、何回か聞き返してましてね・・・やっぱり My Favorite Things のソプラノは最高ですわ。
 今回の記事は、ちょっとマニアックの度が過ぎていまして・・・(汗)また、お気軽にコメントしてやってくださいね。
Posted by kenken(管理人) at 2011年07月31日 23:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。