2011年04月18日

今シーズンのギフチョウは(2011年4月17日)

発生が遅れていますね。マイ・データによれば、昨年比で10〜14日遅い春の進行ということなんですわ。
 何かと忙しく、前日の4/16(土)も終日お仕事してましてね・・・ゆっくり遠征できないのですが・・・さすがに籠りっぱなしは体に悪いので、ちょっと日帰り出撃してきました。実は、季節進行、データほどは遅れてないやろと思ってたんですが、福井県南越前町のフィールドを訪れてみたら、データどおりの遅れでした。

110417-1.jpg 「初球」は、とにかく証拠写真的であっても、まずは撮っておきましょう。何の変わり映えもしないベタ静止画像ですが、やはり、春になってギフチョウに出会えるということは、それだけで幸せを感じなければなりません。

110417-4.jpg カタクリやツツジの花が思いのほか咲いてなくて、狙いの吸蜜画像は撮れませんでした。ん、でもね、収穫がありました。飛翔写真のAさんに遭遇したことです。その撮影技術、じっくり拝見させていただきました。写真は、Aさんの飛翔写真撮影シーンの1コマです。ギフチョウさんの蝶道を見事に見切っておられましたね。さすがでございます。(Aさん、すんません、雄姿を勝手に掲載させていただきました!)

110417-3.jpg それにしても萎えることがありました。これまで、北陸地方ではなかったことですが、藪コキすると巨大なダニがズボンに2つもついてましてね・・・写真からその大きさがお分りいたふだけるかと思いますが、下に写っているのは、人差し指の爪なんですわ。

110417-2.jpg ダニ画像が最後になると冴えないので、静止画像を1枚追加しておきますね。180度超の開翅シーン、右翅をフラットにピント合わせて撮ってます。

 ところで、この日は、何箇所か移動して撮影したのですが、途中、こんなことがありました。撮影地の土地管理者と思しき男の人が近づいてきましてね・・・
その男:「すんませんが、ギフチョウは撮影だけですかな?」
私:「そうですよ、ご覧のとおり(首からカメラ2台ぶら下げてます)撮るだけですが、何か?」
その男:「あっ、それならえぇんですけど、ここは採取は止めてもらってるもんで」
 この場所、公法的には採集禁止ではないんですが、私法的に土地管理者は採取禁止にしておられるようで、確かに、立て看板が立ってましたわ・・・網とか持ってたら、ふ○み○さんのように、犯罪者扱いをされたんやろか・・・難しい時代になったもんです。私ね、きっぱり書いておきますが、根拠のない採集禁止の主張には、断固反対です。
 この日の走行距離268km。とにもかくにも、フィールドに出れて良かった♪
posted by kenken(管理人) at 19:59| Comment(32) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ギフ採りもなかなかうるさくなってきてるんですね。
ふしみやさんのブログでも出てますが,喧嘩してまで虫を追ったり採ったり、撮ったりするのも嫌ですしね。

私有地は仕方が無いとして、もっと大らかに自然とつきあえる世の中になってほしいものです。採集など100人が毎日通ってネットを振るのでなければ大した影響がないはずなんですけどね。建前論や善悪二者択一型思考が幅をきかせて、遊びや余裕がなくなって来ているのは悲しいです。
Posted by カトカラおんつぁん at 2011年04月18日 20:19
このハエトリグモほどもあるダニすごいですね・・・・
当家の辺りにいるマダニは3年物でもこれほどではありません。ほんとうにぞっとしますね・・・・・
私もね、せちがらい世の中になったとは思います。
ただこのご時世ですから、個人的にはダーーーレモ来ないところで網を振って欲しいと思いますがね。先日おとずれた富山でも色々とトラブルが有るようであります。
Posted by kmkurobe at 2011年04月18日 21:09
先ずはダニ画像にビックリです。
小さいダニを発見してゾッとすることもありますが、
流石にこれだけ大きいとパニクるかもしれません。
つまらないことですが、画像をクリックして拡大する時、
少し面倒になりましたね。今までの方がよかったのに。
貴殿の素晴らしい画像は是非ワンクリック拡大で拝見したい
ものです。
Posted by fanseab at 2011年04月18日 21:37
ダニ気をつけます(怖)
私の行ったあわら市のポイントでは一週間ぐらいの遅れでした。雪の解け具合によって、遅れ方に差が出ているのかも知れません。
Posted by ブルメイ at 2011年04月19日 00:31
飛翔写真、昨年のギフチョウからチャレンジしていますが、難しい。私の場合、ストロボは使わず、蝶を手で追いでぶらささない! と基本していることが多く、1/500secぐらいです。これで撮れるのは飛翔に滑空がある仲間ぐらいでしょうか。まだ満足できるものはないのですが、今年は機会があれば青空バックでドロノキに舞うオオイチモンジ♀に挑戦したい。これは広角が使えないので思案のしどころです。
ギフ採集、根拠のない禁止は困ったものです。断固反対!!! に賛成!!!
Posted by 久保田 at 2011年04月19日 00:56
Aさんとはフィールド以外ではあったことがあるのですが、撮影の様子を拝見したことはありません。
こんな感じで撮影しているんですね。カメラの先の方にギフが飛んでいるようにも見えますが・・
Posted by ダンダラ at 2011年04月19日 15:14
今年の季節の遅れは、ホント読みづらいですね。

回りを気にしながらのフィールドはチョットねぇ。
でも、そんな処が増えてますね。

おおらかな田舎の雰囲気が好きでしたが・・・。



ダニを見てたら痒くなってきました(笑)。
Posted by Rhetenor at 2011年04月19日 18:12
カトカラおんつぁんさん
 まいどです。違法ではないのに、違法と勝手に決めつけられて喧嘩を売られるってのは、かなわんですね。私なら、そんな輩の「ご尊顔」をネットで晒して、「褒めごろし」かな。(笑)
 この日訪れた場所の1つにも「ギフチョウの採取を禁ずる」なんて立看板立ってましてね・・・ええっ、こんなところに・・・って正直、驚きました。
Posted by kenken(管理人) at 2011年04月19日 20:13
kmkurobeさん
 まいどです。
 あっ、私信もいただいており、有り難うございます。何かと忙しくしておりまして、返信できずにすんません!

 このダニには驚きました。こんなデカイのがいるんですね・・・絶句です。2つもズボンについていたんですよ。いっきに藪こきする気力が失せましたわ。

 撮影していても、なんだか怪しげな眼差しで見られるものイヤなものです。でもね、ちゃんと挨拶すると、マトモな人ならたいていは問題ないのですがね。
Posted by kenken(管理人) at 2011年04月19日 20:17
fanseabさん
 ご無沙汰ですんません。このブログ、4月から勝手に機能UPとかされたんですが、そのぶん、画像を扱うサーバ上のフォルダが変更になって、うっとおしいですね。
 ですが、利点もありましてね、無料画像「100MBまで」が「2GBまで」と容量は大幅UPされたので、許してます。(笑)
 ダニはマジで萎えました。咬みつかれたわけではありませんが、茂みに入りづらくなりましたわ。

 貴兄の新潟ギフもAさんに負けず劣らず、えぇ飛翔画像ですなぁ〜
Posted by kenken(管理人) at 2011年04月19日 20:24
ブルメイさん
 あっ、貴兄のブログ更新、正直、見逃しておりました!私の目は節穴でした・・・(笑)
 今年の日本海側のギフは、雪の量がめちゃくちゃ多いので、融けた場所からダラダラ発生と推測され、発生時期が読みにくいですわ。
 ダニはホンマに萎えますわ。
Posted by kenken(管理人) at 2011年04月19日 20:27
久保田さん
 私は飛翔写真は普段はやらないので、この日はAさんの撮影シーンをいろいろ観察して勉強させてもらいました。
 やはり蝶道を読むのが良い飛翔写真の基本かなとも感じましたね。

 貴兄のイメージするオオイチのシーン、えぇじゃないですかっ!アウトプットイメージがはっきりすると、後は、それを如何に達成するか、具体的な手段へ展開していくことですが、いろいろ試行錯誤も必要でしょうね。素晴らしい絵が撮れることを祈っておりますよ。
Posted by kenken(管理人) at 2011年04月19日 20:32
ダンダラさん
 そう、小さくて分り難いですが、Aさんのカメラの前を実際にギフが飛んでいるんですよ。
 高速連写でありながら、それに同調してストロボも連続発光してましたわ。そんな設定が可能なように、バッテリーをお体に装着されていましてね、なるほどと思って拝見していました。
 私は、吸蜜、開翅など従来の路線でまいりますが、たまには飛翔写真にも挑戦してみます。
Posted by kenken(管理人) at 2011年04月19日 20:35
Rhetenorさん
 まいどです。今年は雪が多くて、よ〜分かりませんわ。
 しかし、勝手な思い込みで犯罪者を見るような眼で見られるのは困ったもんで、そういう事案は、きちんと弾劾せんとあきませんね。
 当方、しばらく忙しくしておりますが、5月頃にはゆとりある行動ができるようになりそうです。その節は、よろしくです。
Posted by kenken(管理人) at 2011年04月19日 20:40
おはようございます
ふしみやさんの「事件」 読みました
確かに保護されることは良い事なんですが蝶屋だけが「悪者」にされています
確かに「〇〇を2桁、3桁採った!」とか聞くと情けなくなりますが
でも蝶屋が1番保護、存続を願っている人種なんですよね
僕も昔、谷汲で撮影中に監視員からしつこく言い寄られて難儀な思いをして
それ以来谷汲は出掛けていません
保護、管理される方の苦労も察しできますが もう少し広い視野を持って頂きたいですね
Posted by itsuki at 2011年04月20日 08:28
itsukiさん
 コメント、おおきにです。
 なんだかねぇ〜きちんと理解しないで、感情だけで保護を訴える人種が増えてきていて、困ったもんです。
 谷汲、そんなことがあったのですね。1度、訪れてみんといかんなぁ〜
 私ね、きちんとした保全活動には大賛成ですが、感情だけで訳のわからない行動を取っている保護モドキには、断固反対の姿勢ですわ。
「ふしみや事件」私が、当事者なら、ブログで「ご尊顔」を晒して、徹底的に褒めご○しですな。
Posted by kenken(管理人) at 2011年04月20日 19:55
ほめ○しって、エエ作戦ですね。
案外、本気にしてしまうかもですけど。

Posted by カトカラおんつぁん at 2011年04月20日 20:53
カトカラおんつぁんさん
 えぇですやろっ!
 褒めて、褒めて、大々的にご尊顔を明らかにして・・・
 表彰状を差し上げたいので、名乗り出てほしいと・・・
Posted by kenken(管理人) at 2011年04月20日 22:11
アハハ、マジで名乗り出てきそうなのが怖いですねえ。

今日、見たらご尊顔に拝することができました。ふ●みやさんも我慢ならなかった分だけ、おそろしく長文のコメが付いてましたけど。分かりますね、お気持ちが。

ところで、kenkenさんラベルって、えらい評価高いものなのでびっくりしております。
Posted by カトカラおんつぁん at 2011年04月20日 23:18
カトカラおんつぁんさん

kenkenさんラベルの評価が高いのは、信頼の証です。
そして、基本撮影のみのスタイルなので、
稀少価値が付加されます。

さらに付け加えるなら、
皆が行く場所を故意に外している場合が多いのも、
人気の要因かと思われます。

御本人は答え難かろうと思い、
勝手に書き込みました(笑)。



そういえば私、kenkenさんラベル持ってなかった(非)。
Posted by Rhetenor at 2011年04月20日 23:59
Rhetenorさん 納得です。

説明、有り難うございました。
たしかにご本人は書きにくいですよね。
Posted by カトカラおんつぁん at 2011年04月21日 06:49
カトカラおんつぁんさん
 ホンマや、「ご尊顔」UPされていますね、名乗り出ていただきたいもんです。真面目な話ですが、蝶の採集規制や保全活動について、間違った認識のままで、間違った活動をしてもらうと、蝶の保全活動全体として利益になりません。
 正しい採集規制情報や保全活動をその方に理解してもらわねばなりません。

 ふ●みやさんのお気持ち、察するに余りまります。憤慨なさって当然でしょう。私、できることがあれば、全面的にバックアップしたいと考えています。

 先方の「ご尊顔」をネット上に公開することは、「容認できる処置」と考えていますし、私が当事者でも、そうします。
 理由は次のとおりです。
 先方が受けた利益侵害(ネット上に「ご尊顔」が公開された)と、ふ●みやさんが受けた利益侵害(犯罪者扱いされて胸ぐらを掴まれた)の両者を利益衡量すれば、後者のほうが利益侵害の度合いが大と判断します。

 マイラベルの評価については、「過大な評価にあずかり光栄です」としか申し上げようがありませんわぁ。
 貴兄には、以前に書きましたとおり、種名確認のため卵を持ち帰って飼育した能登ビアの標本を謹呈すべく、キープしておりますよ。

 私ね、過去、蝶の標本は、買ったことも、売ったこともありません。標本を売買の対象と考えていないからです。プレゼントしたり、されたり、交換することばかりです。その場合も、直接「手渡し」するようにしています。
 もちろん、標本商さんの売買を否定するものではありませんので、念のため。

 ついでに書いておきますと、私、人様から譲り受けた標本は、その方の了承を得ない限りは、第3者へは譲り渡しません。勝手に譲り渡すと、その方に失礼になると考えているからです。
 と、いうのが、良かれ悪しかれ、私の考え方なので、今回の某SNSのマイラベル標本については、現在の標本所持者さんに「私への気遣い無用なので売却してください」と敢えて公開コメントしたのです。


 私、2000年頃まではバリバリ採集していましたが、その後、デジカメを初めて手にしてから生態写真に興味が移って、ほとんど採集しなくなりました。しかし、標本作成の腕が鈍らないように、今でも、年に数頭(2桁はいかない)は採集して展翅するようにしています。
 ちなみに、昨年の採集・標本作成は、能登ビア数頭のみです。

 お散歩ネットは、最近では、いつも持ち歩いています。これは、採集するのが目的ではなくて、例えば、次のような場合に使用します。
 キマリンの開翅シーンを撮影しようとしたら、大破個体がテリを張っていた。 → 大破個体をネットインして、少し離れた別の場所まで持っていって放蝶する。 → 元の場所に、新たなピカピカの個体がテリを張りにやってきて首尾よく撮影!
 これだと、ギリギリ「やらせではない」と認識しています。(笑)
Posted by kenken(管理人)@休憩中 at 2011年04月21日 12:19
Rhetenorさん
 マイラベルへのお言葉、有り難うございます。
 過大な評価にあずかり光栄です。
 なんとも、レスが書き難いですわ。(笑)

 貴兄は、「自分自身での採集」を大切にしている方と承っているので、マイラベルを謹呈するのは、逆に失礼かなとも思いますが、いつでも、どんなものでも謹呈いたしますよ。
Posted by kenken(管理人)@休憩中 at 2011年04月21日 12:20
こんばんは

私も数年前までは買うことなどは念頭になく、自己採集オンリーでした。狂ったのは退職して、ちょっとお金に余裕ができたからでしょうか。前まで欲しかったのものが買えるとなったので、ブレーキがはずれてしまいました。

もっとも自己採集と言っても地元の普通種がメインでしたので、コレクションを充実させようということではありません。
欲しかった物が手に入る快感をちょっとだけ味わえるってことでしょうか。

いただいたものを売るってことは抵抗がありますね。私も売りには出さないでしょう。どうしても売るようになっても、いただきものは元の持ち主に返したいですね。

ぜひ、いつの日にか手渡ししてもらえことを願っています。
Posted by カトカラおんつぁん at 2011年04月21日 19:10
カトカラおんつぁんさん
 お目にかかって手渡しできます日を楽しみにしています。
 能登ビア、これですね。↓
http://www.k3.dion.ne.jp/~zephyrus/LOVELOG_IMG/101213sl3.jpg

 ちなみに、過去、しまびとさんに京都市ウラゴの標本を謹呈しますと申し出てから数年後に初対面しお渡ししました。Himeshijimiさんにも、同じく、初対面時に、京都市産ギフチョウと和歌山産クロツを謹呈しました。
Posted by kenken(管理人) at 2011年04月21日 20:11
こんばんは

そうです、そうです。その能登ビア裏展ですよね。
脚まできちんと揃って居るんで、アバウトな私はびっくらこいたもんでした。

今年は時間が大幅に自由になりましたので、夏あたりに車中泊ルンペン旅行を実現させたいと思って居ります。
その時には、京都で一杯を楽しみにしてます。
もちろん、能登ビアさんとの出会いもです。
Posted by カトカラおんつぁん at 2011年04月21日 21:20
「謹呈するのは、逆に失礼・・・」なんて事は全くないです。
私、“お友達ラベル”コレクターかもしれません(笑)。

貴兄のラベルは、是非持っておきたい逸品でございます。

また逆に、貴兄には“マイラベル”を
持っておいて頂きたいとも思っております。
Posted by Rhetenor at 2011年04月22日 00:18
Rhetenorさん

>“お友達ラベル”コレクターかもしれません
 はいよっ、了解しました。逸品だなんて・・・(笑)

 喜んで提供させていただきますし、貴兄ラベル、一生大切に持たせていただきますよ。是非、「交換」いたしましょう。

 何がいいかなぁ〜 一度、シーズンオフに拙宅にお越しくださいな。あっ、それから、今後ね、これは是非貴兄に!ってな個体に撮影中に遭遇したら、撮影後に回収することも頭に入れておきますね。
Posted by kenken(管理人)@休憩中 at 2011年04月22日 12:11
有り難うございます。

オフの楽しみが増えましたぁ。

持って行く標本は、
貴兄に是非撮って頂きたいような個体を考えてみますね。
Posted by Rhetenor at 2011年04月22日 16:34
こんなでかいダニがいますか〜。恐ろしい。
先日備後から戻り数日後首根っこにもぐった奴を見つけて、少し臆病になりました。痒みも痛みもない、おまけに小さいから何時やられたのかさっぱり^^;。

昨日午後、10年ぶりで京都府福知山市三和町に行きました。
どこもかしこも野と里の境界に鹿避けの柵が作られていて簡単には山に入れません。
ちょっと入って気づいたのは草花の少ないこと。あれではギフが減るでしょうね。確認できたギフは交尾済の1♀のみ。ギフは減り、ダニは増える。同好者にとってろくなことありません。
鹿の敵となりうるのは人間のみ、これは食肉習慣を推奨するしかないか。

Posted by matu at 2011年04月22日 18:37
Rhetenorさん
 了解です。
 そうねぇ〜例えば、来年の斜め45度の会の前後いずれかに拙宅まで来ていただいて・・・なんてこともありかな・・・
 楽しみです。
Posted by kenken(管理人) at 2011年04月22日 19:19
matuさん
 こんばんわぁ〜
 大阪の新年会でお目にかかったmatuさんですよねっ。その節はどうもっ!

 はぁ〜京都府三和町、そんな状況でしたか・・・数年前に訪れた滋賀県朽木村も同様で、鹿の食害で草はないわ、ダニはたくさんいるわで、閉口した記憶があります。兵庫県も鹿の食害は深刻なんですわ・・・
 鹿をどんどん獲って食べる文化ってもの必要なのかも・・・ん、でも、今度は、鹿の保護団体にからまれたりして・・・
Posted by kenken(管理人) at 2011年04月22日 19:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。