2011年05月18日

定点観察 in 三重県(2011年5月15日)

 5/14(土)は、終日お仕事しておりました。えぇ天気やのに・・・ストレス溜まるなぁ〜 で、翌5/15(日)、nomusanさんのブログ記事に触発されて、三重県のフィールドで定点観察することにしました。

110515mk1.jpg 撮れ方が大切なミカドアゲハ・・・ですが、いきなり撮れてしまいました。(笑)新鮮な個体で元気に飛んでおりましたが、樹上でずっと吸蜜しておりましてね、まずはこんな証拠写真ばかりでした。

110515mk2.jpg やや時間が経過してから、低い位置へ一瞬降りてきてくれましたが、どうも、最初に見た個体とは違うような気がするなぁ・・・ミカドの翅表、なかなか撮れません。で、こんな1枚をお目にかけます。

110515mk3.jpg ヒメジョンでの吸蜜って・・・そこまで低い位置に降りてくるか・・・なんだか周りがゴチャゴチャしてますが、翅裏の赤斑が綺麗に撮れた1枚。1つ上のミカン吸蜜と同個体です。

 F大先輩と合流したので、場所案内も兼ねて移動です。

110515jk.jpg やはりまだ、季節進行少し遅れているのかな・・・ジャコウアゲハの♀が、やや新鮮。本種の♀って本当に綺麗です。いつかは、きちんとピカピカの個体の美しさを描写せんといかんなぁ・・・老後の楽しみかな。(笑)

110515sk.jpg なんだか、太陽の周りはこんな感じになっている空でしてね、日射しが弱く、気温の上がらないお天気でした。これ、なんちゅう現象でしたっけ?

110515sn.jpg そんなお天気だったので、スミナガシのテリトリーも時間がやや短かったような・・・凹凸のある葉上に静止したので、左後翅の表面がのぞき見えてえぇ感じです。

 定点観察は大切と考えておりますが・・・う〜ん、しかし、これでは探索心が満たされない・・・次はNULL覚悟で探索に出撃?!
posted by kenken(管理人) at 21:23| Comment(20) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
三重のミカドも出始めですね。京都からではこのポイントが一番近いですものね。今年は皆さんナガシを結構撮影されているようですが、確かにエエ蝶です。ウラゴはまだ発生していなかったですか?
Posted by ノゾピー at 2011年05月18日 22:29
ノゾピーさん
 まいどです。ここは、拙宅からですと1時間半かな。出かける際は、「ちょっと伊勢うどん買いに行ってきますわ」って言っております。(笑)
 ナガシは貴兄の写真に触発されました。えぇ蝶ですわ。
 ウラゴは、各地の幼虫の状況から判断して、まだ出ていないと思われますね。
Posted by kenken(管理人) at 2011年05月18日 22:43
定点観測、ミカドでしたか。のむさんとこにも書いているのですが、東北人にはアオスジのきれいさだけでも感動ものなのに、ミカドと言ったら、手の届かないという存在です。感動も数倍上のクラスです。

飼育も食樹がなくてできないので写真で見るだけでも感動できます。
Posted by カトカラおんつぁん at 2011年05月18日 23:26
カトカラおんつぁんさん
 まいどです。単純な性格なので、のむさんの記事に触発されてミカド詣してまいりました。ナガシもそうですが、地面より高い位置で蛹越冬する蝶は、そんなには発生遅れていない感じであります。
 新鮮なミカドは、どくとくの明るさがあって感動しまっせ。そちら、タイサンボクも気候的に植栽は無理なのかな。
Posted by kenken(管理人) at 2011年05月18日 23:36
博多の郊外の小さな神社にオガタマノキが数本あり、その木に多数のミカドが舞っていてびっくり、下草で交尾している写真も撮りました。「アオスジと習性がだいぶちゃうなあ…」と思いました。今から20年ほど前のことです。蛇足ですが、その昔に大阪の実家に植木屋さんから取り寄せたオガタマノキがあり、結構大きくなりました。なにより香りがよい花が咲きます。
Posted by 久保田 at 2011年05月19日 00:36
拙ブログをご紹介頂き、恐縮至極にございます(汗)。
福岡・佐賀県では神社にもですが、オガタマを街路樹に植えたりしてますので、結構街中でも容易に見れたりします。
拙画像の撮影場所も本当に町の真ん中、職場から徒歩10分・・・この蝶に関してはかなり恵まれた環境にいます(笑)。
こちらのは黄紋ですので、裏面の赤紋とってかなり印象が違ってドキッとしてしまいますね〜。
Posted by nomusan at 2011年05月19日 06:37
久保田さん
 オガタマノキは、神社にかたまってありますよね。ミカドも数本のオガタマで十分に発生するようで、お書きのようなお話をよく伺います。
 アオスジに比べると、私には、飛び方が「上品」に見えるのは、偏見かな。(笑)
 ひょっとして、大阪で、今ごろミカド飛んでいませんかな。大阪付近は、タイサンボクも結構ありますよね。
Posted by kenken(管理人) at 2011年05月19日 06:39
nomusanさん
 おおっ、早朝から、有り難うございまする。
 なるほど、近畿地方でも、街路樹にオガタマを植える運動をしてもらえるといいなぁ〜
 そうそう、こちらは赤紋でしてね、結構、くっきりした色あいに写ります。
 生息地を訪れたところ、いきなり飛んでいたのですが、それまでに「いるかなぁ〜」って思いながら2時間弱の運転なので、結果的には貴兄と同じ「撮り方」かな。(笑)
Posted by kenken(管理人) at 2011年05月19日 06:45
オガタマノキは、神社に多いようですが、もともとは南国育ちなんでしょうね。タイサンボクは、東北でもあるような気がしていますが、調べてみたいですね。タイサンボクで飼えるなら飼育にもトライしてみたいです。
Posted by カトカラおんつぁん at 2011年05月19日 07:04
カトカラおんつぁんさん
 タイサンボクで飼育可能ではあります。地域個体群の食性にもよりますが、小さな個体になった記憶が・・・いや、これは温度管理がまずかったのが原因のような・・・暖かいところの蝶ですからねぇ。
 是非、トライしてみてくださいな。
Posted by kenken(管理人) at 2011年05月19日 07:23
ミカドいいですね。上品な気品を感じる色彩ですね。
一度行きたいと思いますが、愛知の神社よりは採集者が少ないのでしょうか?(笑)
Posted by BANYAN at 2011年05月19日 09:09
BANYANさん
 飛び方も色も、上品さを感じる蝶です。
 ここ玉城町では、ミカドアゲハは町指定の天然記念物で、町内では毀損(採集)することはできません。
 住民の意識も高く、以前もね、網を持ったおじさんが現れたところ、近所の住民、神社の宮司さんなどが駆けつけて排除しておりました。(笑)
 この日もね、まずは神社にお参りして、宮司さんに「蝶撮影に来ましたぁ」ってご挨拶すると、歓迎してくれましたよ。
Posted by kenken(管理人) at 2011年05月19日 10:09
ミカドアゲハはこちらでは見ることができないので、うらやましいです。
ヒメジオンで吸蜜してくれるなんて、サービス満点ですね。
スミナガシは決まった所でテリ張りしてくれるので、毎年、楽しみです。
Posted by cactuss at 2011年05月19日 23:48
cactussさん
 コメント、おおきにです。
 ミカド、ヒメジョンで吸蜜した個体は、ちょっとくたびれた雰囲気で、下まで降りてきてくれました。元気そうな個体は、高いところを飛んでいました。
 ナガシ、毎年決まった位置でのテリ、一度良い場所を見つけると、長く楽しめますね。
 今年は際どくお目にかかりませんが、そのうちどこかで・・・
Posted by kenken(管理人) at 2011年05月20日 00:03
ヒメジョンでの吸蜜、初めて見ました。
エエ感じですね!
羽化直後に、低い位置に降りてきて羽休めするのは、
幾つか確認した事が有りましたが・・・。



内暈(うちかさ)でしたっけ?
見事な光景ですね。
ハロと呼ばれる事もあるとか・・・。
Posted by Rhetenor at 2011年05月20日 00:10
Rhetenorさん
 ヒメジョン吸蜜は私も初見ですわ。アオスジは良く来るのですがねぇ。
 ヒメジョン吸蜜個体は、ややくたびれ感があって、低い位置での吸蜜です。元気な個体はタブノキの樹上で吸蜜してました。元気さによる住み分けみたいなのがあるかも。

 そうそう、「ないうん」又は「うちかさ」ちゅうんですね。U山さんのページでお勉強していました。↓
 http://homepage3.nifty.com/ueyama/sky2/sky.html
Posted by kenken(管理人) at 2011年05月20日 00:25
今は、輝(かがやき)という名で出ています(笑)。
そのとおり、お勉強の通りです。
今の季節、
太陽が高いときには、内暈の下にきれいな
直線の虹色が出ていることもあり、こちらも注目です。
環水平アークといいます。

ミカドアゲハ、まだ本州では見てませんが、
飼育もやってみたいと思うこのごろ。
今日はサカハチチョウの列卵の孵化を楽しんでました。
Posted by at 2011年05月22日 01:17
輝さん
 おおっ、コメント、有り難うございます。
 ご無沙汰いたしております。

 空のことは、貴兄のHPでいろいろ教わっております。
 そうだ、環水平アークも探すべきでしたね。まだまだ勉強が足りません!

 貴兄のHP、ちょくちょく訪問していますよ。サカハチの産卵の仕方って、本当に面白いですよね。

 ところで、ミカドは、ユリノキでも代用食になるということを聞きました。機会があれば、いろんな代用食の嗜好性を試してみたいなと思います。
Posted by kenken(管理人) at 2011年05月22日 05:24
えーご無沙汰でございます。来週辺りお越しになりますか?
私も貴殿のジャコウアゲハに刺激され、安曇野のジャコウを撮りに行ってきます。なかなかの珍なのですよ。
Posted by kmkurobe at 2011年05月26日 07:14
kmkurobeさん
 まいどです。
 ジャコウは♀がえぇもんです。このなんともいえない薄い色合いを表現したいものですね。
 当方、仕事の都合でなかなか動きにくく、難儀しています。そんでもって、週末はお天気がねぇ・・・
Posted by kenken(管理人) at 2011年05月26日 07:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。